Tag Archive: 秋田

横手市でシナリオ・プランニングを体験した話

カテゴリ:世の中の事


SecretMediaBase-MIRAI

11/23から長めの休みを取って実家に帰省しておりました。

11/24には横手にある「秘密基地MIRAI ( Secret Media Base – MIRAI – )」にて、
第4回50 aktia project(以下、5oAP)に参加してまいりました。

50APについて

50APはNPO法人Yokotterの代表である細谷拓真さんが主催するプロジェクト。
不確実な未来を、秋田に住む誰もが共有できる「秋田の未来」としてとらえるために、
これからの秋田が目指すべき目標を議論し、定めていくことを目的としています。

今回の50APは「居住の未来」がテーマ。
この日のスケジュールは以下の通りです。

50ap_menu

本題に入る前にまずは腹ごしらえということで、
紅玉さんのお弁当を頂きました。

kogyoku_deli

秋田の人たちに伝えるべき海士町の話

参加者の自己紹介タイムの後、約45分お時間をいただいて、
僕からみなさんに海士町の話を紹介させていただきました。

僕が海士町を知り、訪れ、移住した経緯について触れつつ、
Iターンの視点から海士町の魅力を伝える。
少し時間オーバーしましたが、その後は質問も多数頂きました。
時間の都合で回答できなかったものもありましたが、
FBなどで可能な限りお答えできればと思っています。

僕が伝えたかったのは

・『やりゃええだわい』という言葉
・フェアであること
・「世間は狭い!」
・「ないものはない」のスタンス
などなど

少しでも海士の魅力を伝えられたなら幸いです。

IMG_1207

「シナリオ・プランニング」と未来新聞づくり

続いて「シナリオ・プランニング」に入ります。

ワークショップに参加することは少なくないと思いますが、
今回はじめての「シナリオ・プランニング」となります。
結論から言うと、実に刺激的で面白いワークでした。

まずは2050年に起こりうることを想像して書き出す「サイレント・ブレインストーミング」(一人ブレスト)。
通常、ワークショップはブレストや対話がメインであるケースが多いと思います。
今回は「Society」「Technology」「Economy」「Politics」の4グループに分かれて座りましたが、
まずは一人で黙々と付箋に書き出す作業から入ります。

この孤独な作業がまず面白い。
ついつい「起こりそうなこと」ばかりに目が行き、すぐにアイデアが枯渇してしまいます。
どれだけ冒険できるか。自分の発想の限界との挑戦はなかなかエキサイティングでした。

その後、それぞれ書き出したものをグループで確認しあい、
グルーピングしたり、新しいアイデアを加えた後、
アイデアを「インパクトの大きいもの」と「インパクトの小さいもの」に分け、
その中で不確実性の高いものを選んでいきます。

グループでのワークが終わり、今度は全員で面白いアイデアに投票していきます。
注意すべき点は、「不確実性の高いこと」に投票すること。
4つの分野について1人3票。投票が終わったら、人気の高かったアイデアを上位5つずつ貼りだします。

step_ideas

 

全員でシェアした後は「マトリックス・マッピング」に入ります。

matrix_mapping_intro

 

細谷さんからの解説が入ります。
たとえば「出生率」の軸と「収入格差」の軸をとるとしましょう。
そして「出生率」の軸の両端を「(出生率が)2倍になる」「半分になる」と、
「収入格差」の軸の両端を「(収入格差が)拡大する」「縮小する」ととります。
そうするとマトリックスに以下の4象限がとれます。

・出生率:2倍になる 収入格差:拡大する
・出生率:2倍になる 収入格差:縮小する
・出生率:半分になる 収入格差:拡大する
・出生率:半分になる 収入格差:縮小する

この4象限についてそれぞれ「未来新聞」を書いていきます。
出生率が2倍で収入格差が拡大する世の中で起こりうることとはなにか。
2050年に起こりうることを想像し、2050年の新聞を全員で書いていきます。

「マトリックス・マッピング」はこの軸選びの作業。
未来新聞づくりに向けて、非常に重要なワークになります。

まずはおなじみ?「サイレント・ブレインストーミング」。
軸になる項目とその両端を黙々と書き上げていきます。
「居住の未来」のテーマに沿った軸を考えるのが意外と難しい…!

それから全員の付箋をホワイトボードに貼りだして、投票。

matrix_axes

 

こんな感じのアイデアが出ました。

大量の軸候補から複数票が入ったものをさらに絞り込み、決選投票。
選ばれたのは、以下の2軸です。

・医療費が 5倍になる/無料になる
・住居の主流が 集合住宅になる/一軒家になる

mirai_paper_before

こうして浮かび上がる4象限をいよいよ「未来新聞」として具体化していきます。

最後のワークも実に面白い。
4グループに分かれ記事を書きはじめますが、5分で隣の新聞作成に移ります。
当然5分で書き上げられるわけないですが、途中でも移動しなければなりません。
次のグループは中途半端なままの記事を見て、その意図を想像しながら続きを書きます。
5分×4回で4つの新聞に全員が関わった後、ワークは終了。
出来上がった新聞をもう一度見渡、推測を織り交ぜて発表に入ります。

mirai_paper_1 IMG_1222

IMG_1221 IMG_1219

あっという間の2時間だったのでした。

「シナリオ・プランニング」を振り返ってみて

・「サイレント・ストーミング」

ワークショップはコラボレーションが基本だと思っていましたが、
沈黙した場で各自がワークに没頭する時間にはまた違った面白さがあります。

自分の頭が強制的に活性化される感じ、心地よい疲労感は癖になりそうです…。

・「限られた時間」

内容が充実しておりゴールもあるプログラム。
果たして2時間で終わるのかな?と最初は若干不安が…。

ふたを開けてみると、たしかに各ワークの時間は短めでしたが、
かえって集中力が増し、密度が濃ゆくなったと感じました。

・「求められる想像力」

未来を考えるというのは、実はふだんはやらないこと。
もちろん、これには想像力が必要になります。

意外だったのは、参加者間でも想像力が求められること。
十分にコミュニケーションを取り、合意形成をした上でワークに入るわけではないので、
それぞれがそれぞれの意図を推察し、想像することがワークの鍵となります。

会話するとついつい理解しあえたような気になってしまいます。
アイデアだけが目の前にある状態だと、その意図を想像せざるを得ません。
これは面白かったなー。

・目線合わせの難しさ

手順があり、ゴールのある作業をする上で参加者の目線を合わせるのは、
ワールドカフェのような手法に比べ難しいなと感じました。
僕自身、ワークの途中で目的を見失っていることを自覚することが多かったです。

悔いが残る部分もありますが、次へのモチベーションにつながるという意味ではよかったのかもしれません。

 

何より、プログラム終了後の、長距離を走り終わった後のような参加者の顔が印象的なワークでした。
ワーク後も参加者同士で盛り上がり、日曜日の夜にもかかわらず、僕が会場を後にしたのは23時過ぎ。

シナリオ・プランニング、個人的にも勉強したいなと。
いろいろと学びの多い1日でした。

わざわざ横手まで来た甲斐があったというものです!
参加者の皆さん、ありがとうございましたー!

 


関連する記事

”とりこ”になる若美メロンは、秋田が誇る珠玉のフルーツ

カテゴリ:自分事


”とりこ”になる秋田のフルーツ

わたしたちが、地元秋田県産の“とりこ”になるほど美味なフルーツと出会い、メルマガを通してご案内をはじめたのは一昨年のこと。現在の一般的な市場流通の仕組みでは、なかなかみなさんの口に入ることがない「完熟」の旬の食べ物。それを生産者さんが自信を持って出せるタイミングでお届けする。「“安心”で本当においしいものを召し上がりたい方に、できるだけ生産者さんのお人柄も近く感じていただけるようにお届けしたい」そう願って模索してきました。

TORIKO Fruits|Vol.1 大渕常夫さんの若美メロン | casane hito tsumugu mono

高校の大先輩・田宮夫妻のユニット、「casane tsumugu」。
お二人の、秋田―北東北に対する深い愛情がにじみ出る文体で紹介された、真心のこもった品々。

秋田県男鹿市(旧若美町)の大渕常夫さんが育てた「若美メロン」もその一つです。

昨年もメルマガでお知らせをいただき、非常に関心を持っていましたが、
今年の夏、とうとう念願の注文。蒸し暑い海士町の夏を潤す果実の到来が待ち遠しかった…。

なお、このメロンは最高の「旬」のタイミングのときのみ出荷されています。
したがって注文できるタイミングも限定的です(2013年分は終了)
気になる方はWEBサイト右側のメールマガジン申し込み欄からメルマガ登録をお願いします

メロンが僕の口に入るまで

僕が注文したのは、アムスメロン(2Lサイズ)4個入り
一人で1度には食べきれないし、せっかくの機会なので、海士町内の何人かで共同購入しました。
 もちろん、仲間たちに秋田の美味を味わってほしかったのもありました(まだ食べていないくせに)。

到着は8/1。常温で届いた4つのメロンは、持ち上げるとずっしりと重い。
その堂々とした風情に、生産者の愛情と誇りすら感じるくらいに(言い過ぎ?)。

「食べごろは8/2ごろ、皮を押して少しやわらかくなったらOK」
「冷やして食べるとよりおいしい」
「熟れすぎたと感じたら、冷凍してミキサーにかけスムージーがおすすめ」
などなど。

メロンに添えられた手書きのメッセージにも、丁寧な配慮が見られます。

共同購入者にもその日のうちにデリバリーし、メッセージの内容もしっかり伝達。
みなさまの笑顔を想像すると、こちらまでにやにやしてしまいます。

が、保存時に痛恨のミスを犯しました。
届いたその日にメロンを冷蔵庫に入れてしまったのです

後で知りましたが、メロンは冷蔵庫での保存はご法度です(常識?)。
低温障害(?)を引き起こし、熟成が止まって、劣化に転じるとのこと。
冷蔵庫の中のメロンは一向に熟す気配がないのでおかしーなと思い、
ネットで調べて慌てて冷蔵庫から出し、常温で保存し直すこと丸1日。
ようやくやわらかくなったメロンを再度冷蔵庫にいれて冷やし、しばし待つ。

「せっかくのメロンがダメになっていないだろうか…」
そんな不安を抱えつつ、丸々としたメロンに包丁を入れます。

ジューシーな果実との出会い、そして感動へ

IMG_1104

一刀両断の後、種を取り除いたの図。

何とも言えない、あまーい香りが漂ってきます。
冷蔵庫保存による品質劣化は杞憂に終わったようですね。

種を取り除くと、中央のくぼみにはたっぷりの果汁が…!

IMG_1105

どうですか、このジューシーさ!
思わずアップで撮りましたが、近づきすぎて伝わらないか…笑

もう待ちきれない、ということでさっさと切り分けます。

IMG_1107

果汁があふれんばかりです。というか、あふれちゃいました。

予想以上のジューシーさ。スプーンで食べるなどと悠長なことはしていられない。
がぶりと食らいつきます。

IMG_1108

甘い!

こんなに率直に己が美味を主張するメロンと出会ったことがありません。
柔らかい果肉が持つメロン独特の甘さと香りが強烈です。いっそ潔い。

そしてあふれ出る果汁!

ほっておくと汁がどんどん皿に流れてしまいます。
行儀が悪いですが、かじっては「じゅじゅじゅ…」と汁を吸う。
これがまたうまい。完熟とはこのことか…!

皮の周辺までやわらかく、さわやかな甘みがあり、最後までおいしくいただけます。
序盤から旨みの洪水に襲われつつ、後半に口中をリセットしたうえで次の一切れに挑む。
これ、いいですねえ。

あまりのおいしさに、1/4個をわずか1分ほどで食べきってしまいました。
ノンストップ・完熟メロン。いやー、んまかった。

”とりこ”になる。

この言葉の意味がよくわかりました。

来年の収穫が今から楽しみです笑
そして、来年こそは常温保存で、完全なる熟成メロンを食したい…!


関連する記事

秋田魁新報「あしたの国から 人口減社会を生きる」に海士町が紹介されています

カテゴリ:自分事


島根県の沖合約60キロにある隠岐諸島の海士町(あまちょう)。面積33平方キロの半農半漁の島に、全国から年間約千人が視察に訪れる。町独自の取り組みに関心を示す若者が日本中から集まっているためだ。人口減少が進む自治体の担当者が、ヒントを得ようと足を運ぶ。

あしたの国から 人口減社会を生きる:第6部・将来への手掛かり(7) [離島に学ぶ]賄えない人材を募る|さきがけonTheWeb

2013年のさきがけ特集記事「あしたの国から 人口減社会を生きる」。
先日東京支社から記者の方が海士町を訪れ、希少な秋田出身である僕も取材を受けました。

海士町では多くの取材、視察を受け入れていますが、僕自身の取材は初でした。
まとまりのある話がなかなかできなかったのですが、伝えたかったニュアンスがしっかり記事になっていて感動した次第です。

海士町にこれだけ島外から若者が集まるのは、10年以上前から積極的にIターンの受け入れを開始し、
地域に馴染めるようあれこれと面倒をみてくれた町民のみなさまの存在が不可欠だったのは言うまでもありません。

しかし、もうひとつ重要な点として、そういった土台の上に、まず面白い仕事、町に必要な仕事を定義し、
その役割を担える人材を島内外を問わず募集する姿勢があったのではないかと思っています。

仕事が移住に先行することで、移住者は純粋に仕事の魅力と人の魅力にひきつけられます。
移住する際には、必ずしも「永住」の決意は必要ありません(それは往々にして過度の重圧となります)。

実際に住んでみて、本当に気に入ったなら改めて永住を決める。
それはまるであるべき自由恋愛の姿と重なるような、「フェアなあり方」だと思っています。

町は移住を歓迎するが、「永住」は前提としていない。町は島では賄えない人材を募り、移住希望者は島で手掛けたいことを提案する。一定期間住めば奨励金を出したり、家屋を無償譲渡したりする本県一部自治体の定住対策とは異なる。

あしたの国から 人口減社会を生きる:第6部・将来への手掛かり (7)[離島に学ぶ]賄えない人材を募る|さきがけonTheWeb

町長や課長を差し置いて僕の写真が掲載されていて大変恐縮です…笑

※リンク切れの場合は下記リンクをどうぞ。
http://megalodon.jp/2013-0624-1102-26/www.sakigake.jp/p/special/13/ashitanokuni/article6_07.js


関連する記事