Category Archive: 世の中の事

松嶋駿という高校生の学生生活を象徴する一枚の写真について(前編)

カテゴリ:世の中の事


先日の記事でインタビュー企画をこれから進めていくということを告知した。

検討中のインタビュー企画について

その第0弾として(つまりは試験的に)、先日、能代出身で現在は通信制高校に通う松嶋駿君にインタビューを敢行させてもらった。といってもこちらもまだ明確な方針があるわけでもなく、手探りの状態で、でも、一応ICレコーダーは回して。

後日、文字起こしをし、それを松嶋君に読んでもらった。「公開してもよいか?」と聞くと「お任せします」という実に潔い回答をもらったので、試しにこのブログ上にアップすることにしてみた。

先にお詫びをすると、ICレコーダーの充電池が劣化していたためか、フル充電で臨んだにも関わらず録音の途中で電源が落ちてしまった。なので、計1時間近くにわたるインタビューの中で、文字起こしできたのは冒頭から40分間程度の内容になっている。

とはいえ、それでも文字数としては9,000字ほどに達した。インタビューを文字起こしした上で最低限読めるようにまとめるのも恥ずかしながら初めてのこと。薄々感づいていたとはいえ、なかなかの作業量だった。到底編集などできなさそうだな、と思い、ほぼインタビュー時のやり取りをそのまま掲載してみることにする(長いので3回に分けて)。

======================================

松嶋駿という高校生の学生生活を象徴する一枚の写真について(前編)

中編はこちら/後編はこちら

○インタビュイーのプロフィール
松嶋駿(まつしま・しゅん)。16歳。某県立高校(通信制)1年次在籍の傍ら、同世代による同世代が楽しめる教育をデザインする団体「Lift-Up」を主宰、秋田県内の大学やフリースペースなどでワークショップを開催している。そのほかにもいくつかの団体にコミットし、ワークショップのメンタリング等を行っている。中学校では「戦略的不登校」と銘打ってホームスクーリングを独自に取り入れ卒業。その時の思いから人生を通し教育に関わりたいと志している。

(以下、松嶋→松、秋元→秋)

秋:では、松嶋君の学校生活を象徴する写真があれば見せていただけないでしょうか。

松:写真ですが、2枚の内どれにしようかなと迷ったのですが、これにしました。

15328197_1988065884753656_989109520_n

秋:この写真。飛行機からの写真ですか?

松:はい。高校生活を半年ちょい過ごしてみて、まずスピードが早いなと。これは飛行機の窓からの写真ですが、スピードがめちゃめちゃ速い。つまり、僕の生活の変化がすごいということを表しています。写真左上の街中を「普通」と例えると、そこからすごい速さで離れて行っているのかなと。そういう意味で、高校生活のイメージとしてこの写真を選びました。

秋:すごいスピードで進んでいる。日常が。

松:ちょうど今、年末に当たってこの1年を振り返っていて、なぜそれほどの速さでここまで進めることができたのかを考えています。私の家は母子家庭だし、能代といってもその端っこの普通の田舎の人だったわけで。唯一取柄があるとしたらパソコンが自宅にあり、幼少のころからインターネットに触ってきたというくらい。そういう環境の中で、今の自分はどうして大人の人たちとたくさん関わっていて、大学生とも関わることができているのかを立ち止まって考える時間を取っている。自分でも変化に追いつけないくらいに進んできたかなと。

秋:自分でも追いつけないくらいに変化している。何が、変化していますか?

松:去年と比べると、明らかに学校外の人と関わる時間が思いっきり増えました。あとは能代の外に出る時間ですね。毎週秋田市に来ている。あとは、そうですねえ、試験勉強以外で頭を使うことがとても増えました。

秋:今までの時間の使い方が大きく変わった。

松:中学の時は学校前提でした。行ったり行かなかったりではあったんだけども、一応学校という場があって。ふらっと行けるというか、ちょっと調子悪いなあというときでもきっかけづくりになるというか、そういう場だった学校がばさっとなくなって。今は通信制高校なので通学も月2回となると、行きたいときに行くこともできないし、学校がこの日だけとなるのが中学の時との大きな違いで。

秋:ばさっとなくなったときはどんな気持ちだった?

松:一度、 5月くらいに大きく落ち込みましたね。3月に大きな旅行に出かけて、東京でワークショップに参加したり、カタリバの全国大会(マイプロアワード2015)に行ったりして、すげーな、と。刺激が強すぎて、自分がなにせばいいかわかんなかった。学校に行く時間がなくなってスケジュールの中身が空っぽになって、自分で何しようと思ったときに、割と混乱したというか、そういうときが一時期ありました。

秋:今まではそんな混乱がなかった?

松:はい、中学校の時は、学校は行かなかったけど学校のカリキュラムに並行するのが前提で、別に自分のプロジェクトを起こすこともなかったので。

秋:学校と並行した時期が中学のときにあって、それでリズムを作っていた学校というものがばっさりなくなって、何をすればよいかわからなくなった。

松:そういう時期がありましたね。したいことはあるけれども、どれを軸に選んでいくのかなあということを、一時期悩みましたね。

秋:今は軸がある?

松:あります。

秋:その軸って何ですか?

松:まず、自分が運営する「Lift-Up」という団体があって、それを来年の3月か4月ちょいくらいまではやると思います。その後は留学の準備とかで試験勉強に戻る時期に入り、来年は1年間ずっと留学をする予定です。その後留学から帰ってきたら、ちょっと時間をおいて受験勉強という感じで捉えています。その中で考えているのは、結局自分はやっぱり教育がやりたいなあと思っていて。高1の1年間は、「将来大人になってからやりたいことをやろう。試験勉強をして、大学入ってそこから考えよう」ではなくて、「今やれる範囲でやりたいことをやっちゃおう」と考えるようになりました。そうした経験を積む、大学入試に例えるならAO入試の実績を積むというか。逆に試験が近くなれば試験に集中するので、AOの実績を積むのが今年1年間なのかなと。

秋:今、軸ができていて、ある程度高校3年間の目途が見えているのかなというふうに聞いています。その中で、改めて、軸がなかった時の気持ちを聞いてみたいです。

松:情報だけが入ってくる状態でした。5月くらいは3週間くらいFacebookに一切顔を出さなかった。周り(Facebookの友人)が東京の高校1年生でちょうど中高一貫の中間にあたるから一番活発な時期で、マイプロ出たり、株式会社つくったり。「えっ! 自分と同い年で……!」みたいな感じで。自分が中学生だった当時は、インターネット上で彼らと関わることがあっても、割に遠くに感じていた。それが実際に会ったことで存在が近くなって、割と焦りを感じたというか。なんだかんだで自分は幼少期のころから長いこと特異な人間だって言われていたと実感としてあったのが、「ああ、自分はまだまだなんだな」みたいな、そういう焦りがありましたね。それもあって、通信制高校に入学してから時間が空っぽになったところで、自分はどうすればいいんだろうとますます焦る一方で。受験勉強を前提にした戦略的な時間の使い方というのは2年間の実績があったけど、それを一回崩してゼロにして、改めて時間の使い方の見直しだったり、例えばプロジェクトをやるといったことも含めた考え方の切り替えだったりに時間がかかりました。

秋:当時は焦りを感じていた。何に対して?

松:結局……(沈黙)。

秋:今までは受験勉強でいっぱいのスケジュールが空っぽになった。それを埋めるだけの意義ある時間の使い方をできない自分と、それができている東京の人たちがいた。もし、ずっと空っぽの状態のままだったら、自分はどうなると思う?

松:受験勉強を続けたいなという思いが当時はあったので、そのままだと未来が危ないと感じていました。大学受験のときに困るなと。通信制高校の授業内容だと、大学に入れるだけの難易度が絶対にカバーできないので。通信制高校だからということで、地位というか、能代高校に入った人は「能代高校なの、ああすごいね」って言われるけど、自分は、実績というか、成果を出さなきゃといけないなあという想いがあって。

秋:ごめん、その部分、ちょっと追いつけなくて。もう1回話してくれる?

松:ええと、能代高校にいった子たちは、「自分は能代高校です」と言えば、まず普通に「勉強しているね」と周りから思われる。「通信制高校です」と言えば、自分で何か成果を出さないと、受験のときに、どういうことをしてきたのという話が面接官からされるだろうなあと思っていて。

秋:ちょっと確認なんだけど、そもそも推薦かAOで大学受験をもともと受けるつもりだったということ?

松:いや、元々一般で受験するつもりでした。今の話で入試というのは例えで、私が言っているのは社会的な見方の話です。私が、「通信制高校です」って自己紹介したときに、「普段どういう生活をするの」って聞かれる。「能代高校です」って言ったら、「お、勉強しているな」って思われるけど、通信制高校って言うと「お……」みたいな。そういう社会的イメージに対する恐れがあって。

(以下、中編に続く)


関連する記事

「起業したい」んじゃなくて「起業するだけの力が欲しい」と言い換えてみたら

カテゴリ:世の中の事


先日、超多忙なタイミングで五城目町に遊びに来た学生と飲みながら出てきた話。

秋田の大学生と話していると、「起業したい/興味がある」という声を聞くことがたまにある。なんとなく、それって「起業するだけの力が欲しい」というのが本当のところなのではないか、と感じることが少なくない。そしてそれは僕自身すごく共感するところでもある。「力が欲しい……」なんて書くと、ちょっとダークサイドに落ちてそうな台詞だけど。

「起業したくてこの会社に入った」という発言についても、そういうわけで「力が欲しいのね」と読み替えるようになった。本当の本当に今この瞬間に起業したいと思っているのなら、すでに着手しているはずだからだ。

こんな感じのことをその学生に話すと、「いや、まさにそうですね……」と。まずは力を身に付ける。そして、到達したその地点から、改めて世界を眺めてみる。これまでは「難しいかもしれない」「どうせ無理だ」と無意識に思いセーブしていたものがあったかもしれない。力は自信に変わり、自信は視野を広げる。そうして「やりたいこと」を感知するセンサーがより精緻に働きだす、ということもあるかもしれない。

これは、例えばキャリア教育のプロセスとは逆かもしれない。キャリア教育的文脈なら、まずは「やりたいこと」を見つける手順が先にくる。方向が見えてきたら、内発的動機づけが作動して、その人は前進できる、という算段だ。そのプロセスで得た経験を血肉としながら、「やりたいこと」を実現しよう。そうしたメッセージは、至るところに溢れている。さて、それが唯一のやり方だろうか。

さっき、「おこめつ部」の「種蒔~Workshop&Training~」という3日間のプログラムに参加した学生と飯を食べてきた。「自分のやりたいことを考えるみたいなプロセスが全くなく、ひたすらスキル習得にフォーカスを当てていたのが、逆に良かった」という意見があった。確かに、そうかもしれない。自分の内なる声を探る作業はそう簡単ではない。認定NPO法人カタリバの主催する「東北カイギ」では、社会人や大学生を大量投入して高校生の内省をサポートした。裏を返せば、それだけ内面を探るのは大変で負担のかかる作業だ、ということだ。

「やりたいこと」をひとまず脇に置き、ひたすらにスキルアップと実践の機会を提供する、というのは、実はありなのではないか。もちろん、そこには良質なインプットとワクワクするような実践の場が必要ではあるけれど、内省を支援するよりはマンパワーもかからないように思える。

あくまで仮説なのだけれど、こうした気づきをぼんやりと念頭に置きながら、手を動かした後に手元に残ったものから考えることの可能性について考えていってみたい。


関連する記事

お盆を前に横手に学生と社会人がたくさん集まった話

カテゴリ:世の中の事


横手・MIRAIでの集合写真

横手には、老若男女が集まり交わる場所がある。

2016年8月11日・山の日。「あらたな学びのスタイルを考えよう」というテーマの下、横手の「石蔵・MIRAI」に30名近い人が集まった。集合写真を見ていただければ、人口減少県・秋田では珍しく10代後半~20代が多いことがわかると思う。

今回は、横手をはじめとした秋田県出身の学生が仙台や東京から帰省するタイミングに合わせ、県内の社会人や高校生と交流できる機会として企画されたそうだ。さらに、学生が対話的なワークショップに触れる経験を得られるような構成になっており、かつ、ワークショップのアウトプットは主催側が参考意見として今後の展開に活用する、という手の込み様である。

決して一般ウケしないテーマでこれだけの人数が集まるのはなぜか。背景には、主催者の求心力はもちろんのこと、オーガナイザーとしての手抜きのない努力があるのだな、と感じた。

第一部:高校生と大学生の声を聴こう

前半は、高校生と大学生が主役。社会人は耳を傾ける側に立つ。グループに分かれ、学生は自己紹介をしながら、普段の生活のスタイルなどを話していく。社会人は彼らの日々考えていることやニーズを受け止め、把握する。

ディスカッションでもなく、アイデアを深めるのでもなく、まずはシェアをすることから。振り返ってみると、初対面どうしが多いというシチュエーションに適した進め方だったと思う。集まった面々のバックグラウンドのばらばら具合がまた面白い。

学生たちの話に耳を傾ける

自己紹介が一通り終わった後は、主催者側が用意した問いに学生、社会人がそれぞれ回答しながら問いを深める形式。個人的には、特に2つ目の「学生は最初の就職先に何を求めているか」という問いに対する、4人の学生の回答が四者四様で、いろいろ考えさせられた。バランスがほしい、メリハリがほしい、あるいは、次々いろんなことにトライし続けたい……。

自分の中の印象を整理してみると、「リスク」が学生たちの一つのキーワードなのかなと思った。入社してから「思ってたんと違う」となるリスク、(成長できるかもしれないが)厳しい環境に自分が耐えられないかもしれないリスク、入社後に自分のやりたいことが変わってしまうリスク……。様々なリスクを勘案した結果、バランスを求める部分があるのではないか。逆に言えば、現在の学生は世界をそれくらい先が見えないものと捉えている(捉えざるを得なくなっている)のかもしれない。

第二部:新しい学びのスタイルを考えよう

第二部は打って変わってアイデア創発を主体としたワークショップ形式。デザイン思考的エッセンスを加えたシナリオ・プランニングの手法を用いながら、一人ひとりのアイデアを集約して、広げて、深める。最後は2020年という未来の新聞の一面記事という形でグループのアウトプットをまとめた。

シナリオ・プランニング的手法

内容についてはここでは触れないが、意外にも学生がすんなりワークに入り、自由に自分の意見を表明していた点は素朴にすごいなと思った。割と大学等で経験する機会があるのだろうか。僕がこうしたワークに初めて取り組んだのは、恐らく就職活動のときだった。今の若い世代は、もっと早い。なかなかうかうかしていられないなと思う。

また、僕より年齢が上の方がワークで縦横無尽な言動をしているのも印象的だった。だいたいこうしたワークは年齢を重ねるごとに受け入れがたいものになるものと勝手に思っていた。しかし、少なくともこのMIRAIに集まる方々は違う。積極的にワークに取り組み、学生ともよく交流されていた。

結果的に、10代から60代まで、老若男女が自然な形で交わり協働するよい場になっていたなと思う。それが、この石蔵・MIRAIの本当のすごいところなのだろう。若い人の割合が多めなのも、発言のし易さにつながっていたかもしれない。

まとめと今後に向けて

今回ファシリテーターとして企画・構成と当日の進行を司っていた細谷さんが、「みんなの輪の中に入って一緒にディスカッションしたかったなあ」とぼやいていた。それくらい、相互にアイデアを生み出し合うような良い場だったということだ。今後、ぜひ、参加した学生たちの中で何人かがファシリテーションや場づくりに興味を持ってくれたら、さらに裾野が広がって面白くなりそうだ。そういう贅沢な希望を言いたくなるくらいに、自由闊達な若者たちと触れられてよかったと思う。


関連する記事