Fermentators Weekの振り返りー「発酵」というメタファーについて

カテゴリ:世の中の事


発酵都市として世界に記憶される湯沢へ。
個性を醸す人(=Fermentators)を増殖させる、
ファーメンテーターズ・ウィーク。

Fermentators Week 2018 in 秋田県湯沢市 | ファーメンテーターズ・ウィーク

11月3日から11日の9日間に渡り、秋田県湯沢市を巻き込んで執り行われたFermentators Week(FW)。湯沢の市内をぐるりと巡りながら、9日間毎日何かしらのプログラムを運営し続けるというのは、想像するだけでも相当ヘビーだし、実際、最終日の夜の打ち上げではみな精も根も尽き果てたという様子で、まさに祭りの後だった。

僕が参加したのは、11/3-4の世界発酵人会議、11/7の発酵人晩餐会(発酵×麹×女性)、11/9のミュージックナイト、11/10-11の発酵人感謝祭。半分ほどの参加率で、それでも食に感動し、音に感動し、そして何よりその場に集まる人の言葉に心動かされたのだった。それは僕自身の仕事や暮らし、あるいは地域へのかかわり方といった諸々の考え方にも影響を与えるもので、だから、個人的にでも、9日間の記憶をテキストに落としておきたかった。

発酵都市とはなんだったのか

発酵都市、湯沢

湯沢の日常には、発酵がある。

言葉を発することなく、しかし確かにそこにいるものたちと、
長い時間をかけて積み重ねてきた実践と対話の過程が、この土地の古層に眠っている。

菌に耳を傾け、暮らしを、文化を形成する発酵という手立てを、
都市を醸す手法に応用するとしたら。
新たに持ち込まれた視座は、人と菌、人と自然、人と人が織りなす関係性を、
自己相似的な連なりとして見ることを可能にする。

世界発酵人会議に投げかけられた「湯沢市発酵都市計画」という仮説。
都市はいかにしてその個性を醸し出しすのか。
今まさに湧き起こりつつある発酵のプロセスに魅了されて集った
Fermentatorの相互作用が、都市を発酵させる手法に輪郭を与えていく。

これは11/3-4の内容やそれにつながるこれまでの議論を踏まえてまとめられたテキストで、11/10-11の会場にパネルとして展示されている。要は「発酵都市」と言うとき、それは2つの意味を持つということを言っている。

1)湯沢では、漬物、味噌・醤油、酒といった発酵食品が当たり前に日常の中でつくられ、口にされ、あるいは一つの産業を形成している。この土地に埋め込まれた「発酵」という文化は、世界を魅了するコンテンツに転ずるポテンシャルを秘めている。

2)湯沢という地域が、個性のあるローカルとして世界を魅了していくというときに、そのプロセス自体が、「発酵」的に進行していく。多様なプレイヤーが有機的に交わることで、個性的な何かが醸されるという、予定調和でない世界観に踏み込む。

前者は、コンテンツとして、あるいはまちづくりや都市計画の輪郭や文脈をつくるもの、インスピレーションの源泉として。後者は、まちづくりや都市計画のアプローチや姿勢、考え方、価値観、世界観、プロトコルとして。

FW最終日、客もはけて片付けもあらかた終わったところで、「発酵感謝祭(JOZOまにあくす)」の関係者が円になって集まり、一人ひとりが感想と振り返りを述べ合う場面があった。その際に、「発酵」をメタファーとしてまちづくりや地域おこしへの意欲を語る人が何人もいたというのは、率直にいって、驚きだった。発酵/醸すというプロセスが、この土地に根差している何よりの証拠だったと思う。

「発酵」は人間にとってどんなプロセスなのか

発酵が直感的に理解されるキーワードであるということは、僕自身の目がFWの9日間で目撃し続けたことだ。その一方で、僕自身は、パネルに文字として残すというときに、その直感に相応のロジックを持たせてみたかった。なぜ、発酵なのか。そもそも発酵とは、どんなプロセスなのか。なぜ、発酵という言葉が、やけに魅力的に響くのか。少なくとも僕は、僕の言葉で語れるようになりたかった。

発酵は、菌にそのプロセスが委ねられている。言い換えれば、菌という仲介者がいることが前提となっている。「発酵させる」と言うとき、人はその対象に直接の働きかけをすることを想定しない。菌が人間に有益な形で働くような状況をつくる、くらいのニュアンスに留まる。「醸造する」というと、もう少し人がつくりだすニュアンスが強まるが、「醸し出す」という表現になると、もはや、そうなりたくてもなれないが、その人となりに応じて、自然にそうなっていく、という意味合いになる。人の意志や意図が及ばない領域がここでは描かれようとしている。

今でこそ発酵は菌の仕業であり、科学の言葉で説明可能なものになってきている。しかし、顕微鏡で菌を確認できるようになるもっと前から、人間は目に見えない菌の作用を頼りにしていた。僕たちの祖先の誰かが、時間の経過に従って元の状態からの変貌を遂げた食物を思い切って口にしたところに始まり、試行錯誤の末に、人間が食せる状態にたどり着くようにそのプロセスを進行させる術を編み出していった。そのおかげで、発酵が彩る豊かな食生活にありつけている。日本酒の生酛づくりなどはその集大成とも言える高度な技術だと思う。

「発酵」というメタファーの威力

そう考えると、発酵は、目に見えないものを信頼するプロセスである、と言える。日本は「八百万の神」という考え方があるが、自分の力と想像が及ばぬ領域を否定するのではなく受容してきた。まちづくりにおいても、それは同様かもしれない。まちには本来多様な人が暮らしているという当たり前の事実に対し、そうした多様性を可能性の源泉と捉えられるか。一見経済的に価値のないものに価値を見出せるか。完璧な計画を手放し、自然発生的に生み出されるものを待つことができるか。発酵という切り口には、これまでの日本が失ってきたものに対する眼差しが宿っていると思う。

さらに、もう一つの示唆として、知識を超える領域に挑んできた先人たちの開拓の歴史の賜物という発酵像が見えてくる。前例があること、リスクが少ないこと、結果が見えていることが求められる現代社会の礎は、前例がなく、結果が出るかどうかわからないものに投資する姿勢によって築かれている。発酵に目を向けると、そんな当たり前のことに気づかされる。

そして、言わずもがなだが、発酵は絶え間ないプロセスだ。菌の活動を促すような働きかけを怠ってはいけない。糠床は一日一回かきまぜる必要がある。菌に委ねるが、放置はしない。管理でも放任でもない「第3の教育」という考え方にも近い。多様な人たちがいきいきと動き回れるような環境づくりがポイントになってくるのだろうと想像できる。また、同時に、持続可能性も無視できない要素になる。「世界発酵人会議」において「経済」が一つの重要なポイントになっていたように。

ここから見えてくる「発酵」というコンセプトは、これまでのまちづくりや都市計画が包含する世界観を転換する意図が込められると解釈できる。トップダウン―ボトムアップ/行政―民間といった従来の二項対立を乗り越え、よくある田舎のノスタルジックなストーリーに迎合することなく、世界を魅了するまちを醸していくためのプリンシプルを構築する。そのために、「発酵」というメタファーが有効だった。

僕自身、FWに関心を持ったのは、それが良くある「地域おこし」の文脈を意に介していない様子だったからだ。目線は世界に向けられており、時間軸は21世紀が起点になっている。伝統的な文化である「発酵」を起点として、これからのまちづくりの在り方を提案するというのも面白い。引き続き、このムーブメントに関わっていきたい、と思う。


関連する記事

あるものだけで勝負するのが楽だったとしても

カテゴリ:自分事


今日耳にしたあれこれのおかげで、気分が暗くなっている。「明日は我が身」という言葉が生々しく脳内再生される。いや、もはや、今すでにその渦中にいるのかもしれない。いつだって、自分の状況を客観視することほど難儀なものはない。

この夏に約35,000字という分量をねん出するプロセスを経て、自分の語彙力が枯渇してしまったような感覚がある。35,000字を書ききるために、一旦あるものを出し切ってしまった。それから、書くことがやや無味乾燥なものになっている。たぶん、書くという行為を通じて、僕は自分の中で言語化できていない物事に出会っていたのだと思う。出し切ったあとに自分の中から出てくる言葉に新鮮味がない。自分の文体に対して、自分自身がそろそろ退屈を覚えている。「ああ、またこの表現が出てきてしまったか」と。

去る9月にも、それなりのボリュームの文書を仕上げた。単純に分量だけカウントすると、実は10,000字を優に超えていたらしい。幸か不幸か、その作業は苦痛ではなかった。これまでの経緯を整理して、相応の文体に乗せて書けばよかったから。しかし、薄々感づいてもいる。苦痛を避けたのだと。出し切ったと言いながら、なお根深く言語化されていないものがどうやらある。そこに取り掛かるのを早々に諦めた自分がいたのは、今や認める他ない。

少なくともこの1年程の間、僕は過去のストックを消費するようにしか仕事をしていなかったということになる。もちろん、断片的にまとめてきたアイデアは幾つかあったし、わざわざ東京や京都に出かけて学びに行くこともあった。しかし、それらはその都度活用する分にはよかったが、まだ僕自身のコンテンツになりきっていなかった。身に余るような機会に預かり、自ら企画を持っていこうと勇んだ矢先、いまいち進歩していない自分と対峙する羽目になったのだった。

とにかく、腰をすえて、自分の中から何かを生み出すしかない、のだと思う。自分自身の言葉で、ぼんやりとしたアイデアを、誰かと共有できるところまで、形づくる。借りてきた言葉、どこかで見た表現でなく、拙くとも自分の言語で。


関連する記事

「Spontaneous」という用語とそれを取り巻く世界観について

カテゴリ:自分事


「Spontaneous」という言葉でイメージするもの

Spontaneous Entrepreneurship|野生的起業論|ドチャベン2018 秋田県

「ドチャベン2018」で掲げられているキーワードは「野性的起業論」。また、「Spontaneous Entrepreneurship」という表現が英語表記として用いられている。この「Spontaneous」という英単語は、「自発的, 自然発生的」といった意味合いがある。ライターとして記事を書く以上、その意味するところを自分なりに落とし込む必要がある。仮説を持ちながら記事を書き、記事を書きながら仮説をブラッシュアップする。何回かの反復の結果として、ここに言語化を試みてみたい。

「Spontaneous」という言葉が取り上げているものとして大きく2つあると思っている。第一に、「個人」の自発性に対する注目がある。個人の内側から自ずと溢れ出てくる想い、ビジョン、そういったものがここでは重視される。イシュードリブンではなく、ビジョンドリブン。過去志向ではなく未来志向。ニーズではなくウォンツ。誰に頼まれたわけでもなく、自らの望むものを自らつくる態度。

第二に、あるシステム全体を捉える視点がある。ここでは「A ⇒ B」という線形の因果関係ではなく、もっと複雑な、いわば生態系のようなものをイメージしてもらえばよい。「Spontaneous」とは、そのシステムの本来的な循環を促進することで自然と生まれてくるものを信頼する態度と言えばよいだろうか。システムが他と比べて劣っている部分や不足する機能を付与しようとするのではなく、あるいは限定的な意図で以てシステムをコントロールしようとするのでもなく、そのシステムのポテンシャルに目を向ける。微生物の性質に従って環境を整え、彼らの活動に委ねる発酵のプロセスに近い(現代の酒造りは発酵をほぼコントロールできているともいうが)。そのため、「待つ」ことが求められ、かつ想定外をも許容する必要が生じる。何か面白いものが出てくるはず、しかし何が出てくるかは分からない。それを楽しむくらいの構え方が要求される。

「Spontaneous」という言葉が用いられる背景

ここまでをまとめると、「Spontaneous」は個人やシステムそれ自体の内発性、ポテンシャルといったものを重視する。では、なぜ「ドチャベン2018」においてこの用語が用いられたのだろうか。

僕はこの仕事を通じて初めて「Spontaneous」という言葉を知ったわけだが、そのときにすっと脳裏に浮かんだのが五城目のまちづくりについてだった。五城目にいる人たちは、ボトムアップでそれぞれが勝手に自分のやりたい事をやっている。その結果が線になり面になり、気づいたら「五城目って盛り上がっているよね」と一目置かれるようになった。そこにはいろんな要素が絡んでいて、強いリーダーがいたわけではないし、移住者の存在は何らかのきっかけにはなっているが因果関係で語れるほど単純ではない。はっきりと言えるのは、個人の自発性を奨励し合い、支援し合うコミュニティがあるということ。その結果として、誰に言われるともなく自発的にやりたいことをやる人が現れ、それが時に有機的につながるという状況をつくっている。

これまで教育の仕事をしていた中で、人が新しく何かを始めるというシーンを何度か見てきた。うまくいかないパターンの多くは、課題解決やニーズが先行していたように感じている。たとえプロジェクトとして理に適っていたとしても、それを推進する個人のモチベーションが持続せずに、断念される。あるいは、個人のコミットメントがそのままソリューションの質に反映され、そもそもプロジェクトとして微妙ということもままあった。そこから、僕の立場として、まずは個人の自発性が発揮されている状態をつくることを第一の働きかけとしよう、と心に決めたのだった。

この帰結は至極当たり前のように思えるが、実際のところ、この考え方は(少なくとも)日本社会ではほとんど受け入れられていない。「自分のやりたいことをやろう」と言われても、まず、家庭や学校でそれが真に推奨されているケースが少ない。自分が何を求めているのかがわからないという人の方が多数派と感じるほどだ。また、秩序を重んじる環境に身を置く時間が長いため、「自分のやりたいことをやる」=「周囲に迷惑がかかる」と捉えている人が少なくない。さらに、社会規範に沿って選択することが当然視されているため、「自分のやりたいことをやる」=「リスクが高い」という認識も根強い。そして、これが最も根深いと思うが、そうした状況下にあって、「自分のやりたいこと」「本音で思っていること」を周囲にきちんと受け止めてもらった経験にそもそも乏しい。だから、自分の考えや意見を表明しないし、そんなことよりもコミュニティや組織の中で空気を読むことがむしろ優先される。

だから、自発的に事を起こすという事態がそもそも成立しない。一見、「これをやりたい」と自ら主張しているようで、実のところ周りが喜んでくれるからそれをやると言っているだけというケースも散見される。この状況に対応するには、とにかく周囲に気兼ねなく自分の思っていることを表に出す経験を積むしかなく、そのためには、個人の話をきちんと受け止める環境づくりが必要になる。これが、仕事を通して僕がやりたいことの概略にもなっている。

「Spontaneous」とは、だから、わざわざここで口にしなければならない言葉なのだ。自発的であることの稀少性が実は高いゆえに、自明であるようなことを強調しなければならない事態にある。そして、それでもなお、「ドチャベン2018」で紹介された人々のように、自発的に、伸び伸びと生きる姿の美しさを無視できない。だからこそ、「Spontaneous」という言葉が登場した。僕は、そのように理解している。

誤解されたくないのだが、「Spontaneous Entrepreneurship」とは、「人に迷惑をかけてでも」「高いリスクをとって」「やりたいことをやれ」というメッセージでは決してない。むしろ、やりたいようにやり、ありたいようにあることで、結果的に自他が満足し、かつリスクを見極め取るべきところは取り回避すべきところを回避できるという信念に基づいている。つまり、日本社会を取り巻く常識や固定観念とは異なる世界観が、ここには横たわっている。

それゆえに、この「ドチャベン2018」が放つメッセージの分かりづらさがある、と思っている。そもそも、世の中一般に共有されている考え方とは異なる価値観、もっと言えば異なる言語に則っている。しかし、これもまた一つの確かな兆候であるということは言っておきたい。被災地の復興支援の現場で多発した「燃え尽き」、デザイン思考の反省により形づくられつつあるアート思考、海の向こうから日本に伝来しつつある「Authentic」という単語。あるいは、プロジェクト学習という手法がある種の限界に直面していることも、「Spontaneous」という用語の存在感を一層高めているように思える。

 


関連する記事