Tag Archive: コミュニケーション

相手の「言語」を話すということ

カテゴリ:自分事


「変化の原理」を読んで印象に残っていたのが「相手の『言語』を話す」という表現だった。ブリーフセラピーの現場では、治療者はクライアントに具体的な指示を出す。しかし、その指示通りに動いてくれるかどうかは、そのクライアントに合わせて指示を出せるかどうかがポイントとなる。

教員が、学級崩壊の如く騒然とした教室で「先生の言うことを聞きなさい!」と大声で指示したところで、子どもたちがその指示に従わなさそうであることは想像に難くない。相手に指示をするということは、そのまま相手が指示通りに動くという結果を生み出すわけではもちろんない。

相手の「言語」を話すということ

相手の「言語」を話すということは、「話し手がどんなふうに世界を見ているのか丸ごと感じ理解しようとする」ためのアプローチの一つだと思う。「話し手を観察する」のではなく、「話し手の目から見える世界を見る」という試み。相手が意識するしないにかかわらず用いる言葉を大切に扱い、相手の話をそのままに受け取り、それを損なわなずに話す、という言い方がよいのかもしれない。

センスもあるのかもしれないが、自らの感受性を、相手の「言語」をきき、きき手の側もそれを用いるということに集中させるという意味では、かなり意識的な働きが強いのだろうと思う。僕自身、インタビューを幾つか実践してみると、出来不出来は置いておいても、そうして意識的にきこうとすれば、驚くほど消耗が激しいことを自覚する。

その意義

どうしてそんなことをわざわざしようとしているのか、を改めて考えてみた。僕が考えているメリットは例えば以下のようなものになる。

・話し手の「言語」を用いることが話し手の納得、「きき手はちゃんときいてくれている」という安心につながる。
・話し手が自分自身の「言語」を自覚し、これまで疑いもせず振り返ることもなかったこれまでの認識について深く考えるきっかけにつながる。
・話し手の言葉をきき手が理解した「つもり」になってしまうことを避け、謙虚な態度で話し手の言葉に耳を傾けることができるようになる。

これらの観点は「ひとのはなしを遮らず促すようにきく」ことを主要な関心としている。しかし、そこからさらに一歩踏み込んで「話し手の抱えている課題や悩み事を解決する」という段階になっても有効であると思っている。例えば、こんなふうに。

・話し手の文脈に無理のない形で介入(冒頭の言葉を用いるならば「指示」)することができる。
・話し手が「課題を解決できていない」状態を責めるのではなく、むしろそうした状態でありながら自分なりに課題に当たろうとする態度に目を向けることで、敬意をもって対応することができるようになる。

特に相談を受けるようなケースでは、相談をする側の方が立場が下になりやすい。そういうとき、敬意をもってきくことの重要性が増してくる。「どうせこんなことで悩んでるんでしょ」といった具合についついパターン化したくなるところをぐっと抑えないといけない。

その背景・人間観

というようなことを考えていると、なんとなく、ある一つの人間観のようなものが見えてきたのだった。単純に書くと、こうなる。

「ある人にとっては、その本人が最大の当事者である」

例えば「悩み事」にフォーカスしてみると、その最大の当事者であるということは、その「悩み事」について最も多くの情報量を有し、最も長い時間をかけて向き合い、最も試行錯誤(あるいは四苦八苦)している、ということ。その本人を差し置いて誰がその人の「悩み事」を解決できるのだろうか、というスタンス。

これは「解決に至れない本人に問題がある」という自己責任論につながる危うさがあるが、そういうつもりはない。相手の「言語」を用いながらコミュニケーションをとることが、相手は自分の認識をよりクリアに自覚する助けになるかもしれない。そうして真の問題が見えてくることで、本人が自らの力で解決できるかもしれない。この可能性を信じる、というニュアンスを強調したい。

人それぞれ世界をどう見ているのかは異なるという前提に立つことではじめて、きき手が自分の理解や考えを押し付けるのではなく、その当事者の言葉に耳を傾けることの意義に目を向けることができるのだと思う。


関連する記事

「変化の原理」の読後メモ

カテゴリ:読書の記録


知人に勧められ、五城目図書室に出向き秋田県立図書館から取り寄せてもらった本書(なぜなら絶版だったから)。「家族療法」あるいは「短期療法(ブリーフセラピー)」という、伝統的な心理療法とは一線を画する手法の基礎を拓いたものだそうだ。ここに紹介されたその原理は、非常に明快で論理的であると受け止められた一方、幾つかの事例は「常識的」とも「論理的」とも言えない飛躍を伴ったものになっており、その意味で衝撃だった。

「どのように人間の問題は生起し、ある場合にはいつまでも持続し、ある場合には解決に至るのか」

本書で示される原理の出発点となる問いがこれだ。しかし、いかに変化を起こし、問題を解決させるかを検討した筆者たちは、「持続と変化はその正反対な性格にも拘わらず、同一のものとして考えられる必要がある」と考えるに至る。

「九点連結問題」から見る「変化の原理」

理論的な背景は、「群論」と「論理階型理論」の二つの数学分野における成果を(メタファーとして)用いることで示されているが、その説明にはかなりの分量を要するため、代わりに、本書内でも扱われている「九点連結問題」に触れる。等距離に置かれた9つの点を「4つの直線」で「一筆書き」をする、というものだ。

有名な問題なのですぐに解答を示すが、例えば下記のようになる。

きちんと「4つの直線」で「一筆書き」するという設定にかなっている。「9点の外側に線をはみ出させてはいけない」という(初見の人のほとんどが陥る)勝手な「仮定」を持ってしまうと、一生解くことはできない。つまり、この早とちりな枠組み(ルール)に従っている限り、直線の引き方にいかに変化をつけたところで、「解けない」という状態が維持されるということだ。その逆に、一度そのやり方を覚えてしまえば(ルールをとらえなおせば)、いとも簡単に解答を導くことができる。これが、筆者らが到達した「変化の原理」の端的な例となる。

問題を生み出しているシステムに対し、そのシステムが持つルールに従って変化を起こそうとする限り、そのシステム自体を変えることはできない(同じことのくり返し)。「九点連結問題」の解法が、九つの点に関する「仮定」を検討することで得られ、九つの点自身から得られるのではないように。こう聞くと、かのアインシュタインが残した言葉がふと頭をよぎる。

“The world we have created today as a result of our thinking thus far has problems which cannot be solved by thinking the way we thought when we created them.”

「問題は、それをつくりだしたのと同じ思考で解くことはできない」。本書の内容に則るならば、僕たちは、問題を解決するために、システムの外側に出ることを学ばなければならない。システムのルールに則った内側の変化は「第一次変化」、システムのルールの外側に出るような変化は「第二次変化」とそれぞれ呼ばれている。本書で主に取り扱うのはこの「第二次変化」についてだ。

「問題」、そして「第一次変化」と「第二次変化」

ところで、「第二次変化」の適用対象となりうる「問題」は、そもそもどのようにして”問題化”するのだろうか。

「困難」と我々が言うときには単純に、特別な訓練を必要としないで常識的な水準で解決出来るような事態(普通それは温める対冷やすといった第一次変化のタイプのものにあたる)かもしくは、更によく見られる例でごく日常的な場面で見られる望ましくないが我慢をしてなんとか切り抜けているような日常茶飯事の出来事を意味している。反対に「問題」と言うときには袋小路や行き詰まり、絡み合いといった、初めの困難の対処方法を誤った為に生じた事態を意味することにする。

変化の原理―問題の形成と解決 (りぶらりあ選書)

ここでは、シンプルな対応をすればよかったはずの「困難」に対して、誤った「解決」を施してしまったがためにこじれた事態を、「問題」と定義づけられている。「困難」を「問題」にまでこじらせてしまう誤った対応というものは、主に以下の3つに分類される。

A 「極端な問題軽視」・・・行動が必要な時に行動しない誤り(「それは問題ではない」と否定することによって解決を試みる)
B 「ユートピア」・・・とられるべきでないときにある行動がとられる誤り(実際には変えることが不可能かもしくは存在しないような生活上の困難について変化させようと繰り返し努力する)
C 「パラドクス」・・・第一次変化が必要なときに第二次変化を繰り返し試みる、あるいは逆に第二次変化が必要な時に第一次変化を起こす努力を繰り返す誤り(九点連結問題は後者に当たる)

一応付け加えるならば、いずれの「問題」も、当事者たちはある「解決」を何度も試みているという点に注意したい。しかし、そうして繰り返される解決が”誤って”いるために事態はますます悪化し、結果として人間関係の悪化や精神病といった結果を生み出してしまっているという構造がある。多くの場合、先に施される「解決」は「第一次変化」に属するもので、それは「いつも人の常識というものにかなっている」のだが(例えば「群衆の反抗に対してカウンターの反抗をもって」鎮圧を試みる、など)、それこそが「同じことのくり返し」を引き起こしている、というのが著者らの考えだ。

逆に、こじれた「問題」に対する「第二次変化」は、「奇妙で予想外で常識外れのものにみえる」もので、しかもそれは「問題」に対してこれまでなされてきたこと、すなわち「第一次変化から見て解決だと見えるもの」に対して適用される。本書の記述を参考にすると、ある事象aが起きようとするとする。この時、常識的にはそれに反対する方法即ちnot-aでaを抑えようとする。しかしこれがまさに「第一次変化」による「解決」である。即ち、aかnot-aかのいずれかを「選択しなければならない」という錯覚に陥っているということだ。それに対し、「aでもなくnot-aでもないもの」こそが「第二次変化」であるという。(これは「ヘーゲルの弁証法」と「同じ原理」に当たる)。

「第二次変化」の(驚くべき)介入の例

より具体的な理解のために、不眠症患者に対し、本書で説かれる変化の原理に従って治療を施した例を紹介したい。彼は日常的なちょっとした困難として「眠れない」という状態に一時陥った(事象a)が、そのとき彼は「自発的に眠らなければならない」という解決を自身に施した(not-a)。つまり、睡眠という自然で自発的な生理現象を意志の力でコントロールしようとした。これは典型的な「パラドクス」だという。以後、彼がなんとか眠りにつこうと努力すればするほど、そのパラドクスは強化され、いよいよもってますます眠れなくなり、不眠症という形で「問題」化する。「物を考えないで故意に眠ろうとする心的な作業自体が皮肉にも逆説的に眠りを妨げ」ているのである。

従ってこうである。第二次変化による介入の目標は彼が眠ろうとすることを阻止することであって、常識的に考えられるような、彼を眠らせる、ということではないのである。

変化の原理―問題の形成と解決 (りぶらりあ選書)

具体的には例えばこう指示される。「ベッドに横になりとてつもなく眠くなるまで決して目を閉じないこと」と。つまり、「自発的に眠ろうとする」という解決(not-a)こそが「問題」状況をつくっているのであるから、ここでは「aでもnot-aでもない」変化を起こす必要がある、ということだ。

正直、目から鱗どころか、論理的な説明を持って頭では理解できても、納得が追い付いてこないような印象があったのだが、次のような例に触れると、もう少し腑に落ちるところがあるかもしれない。

たとえば、指導する教官と指導される研修生という二者がいたとする。この教官が研修生の信頼を得ようとするならば、それは「私を信用しなくてはならない」というような言葉では到底実現されないのは容易に想像がつく。「信頼とは命令によって手に入れることも生み出すこともできない自発的な何か」だからだ。筆者はむしろ逆説的な言い方が有効である、と言う。すなわち、「私を完全に信頼するということがないように。また何でもかんでも全てを話してくれなくてもいい」と。これによって教官は、「自身が信用する人物に値しないという程度には信頼できると研修生をして信頼させるし、それで両社の研修上の関係を準備できたことになる」。

あるいは。さらにまた別の例を出すならば、公衆の面前でスピーチすることを極度に不安がる人は、自分が緊張していることを恐れていることがある。そうした場合、緊張を悟られまいとコントロールし隠そうとするあまり、ますます抑えることが難しくなり、緊張は強まっていく。むしろ、スピーチの前にこう述べればよい。「私は極度に神経質で不安で仕方ありません。きっとあがってしまいます」と。これによってもはや隠そうとした緊張は公にされ、もはや隠す必要がなくなってしまう。

上述した「第二次変化」による解決はいずれも本書で紹介されている豊富な事例の一部だが、実際に僕自身もそれと知らず取り入れることのある工夫で、イメージをつかむ手がかりとなっているので、ここに引用してみた。

改めて「第二次変化」の実践に当たって

事例に当たったところで、変化の原理を用いた問題解決の4ステップを引用する。

1 問題を具体的に、明確に定義すること。
2 これまでなされた解決への努力を明らかにする。
3 達成されるべき治療目標の具体的定義。
4 この変化を生み出すための計画の設計とその実行

変化の原理―問題の形成と解決 (りぶらりあ選書)

薄々感じていたことだが、第一のステップなどまさに「アクションラーニング」で重視される点と酷似している。

明白だが、なかなか実践しがたい問題解決の最初のステップは、それがどのような問題であろうと、問題の本質を知ることである。すでに聞いたり経験したりしているがゆえに、我々の多くは、何が問題なのか正確に認識し、理解していると思っている。さらに危険なことに、他の人もその問題について自分と同じように認識し、理解していると信じている。

「偽の問題」に何らかの解決策を施したところで「問題」は解決しない。至極当たり前の話だ。次にはこれまでなされた「解決策」を明らかにする。先に触れたように、「第二次変化」はこれまでの誤った解決策に対して適用するものだからだ。そして、治療目標は具体的に定義されなければならない。もっと幸福になりたい、夫との関係をもっと良くしたい、といった目標はあいまいだ。ではその目標の達成のために何をすればいいのか、と考えようとするときに結局困惑することになる。また、解決に当たっては時間制限も設ける。最後のステップとして、新たに検討された解決策を、来談者(クライアント)が納得をもってきちんと実行されるような形で与えられる必要がある。この第4のステップは本書でもいくつか具体例が示されるが、非常にテクニカルであるという印象を受けている。まさにケースバイケースなのだ。ポイントは、治療者は来談者(クライアント)の「言語」をしゃべる能力を必要とされる、ということにあるらしい。

エンジニアやコンピューター技術者の来談者ならネガティブ・フィードバックからポジティブ・フィードバックへの変化の必要性があるのだと言っても良い。自尊心が低い来談者にはあなたは今、自罰が必要で、それには今いった課題をやるのが良いのだと言える。また東洋思想にかぶれている者には禅の公案を思い出させれば良い。「私は来談者、あなたが私の問題を解いてくれるべきだ」と言わんばかりの者には権威者としての態度で臨み、何の説明もなくその指示をすれば良い。専門家の命令だ! と。

変化の原理―問題の形成と解決 (りぶらりあ選書)

これまでのロジカルな解説に対し、この「変化の原理」を用いたプロセスも(もちろん論理的であるけれども)「コミュニケーション」である、ということを思い出させてくれる感じがした。非常にプラクティカルでありながら、決して機械的な仕事ではない、ということがよくわかる。

個人的なまとめとしては(それでも5,000字に及んだが)これくらいにとどめておきたい。気になった方はぜひ一読をすすめたい。専門書にしては平易に書かれており、それほど苦労なく読めると思う。

感想など

本来であれば本書の冒頭で紹介される「群論」と「論理階型理論」について言及するべきだったが、分量の問題もあり、避けながらのまとめとなった。自分自身の理解は進んだが、優れたメタファーだと思ったので、ぜひ本書を手に取っていただきたいと思う。一応、WEB上に「論理階型理論」とブリーフセラピーを紐づけて説明している記事を見つけたので、リンクも貼っておく。

本書の内容が速やかに実生活に反映できるかというと、当然難しさはある。しかし後半で言及したように、「アクションラーニング」との関連や、弁証法的アウフヘーベンとして「第二次変化」がある、という観点など、これまでの知識とリンクすることが多かったという点で、また一つ学ぶべき方向性が見えたように思う。

特に、「治療者は来談者(クライアント)の『言語』をしゃべる能力を必要とされる」という話。僕自身、インタビューの実践を重ねるごとに「相手の目線で見える世界を見る」という地平に迫ろうと努力しているが、その努力が別の形で肯定されたような気分だ。勝手ながら励みにさせてもらった。

残念ながら絶版になっているらしい本書であるが、以下のような関連書籍があるようで、時間があればそちらにも手を伸ばしてみたいと思う。

また、今回のまとめではほとんど触れなかったものの、本書の中では哲学者ヴィトゲンシュタインについての記述が非常に多い。「

」でも大活躍のヴィトゲンシュタイン、そろそろじわじわと手を出す必要が出てきたように思う(下記リンク先はkindle版)。

 


関連する記事

「きき方」を意識することで、どんな良いことがあるのかというお話

カテゴリ:自分事


「きき方」は調整できるもので、それによってふれられるものが変わってくる。実践を積み上げていく過程で僕の中で少しずつ確信が形成されていっているのだが、さて、なぜ僕はそのようにあえて「きき方」を調整し、その調整の精度をより高めていこうというモチベーションを持っているのかを、改めて自分に問い直してみたのだった。

 

○僕が「きき方」を調整することで、どんな良いことに出会うことができたのか? そしてそれはなぜなのか?

・相手に対する驚き。「ああ、だからそういう考え方に至るのか」とか、「ああ、そういうふうにこの世界を見ているのか」とか、そういう驚き。自分以外の人が生きているということをまざまざと感じられることを改めて感じることができる。もしかしたら「どうせこういう話でしょ」という先回り思考と同じところに話は到達するかもしれないが(ほとんどそういう場面に出会ったことはないが)、それでも「驚きがある」というだけでも、きくことを調整する意味が僕にとってあると思う。

・自分自身の中で起こっているプロセスへの自覚。自分が感じていることがプロセスに影響を及ぼしているのかもしれないということへの自覚。一般的には良くないとされる怒りや不安、焦り、憤りといった感情を持っていたとしても、それを認めないでいるよりも、「こういうふうに感じているんだな」と自覚したほうが、状況はより好ましい方向に転がる、という感覚がある。それはやればやるほど、「そういうものなのだな」と思えてくる類のもの。

・成長実感、あるいは自分が望む方向へ向かっている感覚による喜び。自分にとって必要と考える技術やスタンスが身に付き、しかもそれは世の中にとっても必要であるという確信を持てているので、調整の実践の中でその精度が上がることはそういう意味ではやはり嬉しい。

・ファシリテーションへのつながり。きき手としてはなし手に影響を及ぼしている、という自覚は、場に対して自分の存在が何らかでも影響を及ぼしうるというところへの想像力につながっている。そのような「きく」ことの幅の広がりが、深めていくことへのモチベーションにますますつながっている。

・問題解決に対する新たな視点。問題はそのソリューションの精度の問題以上に、そもそもの問題定義の精度こそまず考えるべきである、という視点を持つことができている(これはアクションラーニングを勉強する中でだけど)。一人ひとり見ている世界が違う、という認識によって、一人ひとり問題の見え方は異なること、お互いの立脚点を机上に出さない限りは延々と争うだけになることが見えてきて、かつ多様な視点がありながらお互いの盲点が明らかになり、真なる問題が見えた瞬間の驚きのある感動があることを知れた。

・(重複するが)自分と他人は異なる人間である、ということを単なる知識としてでないカタチで体現する術を知ることができた。そうすることで相手に対するイライラも「自分の想い通りにならないからイライラするが、しかし他人は自分と同じでないからしょうがない」といった切り替えに多少でもつながるようになっているし、余計な期待はしないようになっているし、逆に期待があるのであれば明示的に伝える必要がある、という意識につながっている。

 

これを踏まえながら、僕が考える「きく」というプロセスについて、参考文献も明らかにしつつ整理できたらいいなあと思う。


関連する記事