Tag Archive: コミュニケーション

対話型の組織開発と島の常識・大企業の非常識

カテゴリ:世の中の事


先日、珍しい人とランチを一緒にすることがあった。
いつも忙しく、島外にもよく出張に出かけていて、
いつも自分のこと以上に島のことを考えているような人。
いや、自分のことと島のこととの一致を常に模索していると表現するべきか。

ちょうど1週間の東京出張から戻ってきた
その人(Aさんとしよう)から聞いた話が面白くていろいろ考えてしまった。


対話が「トレンド」であることの不思議

ある組織開発の大きなカンファレンスに出席したAさん。
基調講演の主題とされたのは、これまでの診断型から対話型へ、
組織開発の在り方の新しいトレンドが生まれていることについて。

カンファレンスに出席する大企業の担当者たちは、
その講演にひどく感心していたという。
それを聞いて愕然としてしまった、というのがAさんの話。

仕事で絡むことの少ないAさんの感想にも即座に共感できたくらいに
島では「対話」という概念はごく自然に浸透している。

不確実で、言ってしまえばそう明るくもない未来に対し、
この島で今何をすべきかを日々考えさせられている側としては、
そこに集った人たちが腹を割り、時間をかけて対話するのが大事というのは
(できているかどうかは別として)当然のことのように思える。
そうでもしなければ前向きな未来のイメージを共有するのは難しい。

グローバル市場で日夜厳しい競争にさらされる大企業が
未だ「対話」を組織開発に取り入れられていないというのは、滑稽な話にも思える。
「対話」への注目度の高まりは例えば本屋にでも行けばよくわかる。

対話型をとると一人ひとりが自己変革の必要に迫られる。
一方的な指示を出すようなコミュニケーションをとる上司が
あるときから急に部下への声のかけ方を変えるのは難しいだろう。

Aさんはそう理由を説明していたが、確かにそうかもしれない。
対話の重要性を認識はしているつもりの僕でも、
その実践となるとどうしても自己防衛が障壁になりがちだから。


小さな離島での暮らしもそろそろ4年が経つ。
海に閉ざされた島において、思った以上に先進的な価値観が醸成されてきた。
マジョリティから離れているゆえかもしれない。
だからこそ、その気がなくても正論を振りかざさないようにしておきたい、と思う。


関連する記事

「自分のことはよくわかっている」という嘘について

カテゴリ:自分事


秋田にいたころから、僕は常に「変わりたい」と思っていた。
自己否定の日々を、数限りある自己肯定をスパイスに、
少しずつ理想とする在り方に近づこうとしていた。

海士に移住してからもその基本姿勢はあまり変わらないけれど、
一方でこれまで蓄積してきた「自分」というものが顕在化する感覚を持っている。
変化を求める一方で、「これも自分だ」と認められることが増えた。
それは心の安定ももたらしながら、変化への諦めの表れに見える気もしている。
変わらないでいられることへの安心と焦り。

30歳を超えると変われる人と変われない人にはっきり分かれる、という話を聞いたことがある。
後者にはなりたくない、と思った僕は20代前半だった。
数か月で28歳になる今でも、そのときの焦りは忘れられない。

「自分のことは自分が最もわかっている」のか?

「僕はこういう人間だから」
「私は○○しない性格だから」

一見自己を受容する境地に達したかのような言葉だけど、
話者が無自覚にはっきりと断言するような口調になるとき、
僕は反射的に「この人は自分のことなんて全然わかってない」と思ってしまう。
それは僕自身が「変わりたい」と悩み続けていたゆえなのかもしれない。

普段接する高校生は特にそういう態度を取ることが多い。
僕自身も高校時代はきっとそうだったはずで、
誰もが通る道と思いつつ、つい余計な心配をしてしまう。

自分のパーソナリティを自分で決めつけるような姿勢は
内的にも外的にも変化を拒む態度につながると思っている。

それでも自分の良き理解者は自分である

「○○な自分を変えたい」という動機は
裏を返せば固定化された自己イメージを前提にしている。
異化体験の乏しさよりも凝り固まった自分の方に問題があり、
変化を受け入れるオープンな自己であろうとするのが先決なのだが、
そのためには「○○な自分」像を問いなおす作業が発生する。

そういう意味で、自分のことは自分でもよくわからないのだと思う。
そこを出発点に少しずつ物事の受け取り方を変えてみたり、
具体的な言動を修正してみたりを繰り返していくうちに、
一周回って「僕はやっぱりこういう人間なんだ」と自分を受容できる時期が来る。

僕が自己否定の悪循環のループから次のループへ移れたのは
ちょうど大学3年次の就職活動からだった。

思い通りにならない苦しみを常にどこかで感じながら、
「こうありたい」と「これが自分に合っている」の交わる部分を模索し、
小さく実践を積み重ねていくと、ふと視界が開けるときがくる。
「これでいいのだ」という小さな手ごたえが返ってくることが増える。
この繰り返しで少しずつ大きなループを描けるようになるイメージがある。

もしかしたら、理解することとは
理解しないこと、できないこともあるということ、
理解が変化に追い付かないことも含めてのことなのかもしれない。
こうした達観も、ある種の納得と同時にやってきたりする。

自分の経験が一般的なものなのかはわからないが、
高校生と接するときも長い目で見ることと同時に、
彼・彼女らにとって好ましい変化の機会を準備することも
また抜け目なく、怠らないようにしたい、と思う。


関連する記事

「会話」に対する苦手意識と変わらないでいられる有難さについて

カテゴリ:自分事


島暮らしもそろそろ丸4年が経つところ。
秋田の片田舎から大都会・東京、そしてまた離島というド田舎へ。
田舎での生活に戻ったことで、改めて自覚させられることは多い。

苦手意識というものはそう簡単に克服できることではない。
僕にとって、「たわいもないおしゃべり」というものはその一つ。

「会話」と「対話」の二項を並べてみると、僕は後者を好む。
コミュニケーションの中で互いの価値観を交換しながら
自分がどういう点で相手と異なるのかを確認する中で、
自分自身についてもっと理解したいという欲求が強い。

一方、前者は手段そのものが目的になっているようなもの。
それもまた価値のあることだと頭で理解できなくはないのだが、
どうしてか「会話」と「対話」では前者が劣ると考えている節がある。

「対話」には目的がある。
コミュニケーションする二者が目的を共有できなければ
「対話」が成立するのは難しい。

「会話」と「対話」が求める前提の違いが、
両者に優劣をつける僕の態度をつくっているように思う。

コミュニケーションに対する2つの態度

最近、「LINEやってないの?」と僕に尋ねる人たちは
大きく”同級生”という括りでまとめられるのではないかと気づいた。

なお、僕は専らFacebookを利用しており、LINEは頑なに避け続けているのだが、
それによって海士町内の暮らしに困った記憶はない。

島に移住してから”同級生”たちと会う数少ない機会の中で、
僕が好む「対話」に消極的な姿勢を相手に感じるシーンが何度かあった。

見えてきたのは、人間関係に対する態度の違いだ。
その態度は大きく2通りに分類できるのではないかと思っている。

1.多様な関係がつくれるように自分のコミュニケーションの在り方を変える
2.自分にとって心地よい関係をつくれる人とそうでない人を選別していく

当然ながら、ある個人はこのどちらかの態度しか持ちえない、ということではない。
この2つは両立するが、その軽重が人によって異なるということだと認識している。

「会話」に苦手意識を持ち、「対話」的なものを好む僕から言わせてもらえば、
前者は「対話」的関係、後者は「会話」的関係と分類できそうだ。

つまり、僕は前者を非常に重視しているということなのだが。

直感的にわかるように、前者はコストがかかる。
相手に対しても求めることが大きく、成立の条件は後者よりも厳しい。
特に困ることがないのであれば後者に集中していた方が楽だ。

後者の態度が取れない僕は、我慢することができないのだと思う。
どうあがいても、人生において苦手な人とコミュニケーションすることは避けられない。
それが我慢できないから、無理に苦手な類のコミュニケーションを克服しようとする。

「苦手な相手がいるのはしょうがない」と受け入れることができれば、
あるいは苦手なコミュニケーションによる影響が小さいのならば、
苦手をさほど意識することもなく、その都度コミュニケーションを成立させることに集中できる。
わざわざ自分の在り方を変えずともストレスは少なくて済むということだ。
それができる人は僕にとって「大人」に見える。

変わらないでいい関係性の有難さ

そういう意味で”同級生”たちは、僕からすれば「大人」だ。
現状の良い面も悪い面も引き受けることができているから。
(それでよいのか?とつい自分を正当化したくなる自分もまたいるのだが)

しかし、ここまで書いておきながら、実のところ”同級生”と共に過ごす時間は楽しい。
創造的、生産的なコミュニケーションではないかもしれないが、
気の置けない関係とはこのことか、と有難く感じることの方が多い。

僕にとって、今でも交流のある”同級生”は
意識せずとも心地よい関係を築ける相手なのだろうと思う。
こんなことをわざわざブログに書いている自分のさもしさも情けないが。

会話が苦手な人の4つ共通点とは・・・↓

1、無反応、無表情
2、何を話そうか考えている。
3、極端に失敗を恐れている。
4、たんに練習不足

会話が苦手な人の4つ共通点、あなたは知ってましたか? | THE FREEDOM

「会話が苦手」という人は思ったより多いようだ。
それはまた技術や慣れによって解決することができるのだが、
単に「苦手」を強く意識しすぎているということもあるのではないかと思う。
もしかしたらコミュニケーションに生産性を求めすぎているのかもしれない。

誰とでも心地よく「会話」ができるというのは一見理想的だが、
その挑戦の過程ですり減っては本末転倒のようにも思える。
コンフォートゾーンが自覚できているからこそ程よく挑戦できるという見方もできる。

無理に変わらなくてもいいという有難さにちゃんと戻れる自分でありたい。


関連する記事