Category Archive: 世の中の事

地域資源を活用したイベントを通じた移住・定住促進の仕組み素案

カテゴリ:世の中の事


なんだか論文かレポートのタイトルみたいですが。

先日、兵庫県の高校生と島の高校生とのディスカッションに参加しました。
お題は「島前地域を元気にするイベントを考えてください」。

・島前地域の課題とは何か。
・地域の「元気」とはどういう状態を指すか
・以上を踏まえてどのようなイベントが効果的か

イベントの是非は一旦脇に置きつつ、プロセスや価値観を重視した議論となりました。

地域の課題はやっぱり人口減少

生徒+大人30名を5班に分けてのグループディスカッション。
どの班からも課題として挙がったのが、「少子高齢化」。
「後継者不足」「仕事がない」なんて課題も出ましたね。

「少子高齢化」。21世紀における日本の最たる課題です。
単純に考えれば、Uターン率の向上、あるいは定住促進につなげる必要が出てきます。

しかし、単に「収益が上がる」「観光客が増える」が定住促進にはつながりません。
「面白いイベントがある」からUターンする、というのも相当にロジックを積まない限り、そう簡単に説明できるものではないでしょう。

このあたりがやはり既存の「イベント」そのものの難しさだなあと感じました。

それでも定住促進につなげるイベントを

僕がいた班ではこういうアイデアが出ました。

スポーツイベントは人が集まる。でもただマラソン大会なんかしても魅力がない。
競技中に山菜や海産物を採集し、ゴールしたあとに調理するイベントはどうか。

これ、元ネタは北海道のカレーライスマラソンです。
詳しくはリンク先を見ていただきたいのですが、結構面白そうですよね。

実現可能性はともかく、「人を集める」に関しては、悪くないなあという感じがします。
では、「移住・定住促進」についてはどうか。
ここはやはり高校生にとっては実感のわかない課題のようで、意見もなかなか出ませんでした。

ここからはジャストアイデアです。

「スポーツイベント」に「スカウト」制度を取り込んだらどうか、と。

スポーツイベントで上位に入るような体力の持ち主であれば
島の第一次産業の担い手としてはもってこい。

さらに山菜、海産物の採集がミッションになるのならば、
島で暮らす者として、あるいは漁師としての適正を見極められるかもしれません。

イベント後の交流会などでめぼしい参加者に島の人が声をかけ、スカウトする。
島外の人が島(の人)を気に入るように、というのはどうも一方通行な感じがします。
島内の人が島外の人を気に入る、住んでほしいと思える機会も必要なのかなと。

さらには、引きこもり支援の一環で、島外から引きこもりの人を集めて毎日トレーニングし、
数ヶ月のトレーニング後に本番のマラソン大会を走ってもらう、みたいなやり方もありかなと。
「心」のケアは田舎では難しいものですが、「体力づくり」「マラソン完走」を目標にすれば、
関わり方もシンプルになるし、目標が達成できることで自信を持つことができるはずです。
もしかしたら島を気に入って、そのまま残ってくれるようになるかもしれません。
ここでも「スカウト」が機能する可能性はあります。

声を掛けることで記憶に残る

「スカウト」をアイデアとして提示したのには理由があります。
ほかならぬ僕自身が、学生時代に海士に来たときに「スカウト」を受けたからです。
本気ではないと分かりつつも、「こげな仕事あっけん、来てごせな」といわれると、
やっぱり頭の片隅に残るんですね。「こういう可能性もあるかもなぁ」と。

そのときは単なる「可能性」かもしれませんが、転機が訪れたときに、
「スカウトされた」という記憶が蘇り、有力な「選択肢」となるかもしれないのです。
(事実、僕がそうでしたから)

「ありがとう」、「また来てね」。
イベントで地域の人から送られる言葉は、どうしても全体に向けたものになりがち。
参加者一人一人との関係性をつくることが、リピーターづくりにつながり、
もしかしたら移住・定住促進につながるのではないか。

そんなことを思いながら、この記事を書いてみたのでした。


関連する記事

城繁幸氏の本当の敵と日本型コミュニティ

カテゴリ:世の中の事


先日、山口県の山間で悲惨な事件が起こりました。
それについて、人事コンサルタントの城繁幸氏が記事をアップしています。

無縁社会のリスクが孤独死だとすれば、“有縁社会”のリスクはこうした人間関係のトラブルと言えるだろう。

周南市連続殺人事件の背景について出身者はこう見る: J-CAST会社ウォッチ

城氏と言えば「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」で有名です。
人事コンサルタントがなぜ周南市殺人事件を取り上げているのか?と思う方もいるかもしれません。
実は、城氏は以前にも「有縁社会」のリスクについて述べています。

昨年に引き続き、NHK特集の『無縁社会』が話題となっている。
“無縁”の先にあるものが何なのか知っておくべきだと思うので、個人的には見て
おいて損は無い番組だと思うのだが、メディアの一部に「皆で有縁を取り戻そう」
的な回帰色が出ているのが気になる。
基本的に無縁とは我々が選んだものであり、時計の針を戻すことは不可能だ。

有縁社会も楽じゃない 書評『津山三十人殺し 最後の真相』 – Joe’s Labo

僕が「津山三十人殺し 最後の真相」を手に取ったのはこの記事がきっかけでした。
「コミュニティ」に注がれる眼差しが羨望で埋め尽くされていることへの違和感を覚えていたので。

本当の疎外というのは、もともと縁なんて無い無縁社会ではなく、縁で形成された
有縁社会にこそ存在するのだ。

確かに縁は無いかもしれないが、その気になったら好き勝手に縁を作れる現代社会の
方が、出口の無いムラ社会よりかはなんぼかマシであるというのが、同じ中国山地の
山間で育った僕の感想だ。

有縁社会も楽じゃない 書評『津山三十人殺し 最後の真相』 – Joe’s Labo

ここからは個人的に思うところ。

城氏の「敵」は、機能不全に陥りつつある日本の雇用慣行である、というのが一般的な見方。

しかし、実際のところ、城氏はもっと根深いところにまでその視線を注いでいるのではないか、と感じます。
日本の雇用慣行の源泉でもある、日本独自のコミュニティのあり方。
それは田舎を生きやすくも生き辛い場所にしているもの、あるいは「空気」と呼ばれるもの。

ときに息苦しさを伴う日本の濃密な人間関係をこそ破壊したい。
城氏にはそのような野望があるように思えてなりません。


関連する記事

勉強できない・しない子は”性格”に問題がある、という話

カテゴリ:世の中の事


 私は、すべての子どもたちに、「100点満点」をとるチカラがあると信じています。
 これまで、「ひらがなの『あ』からやりなおす」「1問100点にする」など、ハードルを下げたものを紹介しましたが、実際にこれらを指導していても、なかなか「100点がとりにくい子」がいることも事実です。
 それは学力だけの問題でなく、「学習環境」や「メンタル面」が大きく関わっているからです。
 「100点満点」とれない子には、5つの共通した傾向があります。

【第3回】 「100点満点とれない子」 の5つの共通点|100点満点とれる子の育て方|ダイヤモンド・オンライン

筆者が掲げる「100点満点」とれない子の5つの共通点は

1.言葉が否定的
2.すぐに群れたがる
3.約束を守らない
4.体力がない
5.嘘が多い

筆者は小学生向けの塾を運営しているようなので、恐らく小学生対象の話でしょう。しかし、残念ながらこの共通点は高校生にも当てはまります。

「4.体力がない」は身体的な問題ですが、その他はすべて「性格」の話。つまり、ある種の”性格の悪さ”を持っていると、勉強が出来なくなると言えます。

僕は「学校の勉強は社会に出てから求められる力を伸ばすのに役立つ」と考えています。それは「性格」の問題が絡んでくるという一面も含んでいます。

以下では、5つの共通点について、もう少し細かく見ていきます。

1.言葉が否定的

ネガティブな言葉を使いがちな生徒は、第一に周りが見えていません。「無理だ」「わからない」「だるい」という言葉は、聞いている周囲も気持ちよくないものです。周囲への悪影響に対して無自覚でいるということは、自分を客観視できていないということ

そのため、振り返りをしても反省しか出てこない。良かった点、がんばった点に光を当てられない。勉強はできるようになることで楽しくなるものですが、その実感をつかむことが難しいのです。ますます勉強が嫌いになるスパイラルを自分で作っているといえます。

では、前向きな姿勢をつくるためにはどうすればよいでしょうか。まず、今できること、少しでも改善できたことにフォーカスさせることが重要です。また、課題に目を向ける際には、能力や才能ではなく、勉強の量・質など改善可能なものに帰属する部分について反省させるべきです。

2.すぐに群れたがる

隠岐國学習センターでは、生徒に「受験はチーム戦だ」と常々話しています。受験生一人一人が場の雰囲気を良くし、学習環境を整えてほしいと考えるからです。

とはいえ、その前提として一人一人のスタンダードを上げてもらう必要があります。個として自律しているからこそ、チームとして個以上の力を出せる、というわけです。

群れたがる生徒は、個として自律できていません。目標は一人一人異なるはずなのに、自分のペースを他人に合わせてしまいます。最悪なケースでは、目標がより高い生徒を自分のペースに巻き込むこともあります。これは「受験はチーム戦」を掲げる学習センターとしては困り者です。

※すぐに群れたがる性格も、短期的に見れば悪いことばかりではありません。勉強習慣が身についていない生徒が周りに合わせて勉強してくれるケースもあります。しかし、チームとして戦える個に育てるためには、友人への依存を断ち切るべきでしょう。

3.約束を守らない

約束を守らない・守れない生徒を見ると、「社会でやっていけるのか」と心配になります。約束を守らないのは、ざっくり言えば自分の人生に自分で責任を持つつもりがない、ということ。

極論を言えば、約束を果たすためにあの手この手を尽くすという姿勢が見られると、ぎりぎりのところでも折れずに強く立ち向かえるという印象があります。とはいえそこまでできる生徒は少数派ですが、約束が果たせそうにないときには早め早めに「無理です」と伝えて代替案を検討できる、くらいにはなってほしいもの。

まずは確実に守れそうな小さな約束を積み重ねることが大事です。また、大人の側も約束を守らせるよう最後まで追求していくことが求められます。子どもは大人をよく見ていますから、大人が本気なら子供にもそれが伝わります。

4.体力がない→体調が不安定

普段高校生に接していて「この子は体力がないな」と感じることはあまりありません。しかし、何らかの原因で生活のリズムを保てず、体調が不安定な生徒がちらほら見られます。

その多くは「寝不足」が原因です。夜遅くまでスマホをいじったり、睡眠が浅かったり。メンタル的に不安定になりがちな世代ですから、それが要因になる場合もあるようです。

”性格”の問題と一括りにはできませんが、ずるずると悪い状況をひきずるのも困り者。自分の生活を客観的に振り返り、少しずつでも改善できるように促したいところです。

そうは言ってもいつも眠そうにしている生徒が翌日から居眠りしなくなるなんてことはなかなかありません。隠岐國学習センターでも、あまりにも眠そうな生徒がいたら潔く休ませ、その代わり起きている時間は集中するように指導しています。だらだらやるのが最も効率が悪いということをしっかり示すべきです。

すっきりした状態での集中力の違いを自覚すれば、生徒も自ずと体調管理の重要性に気づくはずです。

5.嘘が多い

引用記事でも最も字数が割かれていたのがこちら。

 また、嘘の多い子の家庭環境は問題が多いのです。
 私の塾では、「保護者セミナー」などを通じて、親御さんとのコミュニケーションを密にとっていくため、これまでとりわけ大きな問題はありませんが、それでも行き違いが生じることがあります。

 普段は、わが子の愚痴や悩みをこぼすお母さんが、子どもがささいなことで塾や友達のことで苦痛を訴え始めると、見事に豹変します。
 そして100%、「うちの子は被害者である」という立場をとります。
 しかし、事実を調べていくと、子どもが嘘をついていたり、勘違いだったりすることも多いのです。

【第3回】 「100点満点とれない子」 の5つの共通点|100点満点とれる子の育て方|ダイヤモンド・オンライン

個人的に、嘘が多い生徒は言い訳が多いな、と感じることがよくあります。自分を守りたい、という一心からでしょう。自己保身に走る気持ちは痛いほど分かります。が、やはり、素直に「ごめんなさい」と謝れる生徒の方がよく伸びます。

言い訳ばかりする生徒は、言い訳が非常に回りくどい。「○○を忘れました」「ごめんなさい」といった最も大事な部分を最後に回し、話しかけてきたと思ったらいきなり言い訳から始める生徒もいます。ちょっと困惑します。

「謝る」という行為は相手に対するものです。約束を破ることでほかならぬ自分に迷惑がかかること。授業の進行の妨げになり、周囲にも迷惑を掛けるかもしれないこと。その自覚があれば、相手目線で謝ることができるはずです。

したがってここでも大人が毅然とした態度を取る必要があります。言い分を受け止めることも必要ですが、まずは事実を重視するべきでしょう。また、個人的には叱る場合にも大人の都合視点ではなく、生徒自身が困るのだということを一貫して伝えるべきと思います。

自分に嘘をつき、自分の人生を捻じ曲げてしまわないことを切に願います…。

勉強と仕事の不思議な関係

気づかれた方もいらっしゃると思いますが、「勉強が出来ない人」と「仕事が出来ない人」の特徴は似ています。僕が学校の勉強を重要視する理由はここにあります。

「勉強が出来なくて性格が悪い子は終わりということか!」そんな風に読まれた方がいらっしゃったらごめんなさい。勉強が出来る・出来ないは先天的な才能だけに拠るものではない、というのが本記事の主旨です。

勉強に向かう態度、あるいは習慣を変えていくことが、成績向上につながり、ひいては社会で活躍するための基礎的な力を身につけられる。

そう考えると、「人を育てる」ことの可能性も全く捨てたものではないと思うのです。


関連する記事