Top Page » 自分事 » This Page

6日間、東京旅行に行ってまいりました

カテゴリ:自分事


※ただの「日記」ですので、興味のない方はスルー願います。

9/20(火)~9/25(日)の日程で東京に行ってきました。
兄の結婚式に出席することが今回の主な目的。
なかなかハードでかつ印象深かった式にいたるまでの行程を、まとめてみました。

1日目:台風をかろうじて回避し、無事東京へ。 

本当は9/21に出るつもりでしたが、ご存知の通り、台風接近によりフェリーが欠航する恐れがあったため、急遽予定を前倒しで9/20に島を出ることになりました。
フェリーはなかなかのゆれで、船体のきしむ音が波の強さを際立たせます。

その日の最終の飛行機に滑り込みで変更して東京へ。
上空はやはり風が強く、特に着陸までの揺れ方に冷や汗をかいたことは忘れられません。
羽田空港着陸後、米子空港の待合室で予約した品川プリンスホテルへ直行し、宿泊。

2日目:台風に振り回されて、お一人様。

式場である東京ディズニーシーのホテル・ミラコスタに移動するまでの空き時間。
とりあえず放置していた髪をカットしてもらうために、東京時代に通っていた美容院へ。
1年ぶりでしたが、残念ながらずっと担当してもらっていたお兄さんが退職された後でした。
美容師という職業の苦労や魅力、いろいろ興味深い話がもう聞けないのかと、しみじみ。

台風が夕方に直撃することを知り、高田馬場のカフェで時間をつぶす予定を変更し、高田馬場での昼食後、すぐに舞浜へ。
が、八丁堀まで移動したところで京葉線の運休を知ることとなりました。
とりあえず冷静に他の経路を確認し、浦安からバスへ乗ることに。

ところが浦安についてみたら、すでにタクシーもバス停も驚くほどの行列。
強まる暴風雨の中でバスを待ち、30分から1時間ほどでようやく舞浜方面のバスに乗り込むことができました。

舞浜駅からディズニーの敷地内を走るモノレールに移動。
海沿いなのに普通に走っているモノレール。そして、合羽やポンチョで武装した乗客の姿。
暴風にあおられたためか、不自然に揺れる車両をもろともせず、客をゲートに吸い込んでいくディズニーの底力を目の当たりにした感があります。

なんとかミラコスタに到着後、秋田空港を出た親から「東京行きの飛行機が福島で引き返した。」という連絡。
当初家族4人が宿泊する予定だった部屋に、一人で宿泊するはめに。まさかのミラコスタ・お一人様。
4人部屋に一人…。さみしすぎる…。というわけでマレーシア戦を見て、おとなしく寝ました。

3日目:式当日、久々に泣いた私。

さすがに快適な、しかし寂しいミラコスタでの一夜が明け、のんびりとチェックアウト。
部屋を出る時点でスーツに着替えていましたが、ロビーで一人だけの背広姿が浮く、浮く。
速やかにチェックアウトを済ませ、早々に親族の控え室へ向かいます。

しばらくすると兄以外の家族が勢ぞろい。
家族とは年末年始以来の再会ですが、車椅子に乗る祖父も元気そうで安心しました。
(後で聞きましたが、式に来て一気に元気になったそう。「夏を越せるのか」と両親が心配するほど、体調が良くなかったようでした)

撮影係を任せられ、さらに当日になって受付を担当することが判明し、親族でありながらある種客観的な視点を持ってチャペルと披露宴に参加。
デジ一を託されたものだから調子に乗ってしまい、100枚は軽く越えるくらいは撮影したのではないでしょうか。

最もシャッターを切る頻度が多かったのは、兄が(両親ではなく)祖父へのメッセージを読んだとき。
兄が声を詰まらせながら一言一言を読み上げる姿を見て、思わず僕も涙を我慢することができず、ただただシャッターを切ることしかできなかった、という表現が適切かもしれません。
この式は、兄にとっては祖父への想いを示すための機会だったのではないか、と感じさせられた一幕でした。
(そういえば、親族も新郎側の方が多く出席していましたし)

ちなみに、式自体は「さすがディズニー」という印象。ウェディングであっても、そこにはディズニーのエンターテイメントがありました。
当日の写真はほとんどが父のカメラに納まっていますが、一部は父のブログからご覧いただけます。

式後は兄と祖父を除いた家族5人で園内へ。
台風一過の青空も夕方までは持たなかったようで、ぱらつく雨の中、80分間の待ち時間を嫌ったもう一人の兄(次男)と僕(三男)とで夕食。
ビールを飲みながら、兄の将来像を聞き、こんなこと考えるようになったのか、とついつい上から目線になりながら、いろいろとお互いの思うところを話しました。
そういえば、兄弟でお互いの将来の話をする、というのは今まであまりなかったんですよね。
僕は秋田に帰りたいと思う一方、他の兄弟はどうするつもりなのか、確認する必要もあるよな、とあらためて思ったのでした。

久々に家族にも会えたし、ああいう場で「うちの家族らしさ」がいろいろ見れて、感慨深い一日でした。

 

23~25日は東京観光。いろいろ歩き回って疲れもしましたが、久々にのんびりとした時間を過ごせました。
7月には在京の知り合いと話す機会がたくさんあったのですが、純粋に東京を楽しむのも悪くないですね。

今日から通常業務に入っている自分に違和感を覚えるくらい、東京での5泊6日で、長く濃い時間を過ごすことができました。
それでも、海士の空気は綺麗で、空が広くて、四季の移り変わりや時間の流れを感じることができて、やっぱりいいところだなーと感心しきりです。

早く実家にも帰りたいな。といっても年末年始の予定ですが。


関連する記事