Top Page » 自分事 » This Page

日本人が本当に語り継ぐべき「美談」を考える

カテゴリ:自分事


日本人は、誰でも無条件に成功できる、という話を面白がらない、ということを先日ブログに書きました。

ありとあらゆることに、「美談」の持つ「条件付き」という要素を求めずにはいられないのです。
突っ込んで言えば、成果を出すためには何らかの条件を(各個人が)満たさなければならない、という心理が背景にあるのではないか、ということです。

(中略)

こんなことを書き出したのは、「自己責任」という言葉や思想に敏感なことが理由として挙げられると思います。
条件を個人に求めてしまう傾向は根深いもののように感じてしまうのですが、それによって、その問題を生み出しているより大きな構造を捉える視点や、事実ベースで仕組みや枠組みを評価する視点が損なわれてしまっている、というところに、僕の問題意識があります。

日本人は「自分で何とかする」美談が大好き?

以前に記したように、そのような発想の裏には「自己責任」が病原として日本社会に潜んでいる、と思っています。

実際、「自己責任社会」は、グローバル社会の到来により増幅された人々の不安を基礎に成立してきました。

経営者や成功者の著書が氾濫し、「自己啓発」が世を謳歌する現代日本をずばり言い当てているような指摘がなされています。
「私はこうやって成功した」という”伝記”は、「だからあなたも成功できる」と鼓舞するかのように囁きかけてきますが、その裏では「つまり、あなたが失敗するのは、あなたのせいだ」という冷ややかな視線を浴びせられるかのように感じる人もいるでしょう。
あたかも「自分たちの背後の跳ね橋を吊り上げておくことに」するかのように。

「コミュニティ 安全と自由の戦場」前編:自己責任社会の到来

一人ひとりが個別に不安と戦わなければいけない時代においては、自己啓発的なメッセージが大量に流通します。
そこにおいて「誰もが成功できる」という言葉は、現状にそぐわないように見えるばかりか、成功者にとってはむしろ不都合ですらあります。
個人個人の才能や努力で何とかする必要のある時代だという認識があってはじめて、成功者が周囲から「成功者」として認められるからです。

この流れと関連して、日本では座学の研修や職業訓練の効果は軽視される面があり、むしろOJT至上主義になりがち、という指摘もしました。
しかし、日本と先進諸国を比較すれば、高校における専門科の数やOff-JTの研修に対する認識には差が出てくると思われます。
「面白いかどうか」と「効果があるかどうか」が、日本では混同されがちなのかなという印象すらあります。

「誰もが成功できる」ことって、本当にありえないの?

ところで、「誰もが成功できる」話ってないのでしょうか。

僕がはたと思いついたのは、小中学校の「部活」でした。

僕は中学のときにソフトテニス部に入っていましたが、(自分の実力と真面目さを棚に挙げれば)各校のレベルを左右する最も大きな要因は、何よりも「指導者」の存在だと思います。
実際、中2のときに女子の顧問となった先生はそりゃあもうバリバリの人で、相当過激な指導の下、僕の同期は1ペアが東北大会にでるほどの実力を身につけ、うち1名は私立高校へのスポーツ推薦を果たしたのでした。

僕が教育実習で中学に戻ったときにも、女子は郡内では有数の指導者に恵まれ、僕の目の前で見事郡総体優勝を遂げました。
一方、男子は指導者に恵まれなかったようで、僕らのときと同等の成績に留まっていました…。

このソフトテニスという競技は基本的に個人戦で、かつ小学校で部活があるところはあんまりない、という特徴があります。
つまり、中学の指導者で結構上を目指すことができる、もっと言うと、多くは中学の指導者次第、ということになります。
(もちろん、個人の能力や努力も重要な要素ではありますが)

優れた指導は、指導される側に依存せず効果を生む

優れた指導者は、指導される側の性格や意欲、能力の差があったとしてもそこに責任転嫁せず、どの相手にも効果が出るような指導をします。
これは部活指導に関わらず、教科教育にも企業研修にも求められることです。

「美談」は常に個人に対して努力や才能と言った「条件」を要求します。
したがって、例えば教員が「美談」 を語りだしたときには、生徒は非常に注意深くならなければいけません。

オレの指導が悪いのではない。お前らが悪いのだ

「美談」の甘い響きの中に、教員のふざけた態度が隠れているかもしれません。
「自己責任」の論理を他責の論理に擦り変える指導者は、今の時代が生んだ害悪であると言えます。

優秀な指導者が優秀たる由縁とは、相手が誰であっても効果を出す指導ができる、という点に尽きるでしょう。
本当に語るべき「美談」は、「面白いかどうか」ではなく、「効果が出るかどうか」にフォーカスすべきではないか、そんなことを考えてしまいます。


関連する記事