松嶋駿という高校生の学生生活を象徴する一枚の写真について(前編)

カテゴリ:世の中の事


先日の記事でインタビュー企画をこれから進めていくということを告知した。

検討中のインタビュー企画について

その第0弾として(つまりは試験的に)、先日、能代出身で現在は通信制高校に通う松嶋駿君にインタビューを敢行させてもらった。といってもこちらもまだ明確な方針があるわけでもなく、手探りの状態で、でも、一応ICレコーダーは回して。

後日、文字起こしをし、それを松嶋君に読んでもらった。「公開してもよいか?」と聞くと「お任せします」という実に潔い回答をもらったので、試しにこのブログ上にアップすることにしてみた。

先にお詫びをすると、ICレコーダーの充電池が劣化していたためか、フル充電で臨んだにも関わらず録音の途中で電源が落ちてしまった。なので、計1時間近くにわたるインタビューの中で、文字起こしできたのは冒頭から40分間程度の内容になっている。

とはいえ、それでも文字数としては9,000字ほどに達した。インタビューを文字起こしした上で最低限読めるようにまとめるのも恥ずかしながら初めてのこと。薄々感づいていたとはいえ、なかなかの作業量だった。到底編集などできなさそうだな、と思い、ほぼインタビュー時のやり取りをそのまま掲載してみることにする(長いので3回に分けて)。

======================================

松嶋駿という高校生の学生生活を象徴する一枚の写真について(前編)

中編はこちら/後編はこちら

○インタビュイーのプロフィール
松嶋駿(まつしま・しゅん)。16歳。某県立高校(通信制)1年次在籍の傍ら、同世代による同世代が楽しめる教育をデザインする団体「Lift-Up」を主宰、秋田県内の大学やフリースペースなどでワークショップを開催している。そのほかにもいくつかの団体にコミットし、ワークショップのメンタリング等を行っている。中学校では「戦略的不登校」と銘打ってホームスクーリングを独自に取り入れ卒業。その時の思いから人生を通し教育に関わりたいと志している。

(以下、松嶋→松、秋元→秋)

秋:では、松嶋君の学校生活を象徴する写真があれば見せていただけないでしょうか。

松:写真ですが、2枚の内どれにしようかなと迷ったのですが、これにしました。

15328197_1988065884753656_989109520_n

秋:この写真。飛行機からの写真ですか?

松:はい。高校生活を半年ちょい過ごしてみて、まずスピードが早いなと。これは飛行機の窓からの写真ですが、スピードがめちゃめちゃ速い。つまり、僕の生活の変化がすごいということを表しています。写真左上の街中を「普通」と例えると、そこからすごい速さで離れて行っているのかなと。そういう意味で、高校生活のイメージとしてこの写真を選びました。

秋:すごいスピードで進んでいる。日常が。

松:ちょうど今、年末に当たってこの1年を振り返っていて、なぜそれほどの速さでここまで進めることができたのかを考えています。私の家は母子家庭だし、能代といってもその端っこの普通の田舎の人だったわけで。唯一取柄があるとしたらパソコンが自宅にあり、幼少のころからインターネットに触ってきたというくらい。そういう環境の中で、今の自分はどうして大人の人たちとたくさん関わっていて、大学生とも関わることができているのかを立ち止まって考える時間を取っている。自分でも変化に追いつけないくらいに進んできたかなと。

秋:自分でも追いつけないくらいに変化している。何が、変化していますか?

松:去年と比べると、明らかに学校外の人と関わる時間が思いっきり増えました。あとは能代の外に出る時間ですね。毎週秋田市に来ている。あとは、そうですねえ、試験勉強以外で頭を使うことがとても増えました。

秋:今までの時間の使い方が大きく変わった。

松:中学の時は学校前提でした。行ったり行かなかったりではあったんだけども、一応学校という場があって。ふらっと行けるというか、ちょっと調子悪いなあというときでもきっかけづくりになるというか、そういう場だった学校がばさっとなくなって。今は通信制高校なので通学も月2回となると、行きたいときに行くこともできないし、学校がこの日だけとなるのが中学の時との大きな違いで。

秋:ばさっとなくなったときはどんな気持ちだった?

松:一度、 5月くらいに大きく落ち込みましたね。3月に大きな旅行に出かけて、東京でワークショップに参加したり、カタリバの全国大会(マイプロアワード2015)に行ったりして、すげーな、と。刺激が強すぎて、自分がなにせばいいかわかんなかった。学校に行く時間がなくなってスケジュールの中身が空っぽになって、自分で何しようと思ったときに、割と混乱したというか、そういうときが一時期ありました。

秋:今まではそんな混乱がなかった?

松:はい、中学校の時は、学校は行かなかったけど学校のカリキュラムに並行するのが前提で、別に自分のプロジェクトを起こすこともなかったので。

秋:学校と並行した時期が中学のときにあって、それでリズムを作っていた学校というものがばっさりなくなって、何をすればよいかわからなくなった。

松:そういう時期がありましたね。したいことはあるけれども、どれを軸に選んでいくのかなあということを、一時期悩みましたね。

秋:今は軸がある?

松:あります。

秋:その軸って何ですか?

松:まず、自分が運営する「Lift-Up」という団体があって、それを来年の3月か4月ちょいくらいまではやると思います。その後は留学の準備とかで試験勉強に戻る時期に入り、来年は1年間ずっと留学をする予定です。その後留学から帰ってきたら、ちょっと時間をおいて受験勉強という感じで捉えています。その中で考えているのは、結局自分はやっぱり教育がやりたいなあと思っていて。高1の1年間は、「将来大人になってからやりたいことをやろう。試験勉強をして、大学入ってそこから考えよう」ではなくて、「今やれる範囲でやりたいことをやっちゃおう」と考えるようになりました。そうした経験を積む、大学入試に例えるならAO入試の実績を積むというか。逆に試験が近くなれば試験に集中するので、AOの実績を積むのが今年1年間なのかなと。

秋:今、軸ができていて、ある程度高校3年間の目途が見えているのかなというふうに聞いています。その中で、改めて、軸がなかった時の気持ちを聞いてみたいです。

松:情報だけが入ってくる状態でした。5月くらいは3週間くらいFacebookに一切顔を出さなかった。周り(Facebookの友人)が東京の高校1年生でちょうど中高一貫の中間にあたるから一番活発な時期で、マイプロ出たり、株式会社つくったり。「えっ! 自分と同い年で……!」みたいな感じで。自分が中学生だった当時は、インターネット上で彼らと関わることがあっても、割に遠くに感じていた。それが実際に会ったことで存在が近くなって、割と焦りを感じたというか。なんだかんだで自分は幼少期のころから長いこと特異な人間だって言われていたと実感としてあったのが、「ああ、自分はまだまだなんだな」みたいな、そういう焦りがありましたね。それもあって、通信制高校に入学してから時間が空っぽになったところで、自分はどうすればいいんだろうとますます焦る一方で。受験勉強を前提にした戦略的な時間の使い方というのは2年間の実績があったけど、それを一回崩してゼロにして、改めて時間の使い方の見直しだったり、例えばプロジェクトをやるといったことも含めた考え方の切り替えだったりに時間がかかりました。

秋:当時は焦りを感じていた。何に対して?

松:結局……(沈黙)。

秋:今までは受験勉強でいっぱいのスケジュールが空っぽになった。それを埋めるだけの意義ある時間の使い方をできない自分と、それができている東京の人たちがいた。もし、ずっと空っぽの状態のままだったら、自分はどうなると思う?

松:受験勉強を続けたいなという思いが当時はあったので、そのままだと未来が危ないと感じていました。大学受験のときに困るなと。通信制高校の授業内容だと、大学に入れるだけの難易度が絶対にカバーできないので。通信制高校だからということで、地位というか、能代高校に入った人は「能代高校なの、ああすごいね」って言われるけど、自分は、実績というか、成果を出さなきゃといけないなあという想いがあって。

秋:ごめん、その部分、ちょっと追いつけなくて。もう1回話してくれる?

松:ええと、能代高校にいった子たちは、「自分は能代高校です」と言えば、まず普通に「勉強しているね」と周りから思われる。「通信制高校です」と言えば、自分で何か成果を出さないと、受験のときに、どういうことをしてきたのという話が面接官からされるだろうなあと思っていて。

秋:ちょっと確認なんだけど、そもそも推薦かAOで大学受験をもともと受けるつもりだったということ?

松:いや、元々一般で受験するつもりでした。今の話で入試というのは例えで、私が言っているのは社会的な見方の話です。私が、「通信制高校です」って自己紹介したときに、「普段どういう生活をするの」って聞かれる。「能代高校です」って言ったら、「お、勉強しているな」って思われるけど、通信制高校って言うと「お……」みたいな。そういう社会的イメージに対する恐れがあって。

(以下、中編に続く)


関連する記事

検討中のインタビュー企画について

カテゴリ:自分事


秋田に帰ってからおかげさまで大学生と接する機会が増えている。海士町ではずっと高校生と接していたわけで、その延長線上に彼らとの交流がごく自然に生まれたという印象を受けている。それでも、そうして交流を持つのは、一般的な学生と比較すれば行動力があり、自分が属するコミュニティの外にいる人たちとの交流を楽しむようなタイプ相手がほとんどだ。それだけでもありがたいが、しかし、そこに留まっていては学生の全体像は見えてこないだろう、という”もやもや”がここ半年ほどで溜まってきている。

そこで、秋田県内の学生(中高生、大学生、短大生、専門学校生、高専生等もろもろ)にインタビューをして回るのはどうか、ということを先月あたりから考え始めている。これまで具体的に3人に試験的なインタビューを実施させてもらっている。インタビューをし、それを記事として公開し、アーカイブ化する。そこで秋田にいる大学生の等身大の姿を表現していけたら、というのがざっくりとした趣旨だ。目的は以下の3つにまとめられる。

(1)自分自身や関わる人のスキルアップのため
現金な話だが、僕自身が、インタビューをし、それを記事として書き上げるという経験を積みたい、という個人的な期待がある。今まで、インタビューすることと文章を書くことにはそれなりの投資をしてきたので、それらをしっかり研ぎ澄ませて投資を回収したいという思惑だ。さらに、この企画には(興味がある人がいれば)学生にも運営側(つまりインタビューする側)としてかかわってもらいたいと思っており、彼らのスキルアップにもつながれば、という想いもある。Whatばかりに目が行って、Howがおざなりになりがちな風潮への警鐘、というわけでもないが、ほんのりとでも一助になれば。

(2)ありのままの秋田の学生の姿を伝えるため
単に僕が学生像を把握するのではもったいないと思っている。むしろ、素朴に学生の考えに興味を持っている人は少なくないだろうし、そういう人たちにもせっかくなので共有したい。それが、学生の背中を後押ししようとする動きにもつながるのかな、という淡い期待がある。インタビューを経て、学生自身が自分を振り返るよい機会となると、なお嬉しい。自己分析というやり方はなかなか効率が悪いのではないかと思っているので(なにせ人にかかわってもらった方が効率が良いに決まっている)。

(3)秋田での学生を対象とした中間支援のニーズを探るため
これまで、県内の学生から「秋田には学生を地域や企業とつなげる組織・仕組みが必要だ」という声を3回聞いている。一方、そうした声の中には、「自分は独力でなんとかしたが、後輩たちのために環境を整えたい」という意図も含まれている。それは、したがって学生の純粋なるニーズではない(その後輩たちの声を直接聞いたわけではない)。なんとなく、僕もそういう支援の枠組みはあったほうがいいな、と思いつつ、本当に必要とされているのだろうか、必要とされているとしたらどういった支援なのだろうか、ということを考えるためにも、このインタビューで素朴な学生像に触れていくことが有効なのではないか、ということをぼんやり思っている。

最大の課題は、インタビュイーを見つけること、だと思っている。この辺りは飛び込み営業的な度胸の世界になるかもしれない。あと、報酬は出せないけど、インタビュー(とライティング)の経験を積みたい学生がいたら、ぜひ手伝ってほしいと思っている。もしかしたら、そういう学生を3,4名ほど組織し、僕の乏しいノウハウ的なものを伝達してしまい、彼らが主体で進めてもらってもよいかもしれない。というか、その方が結果的に良いものになりそうな気もする。

今月中からぼちぼち着手していきます。気になる方はFacebookでもTwitterでもいいのでぜひご連絡を。


関連する記事

悩み事という趣味の実践

カテゴリ:自分事


※この記事は自分の考えをまとめるために書いたもので、読み物として成立させようとするつもりがないことを先に断っておく。

意図をきちんと理解しようとする力が強いですね、というフィードバックをもらった。そう言った本人は臨床心理学の「家族療法」という分野を専門的に学んでいる大学院生だった。

「人は、意図の反映された問いかけをされると、その意図に引きずられて回答に影響を与えてしまう。それを避けるために意図を隠して質問をすることが多いんです。そういうとき、あなたは私の質問の意図をきちんと確認してから回答するようにする。そういう意識があると感じた」

そのような意味のことを彼女は話してくれた。

でも、それは僕にとって、「力」という類のものではなかった。僕は、人の意図を理解することを苦手としているという自己認識を持っている。より具体的に言えば、人の意図を推し量ろうとする傾向が強いあまり、様々な意図を勝手に類推してしまい、「こういう意図なのか、あるいはああいう意図なのか」と一人で混乱してしまうところがある。

だから、僕にとって、意図の制限されないオープンな問いは回答しづらいケースがある。文脈の中で期待されていることが把握できない場合、どのようなスタンスで回答すればよいかを相手に確認しないと、無用なストレスを抱えることになる。「この状況・相手ならばどのような回答でも受け取ってもらえるのだろう」と思えるのなら別だけれど。

この混乱は、何かその場で即時に判断を要される場合にも起こる。他人の意図を類推するあまり、判断軸がひたすらに増えてしまい、適切な処理ができなくなる。特に即時性の強い電話というコミュニケーションが苦手なのはまさにこのためだ。その場で判断をしなければならないが、電話の向こうの相手の意図や、今周囲にはいないがその判断により影響を受ける人の反応を意識すると、しどろもどろになってしまう。あくまで「僕がある判断をした際に他人がどう思うか」を考える際に起こる問題であり、他の誰の意図も気にする必要がない状況ではあまり起きない(という自己認識を持っている)。


こうした傾向の裏側には、きちんと相手の意図に応えることで自分自身の社会的価値を発揮したい(しなければならない)という考え方があると思う。そもそも記憶の中の自分は小さなころから自己肯定感が低く、無条件の肯定というものを得られている感覚がなかった。だから、折々で価値を発揮しなければ自分の存在意義はない、というような意識がある。ところが、褒められても素直に受け止められないし、しかし褒められないと自分はやはり価値がないのだ、と考えてしまう。それは絶対的に悪いものでもないとは思っていて、こうした強迫観念とも言える考え方があるから、コミュニケーションの取り方や仕事の進め方などを意識的に良いものにしようという気になれた部分もあるとは思う。

この記事で紹介されている「詐欺師症候群」も、かなり思い当たる部分がある。

総合的に見ればもっと良い状態に持っていくことができると思うし、そのための努力もわずかながら積み重ねてきた。褒められたら「ありがとう」と言うようにする、とか、誰にでもできることをたまたま自分がそこにいたからやっているだけ(自分が特別何か能力があるわけではない)と思えたとしても、「たまたま自分がそこにいた」というだけでも価値なのかもしれないと考えるようにする、とか。全面的な変化は今のところ見られないが、まあそれでも徐々には進歩してきたかな、とは思えるようになってきている。

 

思いついた順に書いていってしまうと、こうした変化を妨げる要因として、プライドの高さがある。それは自信の無さの裏返しのようなものだと思っている。あるいは、僕の意見に対して「でも、○○じゃない?」とか「それはそうだけど△△でしょ」と返されたときに怒りにも似た感情がふっと沸き起こる場面が時折あるのだけれど、そういうときにはむきになって反論したり、先に述べた言葉の意義を言い換えながら強調したり、相手の反論を包括するように(自分はそれについても考えていると主張するように)再反論をぶつけたりしてしまう。脊髄反射のようなコミュニケーション。それは後味悪く僕の心の中に残り、自己嫌悪が重なっていく。

そう書きながら、なんでそんなふうなやり取りが起こるのかを考えてみる。どこかに「自分の考えは正しくあらねばならない」という意識があるのかもしれない。僕が話した内容や所属する組織への否定は、僕の存在意義の否定として捉えてしまう。人格の否定と意見の否定は異なる、ということを頭ではわかって(知って)いたとしても。もちろん、否定される全てのケースについて感情的な反応をするわけではない。いや、もちろん感情の揺れ動きはあるのだけれど、自分自身に否があると認識できるケースでは、反論せず相手の指摘を受け止め、あるいは謝罪する、という場合もある。相手がこちらの意図をしっかりと理解してくれた上で、それでもこっちの方が良かったんじゃないの、と言ってくれる場合も、割と受け止められる(ような気がする)。

ここまで来て、僕はどうやらコミュニケーションをする相手に対して、割と高度な対応を要求してしまっているのかもしれない、と思い至る。つまりは「面倒くさい」やつなのだ。ちゃんと敬意を払ってくれ。こちらの話を遮らず聞き、その上で意見をしてくれ。そうでない場合は、「いらっと」する。相手に対する期待値がそもそも高いのかもしれない。逆に言えば、そうした(僕としては)質の高いコミュニケーションをしてくれる相手は、とても貴重だ。幸い、五城目にはそういう人が多いし、そういう人が多いようだという期待が持てたから移住したという経緯もある(海士町への移住を決められたのも同様の理由があると思う)。

秋田に生まれてから過ごした18年間は、「いらっと」することの積み重ねだったという記憶として構成されている。だから、田舎に対していい印象が(今も)あまりない。自分の話を聞いてもらった、という満足感でいっぱいになるような瞬間も、記憶に残っていない。満足感を得ていることを自覚できていないのか、そもそも満足感を得ようとする期待そのものに何かエラーがあるのか。

ひとのはなしをきく、ということは僕自身大切にしたいことの一つで、秋田もそうなったらいいのに、という想いで日々を過ごしている。そこには「ぼくのはなしをきいてほしい」という欲求が見え隠れしているようにも思う。好きなだけしゃべって、それをしっかり受け止めてもらい、満足し、さて、その先に一体何が待っているのだろう。その問いに対する仮説は、ぱっと思いつかない。それによって、満たされない何かを(代替的に?)満たそうとしているような節もありそうだ。そこに悪循環があるように思う。

ここまでどちらかと言えば深く掘り下げるような思考を経てきた。もう一度全体を俯瞰して問い直すならば、「こうした傾向は、逆にどんな状況に置いて有用なものとなるだろう?」という方向が例えばあり得るだろうか。こういう時、他の人の脳みその中身を見たくなる。自分自身が客観的にどのくらいのレベルなのかを知りたい、という気持ちがある。結局、他人と比べないと自分の位置が見えない、ということなのだろうか。それはそれで問題というか悩みとして何か表面化していそうな予感がある。

今日はこの辺で打ち止め。


関連する記事