Category Archive: 世の中の事

若者が仕事にやりがいを求める背景についての考察

カテゴリ:世の中の事


ひとの居場所をつくる」を最近読み終わりました。
ランドスケープ・デザイナーの田瀬さんの世界観を通して、
自分が求めているものについて改めて考える機会となっています。

農業や農的な営みは自分には関係ないことと思っていましたが、そうではなかった。
水と馬を核とした農のある暮らしが、僕にとってすごく理想的に見えたことに驚いています。

思わぬ気づきがあった理由について考えを巡らせているうちに、あるキーワードに出会いました。
それが、もしかしたら日本人、特に若者が「やりがい」を求める風潮の説明になるかもしれません。

島の高校生たちを見て思うこと

僕は離島の公営塾で3年半ほど働いています。
この島にある公立高校は進学校というよりもいわゆる「進路多様校」に該当します。
離島ゆえに本土の高校へ通うには経済的負担がかかるため、
大学進学を希望する子も高卒で就職を考えている子も通学しているためです。
(とはいえ年々大学進学を希望する生徒が増えている印象です)
また、わざわざ東京、大阪をはじめ全国から生徒が集まる稀有な学校でもあります。

島の高校生の進路の決め方は、公立進学校出身の僕にとって新鮮に映ります。
進学校の生徒は勉強するのは当たり前、大学進学は既定路線となっていました。
したがって大学の決め方も「手前から」考えることが多いように感じます。
つまり、得意・不得意で文理選択をし、実力的にいけそうな大学のラインを見積もり、
その中で興味が持てそうな大学・学部・学科を見繕うという流れ。
政経、法、教育、文など文系学部はすべて受験するなんて人も少なくないです。

ところが、島の高校生にとって大学進学は必ずしも既定路線化していません。
大学に行くと決める前に、なぜ大学に行きたいのかを考えている生徒が多いようです。
将来こういう仕事がしたい、そのためにこういうことを学びたい、だから○○大学△△学部に行きたい。
つまり、「向こう側から」考えているわけですね。

もちろん高校生ですからそのロジックには稚拙な部分も見られるわけですが、
自分の「内なる動機」を意識しないことには大学を選べない、そんな雰囲気を感じます。
進路多様校だからこそ、周りに流されない目的意識が要求されるという背景もあります。
近年関心が高まっているキャリア教育が流れを後押ししているという面もまたあるでしょう。

「内なる動機を大切にせよ」
こうしたメッセージが世に広まるようになった契機を考えてみたいと思います。

内発的動機こそ大事だと思わされてきた世代

たとえば、勉強というものの捉え方について。
高校生にもなると膨大な知識の習得が求められますが、何らかの意義を見いだせないと単に辛いだけ。
しかも、「いい大学に入って大企業に入ることがゴールではない」という風潮が主流になりつつある。
にんじんに頼り過ぎてしまうと、消耗しきった未来の自分がイメージされてしまう。

こうして内発的動機が大事なのだと悟る若者が出てくるのも当たり前かもしれません。
内なるモチベーションを保てる仕事、つまりやりがいのある仕事に若者が注目するのは、
世の中がそう思わせたからだ、という面は確実にあると思います。

「意味のないことなんてしたくない」

僕の中で大きいのは、「意味のないことはしたくない」という気持ち。
「これをやって誰が喜ぶのか」「これをすればどこかに不具合が出るのではないか」
そんなことで悩みながら仕事をするのは出来る限り避けたい。

実際、これまで価値があるとされてきたことが意義を失っていく様を目の当たりにしてきたわけですから、
「物事の意義」に向いた引力が一層強化されるのも無理がありません。

つまり、これは内発的動機付けにも関わる話です。
自己の利益だけを追求したいのではない。
自分のやっていることに意義を見出したい。
こうした欲求が芽生えれば、自然と仕事を選ぶ目も厳しくなるでしょう。

若者の「誰にでもできそうな仕事」を避ける傾向について言及する人もいますが、
これも仕事に対して意義を求めるからこそではないでしょうか。

また、バブル崩壊によって、同じ会社で定年まで働けるかもわからない時代になり、
定年まで働いたとしても公私に充実した暮らしが送れるわけでもなくなりました。
なおさら就職先選びには慎重にならざるを得ません。

ひとの居場所をつくる」を読んで導かれたのは、「徒労感のない仕事」というキーワード。
意義がないことはしたくない。自分の内なる動機を実現する働き方がしたい。
こうした僕の意識もまた、時代の流れによって形成されたのではないかと感じています。

社会貢献が「正解」に見えてくる

・忙しく働いて家庭を顧みないのは望ましくない。
・自己の利益追求の結果、環境を破壊したり、他者の犠牲を伴ったりするのは良くない。
・仕事に没頭しすぎて生きがいを見いだせないサラリーマンはカッコ悪い。

「否定」の言説ばかりの中で、自分はどういう働き方をすればいいのか。
「否定」されない仕事、自分が納得できる仕事とはどういうものか。
バブルの崩壊は「正解」の崩壊でもあった、と個人的には思っています。

こう見ると、次なる「正解」を探そうとする意識が芽生えるのも無理はないかもしれません。
社会貢献志向を持つ若者が増えているのもここにつながっているように思えます。
もちろん、社会貢献志向そのものが悪と断定することはできません。
しかし、そのモチベーションが「正解」を求める姿勢にあるとすると、齟齬が生まれます。

「自分はこうしたい」というエゴが原点なのに、「地域の課題だから」「人々が求めていることだから」というすり替えが行われる。
どこか地に足の着かない印象を受けたら、まずここを疑うようにしていますが、結構当てはまっているように思います。

「すり替え」というのは、「問題を創作している」と言い換えると分かりやすいかもしれません。
自分の「何か貢献したい」「こういうことをしたい」という思いに任せて、あたかもその問題が存在するような口ぶりで話す。

社会貢献をしたいのか、自分の思い通りにしたいのか、はっきりさせた方がいい

「正解」を求めるのであれば、それはレールに乗るということと何が違うのでしょうか。
内なる動機を大切にしているようで、実は外見に強く注意を払っているに過ぎないということもありえるのではないでしょうか。
「内発的動機が重要である」という言説が、外発的動機付けに転じてしまったと見ていいかもしれません。

「心の声」に耳を傾けられる社会へ

これまでの話を整理しましょう。

・21世紀を生きる若者は、内発的動機こそ重要という風潮に包まれていた
・これまで当然視されてきた価値が失われる中で、一層意義の重要性が際立った
・バブル崩壊によって否定の言説が充満し、これまでの「正解」もまた失われた
・ところが、次なる「正解」を求めようとする外発的動機付けがかえって強化されてしまった

「やりがい」は内発的な動機付けが前提にあります。
「正解」を求める外発的動機付けによる「やりがい」志向、「社会貢献」志向はなんら本質ではなく、
だからこそ就職活動や地域活動で空回りする事態が発生するのかもしれません。

結局のところ、今の日本社会では「心の声」を受け止める土壌ができていないのだと思います。
内発的動機付けが重要視されながら、その具体的な作法が浸透していない、ということ。
(「心の声」について考察するだけで複数記事になりそうなので、一旦抽象的な表現に留めます)

ノイズをなるべく取り除き、自分の「心の声」に耳を傾ける。
自分の常識に囚われず、相手の「心の声」を拾い上げる。

結論は非常にありきたりな言葉に落ち着いてしまいました。
具体的にどうすればいいかは今後も引き続き考えていきたいと思います。

 

※就職活動については↓の書籍がなかなかおすすめです。


関連する記事

横手市でシナリオ・プランニングを体験した話

カテゴリ:世の中の事


SecretMediaBase-MIRAI

11/23から長めの休みを取って実家に帰省しておりました。

11/24には横手にある「秘密基地MIRAI ( Secret Media Base – MIRAI – )」にて、
第4回50 aktia project(以下、5oAP)に参加してまいりました。

50APについて

50APはNPO法人Yokotterの代表である細谷拓真さんが主催するプロジェクト。
不確実な未来を、秋田に住む誰もが共有できる「秋田の未来」としてとらえるために、
これからの秋田が目指すべき目標を議論し、定めていくことを目的としています。

今回の50APは「居住の未来」がテーマ。
この日のスケジュールは以下の通りです。

50ap_menu

本題に入る前にまずは腹ごしらえということで、
紅玉さんのお弁当を頂きました。

kogyoku_deli

秋田の人たちに伝えるべき海士町の話

参加者の自己紹介タイムの後、約45分お時間をいただいて、
僕からみなさんに海士町の話を紹介させていただきました。

僕が海士町を知り、訪れ、移住した経緯について触れつつ、
Iターンの視点から海士町の魅力を伝える。
少し時間オーバーしましたが、その後は質問も多数頂きました。
時間の都合で回答できなかったものもありましたが、
FBなどで可能な限りお答えできればと思っています。

僕が伝えたかったのは

・『やりゃええだわい』という言葉
・フェアであること
・「世間は狭い!」
・「ないものはない」のスタンス
などなど

少しでも海士の魅力を伝えられたなら幸いです。

IMG_1207

「シナリオ・プランニング」と未来新聞づくり

続いて「シナリオ・プランニング」に入ります。

ワークショップに参加することは少なくないと思いますが、
今回はじめての「シナリオ・プランニング」となります。
結論から言うと、実に刺激的で面白いワークでした。

まずは2050年に起こりうることを想像して書き出す「サイレント・ブレインストーミング」(一人ブレスト)。
通常、ワークショップはブレストや対話がメインであるケースが多いと思います。
今回は「Society」「Technology」「Economy」「Politics」の4グループに分かれて座りましたが、
まずは一人で黙々と付箋に書き出す作業から入ります。

この孤独な作業がまず面白い。
ついつい「起こりそうなこと」ばかりに目が行き、すぐにアイデアが枯渇してしまいます。
どれだけ冒険できるか。自分の発想の限界との挑戦はなかなかエキサイティングでした。

その後、それぞれ書き出したものをグループで確認しあい、
グルーピングしたり、新しいアイデアを加えた後、
アイデアを「インパクトの大きいもの」と「インパクトの小さいもの」に分け、
その中で不確実性の高いものを選んでいきます。

グループでのワークが終わり、今度は全員で面白いアイデアに投票していきます。
注意すべき点は、「不確実性の高いこと」に投票すること。
4つの分野について1人3票。投票が終わったら、人気の高かったアイデアを上位5つずつ貼りだします。

step_ideas

 

全員でシェアした後は「マトリックス・マッピング」に入ります。

matrix_mapping_intro

 

細谷さんからの解説が入ります。
たとえば「出生率」の軸と「収入格差」の軸をとるとしましょう。
そして「出生率」の軸の両端を「(出生率が)2倍になる」「半分になる」と、
「収入格差」の軸の両端を「(収入格差が)拡大する」「縮小する」ととります。
そうするとマトリックスに以下の4象限がとれます。

・出生率:2倍になる 収入格差:拡大する
・出生率:2倍になる 収入格差:縮小する
・出生率:半分になる 収入格差:拡大する
・出生率:半分になる 収入格差:縮小する

この4象限についてそれぞれ「未来新聞」を書いていきます。
出生率が2倍で収入格差が拡大する世の中で起こりうることとはなにか。
2050年に起こりうることを想像し、2050年の新聞を全員で書いていきます。

「マトリックス・マッピング」はこの軸選びの作業。
未来新聞づくりに向けて、非常に重要なワークになります。

まずはおなじみ?「サイレント・ブレインストーミング」。
軸になる項目とその両端を黙々と書き上げていきます。
「居住の未来」のテーマに沿った軸を考えるのが意外と難しい…!

それから全員の付箋をホワイトボードに貼りだして、投票。

matrix_axes

 

こんな感じのアイデアが出ました。

大量の軸候補から複数票が入ったものをさらに絞り込み、決選投票。
選ばれたのは、以下の2軸です。

・医療費が 5倍になる/無料になる
・住居の主流が 集合住宅になる/一軒家になる

mirai_paper_before

こうして浮かび上がる4象限をいよいよ「未来新聞」として具体化していきます。

最後のワークも実に面白い。
4グループに分かれ記事を書きはじめますが、5分で隣の新聞作成に移ります。
当然5分で書き上げられるわけないですが、途中でも移動しなければなりません。
次のグループは中途半端なままの記事を見て、その意図を想像しながら続きを書きます。
5分×4回で4つの新聞に全員が関わった後、ワークは終了。
出来上がった新聞をもう一度見渡、推測を織り交ぜて発表に入ります。

mirai_paper_1 IMG_1222

IMG_1221 IMG_1219

あっという間の2時間だったのでした。

「シナリオ・プランニング」を振り返ってみて

・「サイレント・ストーミング」

ワークショップはコラボレーションが基本だと思っていましたが、
沈黙した場で各自がワークに没頭する時間にはまた違った面白さがあります。

自分の頭が強制的に活性化される感じ、心地よい疲労感は癖になりそうです…。

・「限られた時間」

内容が充実しておりゴールもあるプログラム。
果たして2時間で終わるのかな?と最初は若干不安が…。

ふたを開けてみると、たしかに各ワークの時間は短めでしたが、
かえって集中力が増し、密度が濃ゆくなったと感じました。

・「求められる想像力」

未来を考えるというのは、実はふだんはやらないこと。
もちろん、これには想像力が必要になります。

意外だったのは、参加者間でも想像力が求められること。
十分にコミュニケーションを取り、合意形成をした上でワークに入るわけではないので、
それぞれがそれぞれの意図を推察し、想像することがワークの鍵となります。

会話するとついつい理解しあえたような気になってしまいます。
アイデアだけが目の前にある状態だと、その意図を想像せざるを得ません。
これは面白かったなー。

・目線合わせの難しさ

手順があり、ゴールのある作業をする上で参加者の目線を合わせるのは、
ワールドカフェのような手法に比べ難しいなと感じました。
僕自身、ワークの途中で目的を見失っていることを自覚することが多かったです。

悔いが残る部分もありますが、次へのモチベーションにつながるという意味ではよかったのかもしれません。

 

何より、プログラム終了後の、長距離を走り終わった後のような参加者の顔が印象的なワークでした。
ワーク後も参加者同士で盛り上がり、日曜日の夜にもかかわらず、僕が会場を後にしたのは23時過ぎ。

シナリオ・プランニング、個人的にも勉強したいなと。
いろいろと学びの多い1日でした。

わざわざ横手まで来た甲斐があったというものです!
参加者の皆さん、ありがとうございましたー!

 


関連する記事

若者をレールから外させようとする無責任な大人たち

カテゴリ:世の中の事


茂木健一郎に騙されて通信制高校からAO入試受けた結果wwww

東大生をバカ呼ばわりして煽った茂木健一郎氏の被害者がここにも。

僕は丁度、テレビを見ていた。すると、僕と同じ高校生なのに、学校とは別に団体を作ってボランティア活動に従事したり、あるいはビジネスで大人の人と渡り合い、あるいは海外で外国の経営者や政治家と直接話し合っている高校生が特集されていた。いわゆる「意識の高い学生」である。
今ではどうやらこの言葉は大学生を主として使われているらしいが、僕の場合この意識の高い高校生を見て衝撃を受けたのである。そして、「これこそ今僕がやるべきことだ」と「気づいて」しまったのであった。

やっぱり高校生は今のうちにしっかり勉強しとけ(前半)

本当の意味で「突き抜けている」学生は、たいていの場合自分が突き抜けていることにさえ気がついていない天才肌なのだ。確かに、「これこれこうで、こうしたいから自分はこうする」と、自らの情熱を制御して結果的に周りから見て突き抜けている学生も、いるにはいる。片手で数えられるほどには。
それ以外は、「気がついたら自分は周りから持ち上げられていて、テレビや雑誌からも取材を受けて、なんか大学にも推薦で合格していた」ってタイプだ。
これは起業とかにもいえるだろうが、どちらにしろ、本気で高校生時代に才能を開花させ、抜きん出ることのできる学生はほんの一握りだということを肝に銘じておいたほうがいい。あくまで僕の予測だが、そんな人は興味を示し集まってきた中で一万、いや十万人に一人いるかいないかだろう。

やっぱり高校生は今のうちにしっかり勉強しとけ(後半)

身近に近い事例があったので、他人事として流すことのできない切実さがありました。

大学生や若者を社会貢献や起業に駆り立てる言説は数多くあります。
若者たちも自分の評価が”括弧付き”のものであることになかなか気づけません。

高校生や大学生が故郷への思いを語ったり、将来の夢を表現したりすると、たいていは「いい」反応がかえってきます。

「すごいね」「よく考えているね」

これに気をよくしてはいけません。

「(高校生の割に)すごいね」「(大学生にしては)よく考えているね」

こう枕詞がついていることに自覚的でないと、社会に出てから(或いは一定の時期を過ぎると)痛い目を見ることになります。

「で、考えているだけで何もしていないんでしょ?」「そんなの、社会で通用しないよ」

今までずっと誉めそやされてきたのに、突然カウンターパンチを喰らうかもしれません。
これは特に「プレゼンがうまい」人によく見られる傾向であるように思います。

若いというだけで評価されていることに気づかないといけない | 秋田で幸せな暮らしを考える

高校に入学し、大学に入学し、新卒で就職して3年間働く、いわゆる「ストレーター」が4割程度と言われる時代
終身雇用制が半ば崩壊し、レールに乗りつづけることが難しくなっているのは事実です。

そうした時代背景から、若者に対して「レールから外れろ」「学歴なんて無駄だ」と主張する人が増えています。
茂木健一郎氏はその典型例ですね。果ては「海外に行け」、「起業しろ」なんて言い出すわけです。

「レールから外れろ」と言うこと自体には反対しません。
わずか1年半で会社を辞めて離島に移住した僕も「レールから外れた」側です。

僕が言いたいのは、「レールから外れろ」という言葉に責任を持て、ということです。
「レールに乗る」ことは、レール自体の信頼性が落ちた現在もなお、リスクの低い選択肢です。
同じ道を通る人が多いからこそ、可能な選択肢の幅を広くとることができるのも大きなメリットです。
逆に言えば、「レールから外れる」とはリスクをすべて自分で引き受け、自ら道を拓け、ということ。
若者にリスクの高い選択をさせることに対して、大人たちはどこまで責任を持てるのか?
無責任な大人たちばかりの世の中に辟易している僕が言いたいのは、その一点です。

リスクを引き受けない「無謀」な若者を、これ以上増やさないために。


関連する記事