Top Page » 自分事 » This Page

アラゲホンジ-秋田・東北のソウルミュージックの古くて新しいカタチ

カテゴリ:自分事


アラゲホンジというバンドが、最近HOTです。

秋田県南部出身のボーカル・齋藤さんの秋田弁、高らかになる笛の音、心を震わす太鼓のリズム。
ギターは高揚感にあふれ、共に踊り戯れたくなるパフォーマンスも魅力です。

僕は3331で齋藤さんのソロを一度だけ聴いたことがあり、それからずっと気になっていた存在でした。
今年は1stアルバム「アラゲホンジ」がリリースされ、「ototoy」というサイトでも超高音質音源が販売されています。

業界での評価も見逃せません。
2010年にはあのFUJI ROCK FESTIVALにも出演を果たし、1stアルバムは「ミュージックマガジン」誌でレビューが掲載されています。

もう、超かっこいいです。ライブがみたくてしょうがない!

ちなみに、「りんご追分」のカバーもめっちゃかっこいいのですよ。


関連する記事