Top Page » 読書の記録 » This Page

Something Good:不確実な時代におけるソーシャルデザインとは

カテゴリ:読書の記録


 greenz.jpを運営するグリーンズが編集した本書。

知り合いにお借りしたのですが、一気に読み終わることができました。
本書ではgreenz.jpでこれまで紹介されたプロジェクトを中心に、「ソーシャルデザイン」の事例が列挙されています。

ではグリーンズが考える「ソーシャルデザイン」とは何でしょうか?
ひとことで言えば、「社会的な課題の解決と同時に、新たな価値を創出する画期的な仕組みをつくること」です。

ソーシャルデザイン

各種メディアにも取り上げられ注目を集めている秋田の「トラ男」プロジェクトも掲載されています。
ページ数もそう多くないので、ことあるごとにパラパラと眺めるのが良さげな一冊です。

「いいこと」だからといって受け入れられるわけでもない

本書に掲載されているプロジェクトを見ると、「いいこと」であることが一目で分かります。
しかし、各プロジェクトが始まった当時に遡ってみれば、必ずしも周囲からそう見えていたわけではないはずです。

「マイプロジェクト」を続けていく過程で、いろいろな意見を耳にすることがあります。アドバイスと言いながら、凹むようなことしか言ってこない方もいます。
極論、言わせておけばいい、と思います。

(中略)

若い人は誰も寄り付かない街だった寿町が様変わりしたのも、コトラボの岡部さんたちがさまざまなプロジェクトを仕掛け続けたからでした。今や世界中の若いクリエーターたちが噂を聞きつけ、さまざまなかたちで街に新しい風を吹き込んでいます。
そう、変化は必ず起こるのです。

ソーシャルデザイン

社会の制度を変えるわけでもなく、大きな投資があるわけでもなく、必ずしもインパクトのあるプロダクトを流通させるわけでもない。
このような取り組みは「何かいいこと Something Good」ではありますが、どのような変化が起こるかはやってみなければわからないことの方が多いと思います。
やっている側ですら、あらかじめ何らかのゴールイメージを持っていたとしても、それが確実に起こることだと確信できていない場合がほとんどではないでしょうか。
ましてや周囲からしてみれば、「そんなことをなぜわざわざやる必要があるのか」という疑問を持つのは、むしろ当たり前のことのように思います。

短期的な利益にばかり目がいく時代に

「いいこと」への第一印象が悪くなりがちなのは、現代社会が不確実性に満ちていることと関連付けることもできるでしょう。
今や日本の将来はもちろん、1年後に自分がどのような状況に置かれているかすら予測がつかない時代です。
それはなぞるべきロールモデルや(例えば終身雇用のような)集団的な保障が失われたことも一因と考えられます。
(このような流れの中で、自己啓発本が流行し、自分で何とかする「自己責任」論が蔓延しているように感じられます)

不確実な時代には、今すぐには結果が出ない長期的な利益よりも、今すぐに結果を得られる短期的な利益に目が行きがちです。
最近読み始めた宇野重規著「〈私〉時代のデモクラシー」では、この点について様々な論者からの引用を交えつつ議論がなされています。
その一節を以下に紹介します。

このような社会で見失われがちなのは、長期的な視点です。あるいは、いますぐには結果の出ない、未来においてのみ、その意味がわかるような企てといえるかもしれません。ちなみに、現代社会に適応するために必要な行動や生き方の原則を、「ノー・ロングターム(長期思考はだめ)」と表現したのは、アメリカの社会学者リチャード・セネットです(『それでも新資本主義についていくか―アメリカ型経営と個人の衝突』)。

〈私〉時代のデモクラシー

〈私〉時代のデモクラシー」では、昨今盛り上がりを見せるキャリア教育についても「ノー・ロングターム」の様相を観察できるとしています。
確かに、現在のキャリア教育は、長いスパンでキャリアを形成することについて深く考える余裕はなく、「進路指導」の延長として、「出口(進路)さえ決まればいい」というスタンスで行われていることがほとんどです。
また、キャリア教育の一環として「○○力」の育成についても注目を集めているところですが、これも具体的にメリットのある能力を身に付けさせる、という視点が絡んでおり、即効性を求められていることが窺えます。

だからこそ「Do Something Good」

「Something Good」は必ずしも短期的なメリットを生み出すことができるとは限りません。
むしろ、「きっと何か良くなる」「今やらなければ手遅れになる」という「遠い将来のメリットのための投資」としてのニュアンスを多分に含んでいることと思います。

「Something Good」がなぜ求められるのでしょうか。
長期的な視点がなければ、目に見える利益がすぐ現れにくい交流や教育、社会の格差、環境問題などへの投資ができないからです。
この視点こそが、持続可能な社会をつくるために必要なのです。

海士町の「AMAワゴン」という取り組みを見ると、僕は特にその必要性を痛感します。
「AMAワゴン」は一橋大学の学生が海士町に来たのがきっかけで始まった交流事業で、参加者の他に毎回講師がつき、住民との交流や中学校への出前授業などを行います。
このAMAワゴンに参加した講師や参加者をきっかけに移住した人もおり(僕もその一人です)、島外の大人との交流を通じて地元の子どもたちの意識にも無視できない影響が出ているように思います。
海士ファン拡大にも寄与しており、都内での海士のイベント開催時にもAMAワゴン参加者が集まる他、その知り合いもイベントに参加し、ファンの輪がじわじわと広がっているという効果も見られます。

このAMAワゴンは、見た目としては単なる「交流」でしかなく、観光ツアーとしての利益を見込めるものでもありません。
海士ファンが増えるかもしれませんが、しかしそれがどのような利益につながるのかを実施前から明らかにするのは難しいでしょう。

それでも、海士町はこの交流事業に投資することを決断し、これまでに15回実施しました。
まさに「Something Good」の好例と言えるでしょう。

「Do Something Good」のコツ

短期的な利益に偏りがちな社会で長期的な利益を追求することは至難の業です。
この「ソーシャルデザイン」で紹介されている様々なプロジェクトはそのコツを学ぶのに適していると言えます。

本書の事例を踏まえながら、そのコツとなりそうなものをリストにしてみました。

1.継続する

プロジェクトの性質上一度で終わるようなものでない限りは、何よりも継続が第一だと考えます。
WE LOVE AKITAも活動を始めて4年目になりますが、停滞するときもあったものの、ファーマーズマーケットや他団体との連携を通じて、学生が集まりだしたり、率先して企画を生み出す人が参加してくれたり、秋田に帰ったメンバーで動けるようになったりと、どんどん面白くなってきています。
海士町のAMAワゴンも、15回まで続ける気概があったからこそ、メリットを享受できるようになったのだと思います。

具体的に効果のある施策を確実に仕掛けられる実力が重要と思われるかもしれません。
しかしそれを前提にしてしまうことでハードルも上がってしまいますし、そこまでの実力がなくともトライ&エラーを繰り返しながら徐々にインパクトを出すことに成功しているという事実を見逃してしまうことに繋がります。

一度のプロモーションでの話題性を狙うならば話は別かもしれませんが、「Something Good」を狙うのであれば長期的に関わることを前提に、少しずつでもプロジェクトを前進させていくことが重要です。

2.やってて楽しい

本書にも書かれていますが、楽しいということは重要です。
短期的にメリットがなくても、それに関わってる瞬間に「面白い」「楽しい」「またやりたい」と思えることが継続に繋がります。
インセンティブは何も目に見える利益に限りません。「やってて楽しい」は無視できない効果があります。

この点、社会の問題にコミットするNPO組織のような場合、「楽しい」を封殺してストイックに「使命感」や「コミットメント」を重視するケースもあるように思います。
が、これは継続を念頭に置いた場合は割と不利です。十分な「やりがい」があればいいのかもしれませんが。

3.味方を不幸にしない

プロジェクトに直接関わる人も、そのプロジェクトのメリットを享受する側の人も、いずれも不利益を被らない仕組みがベストなのは言うまでもありません。
誰かの”犠牲”や”不幸”の上に成り立つ活動は持続性がなく、どこかが疲弊した時点で運営がストップする可能性があります。
直接プロジェクトの運営に携わらない人たちであっても、きちんと”win”になれるようなデザインが求められるでしょう。

4.なるべく敵は作らない

何らかの形で社会の問題の解決に携わる場合や、競合する既存業者が存在する市場に参入するような場合、そこでの戦い方に気をつけるべきです。
「自分たちは相手より優れている」「あなたがたのここがおかしい、だからこうするべきだ」という態度は望ましくありません。
これは余計に「敵」をつくるリスクがあります。

ステークホルダーの中に自分たちのプロジェクトを妨げる存在がいないに越したことはありません。
「敵」を設定することは自分たちを妨害する障壁をわざわざつくりあげるようなものです。
また、そのような攻撃的な姿勢は、味方になりうる人たちにも悪い印象を与えることにも注意が必要です。

 

本書に溢れる様々なアイデアは、どれも面白く、参考になるものばかりです。
「マイプロジェクト」を何か持ちたいと考えている方、「Something Good」を志向する方、ぜひ手にとって読んでみてください。


関連する記事