Tag Archive: 地域

「やりたいこと原理主義」と地域の限界

カテゴリ:自分事


「やりたいことをやればいいじゃん」

秋田に帰ってからよく耳にするし、自分自身口にすることの増えた言葉の一つだ。親や友人、先生、地域から受ける期待というものは確かにあるし、周りを見渡した時に自分だけ違う道を進むというのはいかにも怖い。しかも、その道が安全だとは限らない。それでも、「やりたいことをやればいいじゃん」というのが僕としてはなんとなく善なることのように思えてしまっている。

もちろん、そう考えない人もいる。それはそれでロジックとしても十分に理解できるし、安易に否定するべきものでもない。幸せのカタチは一人ひとり異なる。このブログのタイトルは「秋田で幸せな暮らしを考える」としているが、理想的な単一のモデルがあるのではなく、それぞれが自分なりの幸せを追い求めることがあるべき姿なのだろう。秋田に戻ってきてから、あるいは海士町での経験を経て、ぼんやりとそうしたイメージが見えてきた。

それでも。

僕自身はやっぱり「やりたいことをやる」というのが一番いいことだ、とどうやら思っているらしい。あるいは「ありたいようにある」というのがより適切な表現かもしれない。いずれにせよ、僕自身のポジショニングが変わるタイミングがすぐに訪れるような気配はない。そう考えない人もいるということは念頭に置きながら、結果的にポジショントークをしてしまうケースはこれからも出てくるだろう。

「やりたいこと原理主義」。人口減少が急速に進む秋田において、教育が目指すべき方向は、こっちにある、と思っている。まず第一に、そっちの方が楽しいだろう、ということ。もう一つは、これから地方が直面する「生産性」という課題に対するソリューションとして。そう考えるのは、”一人ひとりがありたいようにあり、やりたいことに打ち込んでいる瞬間こそが、最もその個人のエネルギー量を最大化できる”という個人的な考えが前提としてあるから。といっても、そんなに複雑な話ではない。ドライな考え方だけれど、労働人口が減少するのはわかっていながらそれなりの生産性を保ち、経済を回すために、先進国の中で労働生産性の低い日本においては、一人ひとりの生産性を高めるというのが有効な手段だと思うからだ。

現行の日本の教育制度では、残念ながら最大公約数しか掬えない、という印象がある。秋田は確かに学力日本一という結果を残しており、特にいわゆる「落ちこぼれ」をきちんと拾っている、という点はきちんと評価されるべきだと思っている。しかし、それはあくまである定められた枠組みの中に子どもたちをしっかりと押し込めるための教育でしかなくて、取りこぼしがぽつぽつと出ている。端的には不登校や発達障害、あるいは低偏差値の子どもたちだ。たぶん、その取りこぼしも、全国レベルで見れば非常に少ないのだろうとは思う。が、秋田はこれから人口減少の最前線に突入する。現行の教育制度での取りこぼしを「致し方ないもの」として目をつぶり続けることが果たしてできるのだろうか。

偏差値という物差しによって「優秀」とみなされた子どもたちであっても、彼/彼女ら一人ひとりの生産性が最大化される保証は、この学校教育ではたぶん無理だ。むしろいさぎよく諦めてしまった方がいいのだろうけど、学校教育はそのつもりもなさそうで、なんとなく、行き詰った感がある。高校生100人がいれば、大学に入り正社員になり3年間働き続ける、という人間は1/3ほどだ、という調査もある。そのストレートを前提として”キャリア教育”が実践されているとしたら、限界が来るのは当然と言えば当然なのだけど。

僕は別に秋田の学力日本一を批判しているわけではない。「学力日本一になってどうするの?」という疑問が浮かんでしまうところに、批判的にならざるを得ないというだけだ。五城目町は、移住者が入り始めた時期から一部の人間の裏テーマとして「世界一子どもが育つまち」という方向性を打ち出している。「世界一」を掲げた途端に、偏差値という物差しの意味が瓦解する。世界の教育はより多様であるからだ。そして、そこに、自由と責任が生まれる。あらゆる可能性を手段として検討することができるが、きちんと「子どもが育つ」というところにコミットが必要だ。量的な評価の可否は別にしても。

正直、今の秋田を見ていると、ちょっと息苦しさを感じる部分がある。地域の大人たちから子どもたちに向けた期待が否応なく高まっているのだ。自分たちの世代がどんどん都会を目指したせいで人口減少が進んだというのに。そうした大人たちからのメッセージの多くが、子どもたちの視点を欠いているのだから、なかなか困ったものだ。結局、それは教育の課題と紐づいているように思う。「子どもも一人の人間である」という前提が欠如している、という点で。

「一人ひとりを大切にする」と書くと、なにをそんな当たり前のことを、と思われてしまうかもしれない。でも、それが仮に当たり前だとして、「いやいや、全然一人ひとりを大切にできてないですよね?」というのが僕の見ている景色だ(これは別に秋田に限ったことじゃないことは書き加えておく)。はっきり言って、「やりたいことをやる」を実現するのは難しいし、僕自身の中にもノウハウがあるわけではない(他人よりは経験があるのかもしれないけれど)。それでも、この方向が僕の目指すべき道なのだろうな、とはぼんやりとした確信がある。

一方、それを受け止める地域の側も変わっていく必要がある。その地域で「やりたいこと」が実現しそうにないから、その地域から若者たちが出ていってしまうのだと思う。居場所と役割と出番があるから、その地域にいよう、という意思が生まれる。他の誰でもなく、「あなた」にこの地域にいてほしい、というメッセージがあるから、地域の一員としての自覚を持つことができる。

やりたいことをどれだけやれるか、その範囲がそのまま「地域の限界」なのではないか。先日の矢島高校でのフォーラムに参加したときに、思わず口をついた言葉だ。我ながら過激なことを言ってしまったと思うが、ぽろっと出てしまったのはまさにそれが本音であったからだ。自分たちの世代が見捨てて来た地域を次の世代に見放されたくないのであれば、自ずと考えるべきことが見えてくる、と思う。話は、それからだ。


関連する記事

「島前高校魅力化プロジェクト」の書籍が出版されました

カテゴリ:告知


今更だが、島前高校魅力化プロジェクトの書籍が3月25日に出版されている。

2010年11月から関わり始めたこのプロジェクト。
5年にも満たない年月の中で大きな変化があった。
そして、これからも変化は起こり続けるのだと思う。

4月末には石破・地方創生担当大臣が来島した
地方への注目度が集まる中、海士町のまちづくりや
高校魅力化プロジェクトの取り組みに対する関心も、
今後ますます高まることが予想される。

このプロジェクトに微力ながら関わる人間として、
個人的な見解をここにメモしておこうと思う。

火が収まるのを待つ時間のない中で

プロジェクト発足当初、隠岐島前高校にとって、
「統廃合」という成り行きの未来は目前にあった。

全国から入学希望者が集まる高校となるために
本質的な魅力の追及を目指した一方で、
変化を待つだけの時間的な余裕はない。

炎の中に素手で手を突っ込むように、
本丸に飛び込んで変化を起こす。
そうして逆境を乗り越えていた部分は大いにあったと思う。

魅力化モデルの手段と目的

隠岐島前高校は小規模校の統廃合という全国的傾向に抗い、
むしろクラス数を2倍に増やして存続への道を歩みだしている。

しかし、言うなれば「自然な流れ」に逆らうことで、
当然のことながら数々の障壁に直面することとなった。

離島中山間地域にとって、このプロジェクトは一つの希望となる、と思う。
ただし、それが唯一解ではない、ということもまた念頭に置かねばならない。

「魅力化」の本質は高校の存続ではないし、もちろんクラス数増でもない。
魅力的な教育環境を整え、地域の教育力を向上させ、
地域の担い手を自ら生み出す循環をつくりだすことではないか。

端的に言えば「魅力化」とはただそれだけに過ぎず、
これまでの取り組みはそのための手段でしかない。

したがって、あらゆる地域の学校が今の規模を維持する、
あるいはもう少し規模を回復させる必要があるわけではない。
むしろ、なるべく大きく残そうとするほど抵抗もまた強くなる。
(少子高齢化のために全ての学校を維持できないのは明白だ)

「大きな学校」モデルのオルタナティブとは

規模の縮小を食い止めるモデルが唯一解ではない。
-100を無理に0以上にするだけが「魅力化」ではない。

むしろ、文科省や都道府県教委が喜ぶ「統廃合」の方向性に対し
ある部分では積極的に便乗しながら、しかし完全に同意するのではなく、
一定の品質が担保できる規模に縮小させるという手はないのか。

通称「魅力化本」と呼ばれる本書を通じて
改めてプロジェクトの歴史を振り返る際に思い巡らせたのは、
このプロジェクトのオルタナティブだった。
幸いにして、国土の広い中国やオーストラリア等で
参考になりそうな事例がいくつかあるようだ。

これまでと少し異なる「小さな学校」モデルを検討する。
それをこの1年間の自由研究のテーマとしてみたい、と思う。

 

※今春卒業した島前高校の生徒が書いた本も出ている。
もし興味があればこちらもぜひ。


関連する記事

小さな組織の多忙感について

カテゴリ:自分事


手探り・手作りの組織の現場から

海士町は小さな島だが、それでも小さな組織と呼べる集団は幾つかある。
チームの人数規模は最大でも20名を越えないものがほとんどだ。

時代の流れもあって、全体の傾向として各組織は徐々に拡大している。
そしてその多くがIターン(島外出身者)ばかりで構成されている。

そうしたチームの特徴は、「想い先行」であること。
組織づくりやマネジメントの経験者がいるわけでもない。
「スタートアップを立ち上げたことがあります」といった猛者もいない。
大企業でもきっと活躍できるくらいに優秀な人材が揃っているが、
20~30代が多く、結果的に組織作りは手探りで始まる。

恐らく、様々な地域の小さな組織の多くは
こうした課題を共通のものとして抱えてるのではないだろうか。

僕自身は、移住4年目に入ってからようやく(というべきか)
組織運営に関心(とささやかな責任感)を持つようになった。

ゼロからの立ち上げはエキサイティングである一方、悩みも絶えない。
そんな日ごろの悩みとそれにまつわることをだらだらと書いてみたい。

ずばり、「忙しい」

最近忙しそうだね

違う職場の人と、すれ違いざまにそう声をかけ合うことが日常になった。
「最近」が1、2年続いている感じ。

誰もが想いを持ってこの島に来ている。
やりたいことがたくさんあり、責任感もある人ばかりだから、
仕事を一つ一つ完了させても、業務量を増やしてしまう傾向にある。

「忙しい」。これが小さな組織の最大の悩みではないか、と思う。

原因を考えてみると

・規模が小さいから忙しくても人を雇えない
・少人数ゆえに、一人一人の責任と業務範囲が広くなりがち
・組織にバッファがないので、できる人に重い仕事が集中する
→人材育成が進まず、状況が改善されない

と、どれも似通ったような問題。

「忙しさ」を解消する手はあるのか?

ここで一般論的に求められるのは恐らく「マネジメント」であり、
組織として優先順位をつけ、「やらないこと」を明確にするべきなのだと思う。

やることが増えるのは組織として成長しているからだが、
成長は描けても成長痛まで目を向けられていないケースが多いのではないか。

つまり、「やらない」を決めるのは難しい。
ぱっと思いつく一般的な策としては

1.リーダー、マネージャーが優先順位づけする
2.メンバー間コミュニケーションで優先順位づけする

などが挙げられると思うが、

1.リーダー、マネージャーが優先順位づけする
→リーダー自身が忙しい、あるいはその経験に乏しい

2.メンバーのコミュニケーションで優先順位づけする
→丁寧にコミュニケーションをとり続ける時間がない、結論が出せない

といった課題に直面してしまうことがほとんどなのだと思う。
そもそも忙殺されているのだから、時間を確保するのも難しい。
仮に話し合いの時間が取れても、それで改善されなければ次につながらない。

じゃあどうすればいいのか、を今考えているのだが、
もがき始めてみると、幾つかアイデアは出てくる。

・事例を知る

課題の渦中にあるときこそ事例から得られることは増える。
今がまさにそんな状況で、「答え」を外に求めている。
あらゆる小さな組織の通る道だからこそ、先人に学ぶ方が効率も良い。

・仲間をつくる

組織の中に仲間をつくり、問題意識を醸成する。
「忙しさ」が組織全体の問題として共有されれば、
ボトムアップの動きにつながるかもしれない。

また組織外に仲間をつくるのもいい。
相談相手ができればお互いの実践の共有ができるし、
共感してくれる人がいるということ自体が安心材料になる。

・無理やりにでもコミュニケーションの時間をつくる

早朝・深夜あるいは土日祝日問わず、
無理やりにでもみんなで話す場を持つ。

それも一回ぽっきりでなく、全員が納得する、
納得までいかなくても全員が理解し、結論を出すまで時間をかける。

力技だが、それだけコミュニケーションの意義は大きい。
現場でそう感じることは思った以上に多かった。

・無理やりにでも人を育てる

優先順位づけが難しいのであれば、
一時的には目をつぶってでもできる人を増やすしかない。

そもそもできる人材を採用するべきではなかったか、
というツッコミが来そうだが、今回は事後の話にフォーカスしたい。

まとめ:多忙感は組織をゆるやかに締め付ける

一つの課題をクリアした先には次の課題が待っている。
どうあがいても課題がない組織にはならないし、
やることがなくなったらそれは組織の死なのだと思う。

だからこそ 忙しいというのは嬉しい悲鳴なのだが、
「多忙感」が継続すると多くの人は疲弊する。

忙しさを放置していると、新しい機会への挑戦もしづらくなる。
挑戦も慣れの部分はあるが、慣れている人だけが挑戦し続けるのは辛いし、
せっかく挑戦しがいのある新しい仕事を持って帰ってきたのに、
現場では負担感の方が大きいなんてこともありえるだろう。

海士町全体を取り巻いている(ように見える)多忙感は、
これまでの多くの挑戦の賜物である。
だが、持続可能な島の実現を阻む壁はこの先も待ち構えている。

「決断」には「断つ」という文字が含まれている。
そんなに遠くない未来に「決断」を迫られる日が来る。
そんな予感がしている。

(こんなこと書いたら各方面から怒られるかもしれないなと思いつつ)


関連する記事