Top Page » 世の中の事 » This Page

都道府県別・「デキちゃった結婚」の割合と県民所得

カテゴリ:世の中の事


2週間前くらいの記事だけれど(2011年4月11日現在の話)。

【4人に1人はできちゃった婚】全国「デキ婚ランキング」発表! | Menjoy! メンジョイ

“結婚期間が妊娠期間より短い出生=できちゃった婚の割合の全国平均は25.3%”だそうな。

<都道府県別 デキ婚ランキング

1位 沖 縄 38.2%
2位 佐 賀 33.3%
3位 青 森 32.4%
4位 熊 本 32.0%
5位 福 島 31.2%
6位 長 崎 30.5%
7位 秋 田 30.1%
8位 宮 崎 29.6%
9位 山 形 29.2%
9位 岩 手 29.2%
11位 茨 城 29.0%
12位 高 知 28.2%
12位 福 岡 28.2%
12位 鹿児島 28.2%
15位 大 分 28.1%
16位 宮 城 27.8%
17位 鳥 取 27.4%
18位 島 根 27.2%
18位 山 梨 27.2%
20位 福 井 26.9%
21位 群 馬 26.6%
22位 新 潟 26.5%
23位 愛 媛 26.3%
24位 北海道 26.0%
24位 和歌山 26.0%
26位 石 川 25.8%
27位 栃 木 25.6%
28位 岡 山 25.4%
28位 徳 島 25.4%
28位 三 重 25.4%
31位 長 野 25.1%
32位 静 岡 25.0%
33位 山 口 24.6%
34位 大 阪 24.3%
35位 東 京 24.2%
36位 岐 阜 24.1%
37位 埼 玉 24.0%
38位 千 葉 23.9%
39位 広 島 23.5%
40位 富 山 23.4%
41位 京 都 23.1%
42位 奈 良 23.0%
42位 香 川 23.0%
44位 兵 庫 22.9%
45位 神奈川 22.7%
46位 愛 知 22.2%
47位 滋 賀 21.6%

【4人に1人はできちゃった婚】全国「デキ婚ランキング」発表! | Menjoy! メンジョイ

滋賀の「デキ婚率」が最も低い、というのでぴんときた。
滋賀県は、たしか一人当たりの県民所得が意外と(失礼)高かったはず。 というわけで調べてみた。

取り急ぎ2007年のデータから。

都道府県名  デキ婚率順位  県民所得順位
沖縄  1  47
佐賀  2  33
青森  3  38
熊本  4  41
福島  5  18
長崎  6  44
秋田  7  36
宮崎  8  45
山形  9  34
岩手  9  40
茨城  11  12
高知  12  46
福岡  12  26
鹿児島 12  43
大分  15  31
宮城  16  32
鳥取  17  42
島根  18  37
山梨  18  25
福井  20  20
群馬  21  17
新潟  22  27
愛媛  23  35
北海道 24  39
和歌山 24  30
石川  26  16
栃木  27  8
岡山  28  21
徳島  28 23
三重  28  5
長野  31  22
静岡  32  3
山口  33  14
大阪  34  7
東京  35  1
岐阜  36  24
埼玉  37  15
千葉  38  11
広島  39  10
富山  40  9
京都  41  13
奈良  42  28
香川  42  29
兵庫  44 19
神奈川 45  4
愛知  46  2
滋賀  47  6

図録▽1人あたり県民所得ランキングと地域間所得格差の推移

デキ婚率と県民所得

見づらいのと、2010年度と2007年度のデータを比べているのがいけてないが。
ざっくり言えそうなことは、県民所得が低いほどデキ婚率が高い、ということ。
逆に言うと、「できちゃった」というイベントに頼らない計画的な結婚が少ない、ということになる。
計画的な人たちほど、結婚のハードルをきちんと見積もることができる。
しかし、そのハードルが高すぎて、断念している人たちが増えている。 そんな風に僕には見える。

参考:秋田の婚姻率が低いのはなぜか―結婚しない/できないの根本

デキ婚は増えているのか

というわけで一応比べてみた。

平成 婚姻件数 デキ婚数
7  557 125 
8  563 125
9  559 126
10 571 136
11 565 141
12 569 150
13 559 154
14 555 155
15 531 143
16 522 139
17 497 132
18 507 137
19 503 133
20 500 131
21 494 125

平成22年度「出生に関する統計」の概況 – 厚生労働省 (単位は千人)

デキ婚数は、ある程度総婚姻件数と同じように動いているようにも見える。
つまり、割合としてはそこまで大きく変わっていない。
ところが、平成7年と平成21年を比較すると、デキ婚による嫡出第一子出産数は同程度なのに、 嫡出第一子出生数全体としては減少している、という状況になっている。
デキ婚が増えている、というより、デキ婚じゃない結婚が減っている、という言い方が正しい。

その原因についても「秋田の婚姻率が低いのはなぜか―結婚しない/できないの根本」で触れている。


関連する記事