Top Page » 自分事 » This Page

テスト勉強の計画の立て方と5つの要点

カテゴリ:自分事


はじめに・・・テスト勉強の計画を立てる意義

テスト勉強計画立案の指導をはじめてもうすぐ2年になります。
指導したのは述べ4学年70名ほどに留まりますが、だいたいの傾向と対策が見えてきました。

まず、テスト勉強計画そのものが必要かどうかは人それぞれであることを先に述べておきます。
実行力があれば時間をとって計画を立てなくても勉強できてしまう人もきっといるでしょう。
(といってもそんな生徒は100人に1人でしょうが)
要は「実行」と「結果」が肝要なのです。計画はそれを支援するツールでしかありません。

僕がそれでも通塾する全生徒にテスト勉強計画を立てさせているのには別の理由があります。
それは計画立案のプロセスが社会に出てから求められる力と関わりがあるからです。

計画は実行を支援するもの、と書きました。
逆に言えば、「実行を前提としない計画に意味はない」ということです。
したがって計画は必然的に具体的なものにならざるをえません。
ToDoを具体的に設定することなしには計画的な実行はありえないのです。
「やるかやらないか」の差はここでも生まれます。当然これは当然社会に出てから必要とされる作法です。

しかし、「具体的に考える」力は個人差が大きいものです。
計画を立てる力と学力との間には正の相関があると思えるほどです。
「学力」と「社会に出てからの業務遂行能力」がこの点でつながっているのではないでしょうか。

「具体的に考える」力を身につけてほしい
僕はそんな思いで生徒にテスト勉強計画を立てさせています。

※「具体的に考える」力とは、もっと言えば「自分ごととして『わかる』」力です。
この『わかる』の定義は「イシューをはじめよ」の安宅さんの記事を参考にしました。

テスト勉強計画の要点

テスト勉強の計画を立てよう

意義に書いたとおり、「計画が具体的かどうか」、それが良いテスト勉強計画の条件です。

具体的な計画を立てるために必要な要点は5W1Hをベースに考えればOKです。

(1)試験範囲の把握:何を勉強するのか

(2)優先順位付け:何から勉強するのか

(3)量の設定:どれだけ勉強するのか

(4)開始日と期限の設定:いつからいつまで勉強するのか

(5)教材と勉強方法の設定:どのように勉強するのか

細かく詰めればきりがありませんが、ざっとこんなところでしょうか。

逆に計画(や反省段階)でのNGワードは
「がんばる」「しっかり」「きっちり」「集中して」などの曖昧な言葉です。
副詞、形容詞はほとんど意味をなしません。
名詞、数量、動詞で構成された「勉強すること(ToDo)」が最も具体性の高いものとなります。

計画が立てられない、テスト勉強を着実に進められない。
そんな生徒はそもそも(1)ですでにつまずいている可能性が高いです。
授業を真面目に受けていないから、全体像がつかめないというのもあるでしょう。

勉強が出来る子は勉強の習慣が身についていますから、ある程度試験範囲を予測できるものです。
試験範囲が発表されていなくても、既習範囲がほぼ試験範囲になりますから。

また、勉強習慣のない生徒の場合、試験範囲を終わらせることで満足しがちです。
教科書や問題集などで試験範囲として指定された部分を一回解いて終わりにしてしまうのです。
つまり、勉強ができない生徒は「わかる」がゴールになっていない

したがって「試験で点が取れる」ために「わかる」を増やすように誘導する必要があります。
しかしそこまで徹底ができる生徒であれば、はじめから苦労はしません…。
計画を立てるときに教科書や問題集を何度繰り返すのかを考えさせるべきでしょう。

「一度解いたらおしまい!」とする生徒は驚くほど多いようです…。

生徒が計画を実行する力があるかどうかチェックする方法

繰り返し述べますが、どれだけ立派な計画があっても実行できなければただのゴミです。
では、実際に計画が実行に移されているかどうかを確認する方法はあるのでしょうか。

計画をベースに実行ができている生徒は、自分の現在位置をよく理解しています。
闇雲に、手当たり次第に進めているような生徒はまずいです。
どこまで「やるべきこと」を終わらせていて、残りどれだけやらなければいけないのか。
現在位置を把握するためには、計画表を見て計画と実績のずれを確認する必要があります

計画と実績のずれの確認ができているかどうかは一つのバロメーターです。
計画は自分がやるもの、という自覚の度合いを測ることができるのです。

※とはいえ、生徒一人一人について日々の勉強の進捗を確認するのは非常に手間がかかります。
効率よく進捗確認できる方法があれば教えていただきたい次第です。

終わりに

この記事を書きながら改めて思ったのは、
「計画を立てる力」と「計画を実行する力」って、社会に出てからも必要だよなーということ。
「成果を出さなければならない」という点では、仕事でもテストでも同じこと。
テストはやるべきことがシンプルな分、「仕事」までのいい練習になると思うんですけどね。

参考図書


関連する記事