過去のブログでお気に入りの10記事

カテゴリ:自分事


どこかで「ブログを書き、それを都度読み返せ」という記事を読んだので、
久々に過去のブログを読み返してみました。

海士町に来た後の記事は、久々に読んでも違和感がそこまでありません。
内容もそうですが、文体がずいぶん変わったような印象があります。

振り返りながら、今の自分の視点から「これは書いてよかったな」という記事を10ピックアップしてみました。
やはり、海士町来島以降に書いた記事が大半を占めます。
それと前後するタイミングで、「自分が書きたい記事を書く」という境地に近づけたのかもしれませんね。

・自分の子どもの死体を遺棄できる心境を思う

2010年7月に起きた、大阪の2児死体遺棄事件を受けて。
mixiニュースについたコメントの配慮のなさ、当事者意識の欠如に腹が立って、こんな記事を書きました。
Twitterでも何度かRTされ、僕のブログとしては珍しく一日で100以上のPVを達成しました。

・秋田の婚姻率が低いのはなぜか―結婚しない/できないの根本

「どうやったら結婚率は上がるのか」について知人とやり取りをした後でまとめました。
結論から言うと、結婚のハードルが上がっているから、結婚が減るのも当然だよね、ということを書いています。
しかし、それが少子高齢化の進む秋田の中でコンセンサスが取れているかというと、微妙です。
問題意識をまず共有すること、そこから建設的な議論ができるのではないか、という思いも込めて。

・「個人」が求められる時代とコミュニティのあり方の変遷

広井良典著「コミュニティを問いなおす」をベースに、「個人」が台頭するに至る背景を考えてみました。
単に「個人の時代だ!」と煽るだけでなく、コミュニティの変遷と絡めながら、コミュニティが縮小し、個人がインターフェースとなりつつあるという視点を入れてみました。

・続・「個人」が求められる時代とコミュニティのあり方の変遷

上の記事の続編です。
コミュニティの変遷のメカニズムについて捉え方を提案しながら、新しい時代に求められる教育と「言語化」について述べています。
これらの記事から、僕がなぜ教育という分野に関心を持ったのかが伝わるかもしれません。

・「津山三十人殺し 最後の真相」は読んでみるといいと思う

戦前に起きた、たった一人の男が起こした残虐な事件。
現代を生きる著者がその事件の背景と謎を追ったノンフィクションを読んでの書評です。
「昔ながらのコミュニティ」が、果たしてそんなにいいものだったのだろうか?
その二面性に迫ることができる良書でした。

・ワカモノの不安と大量生産・大量消費される価値観

震災後、Twitterのなんとなく抑圧された感じにうんざりして書いたのがこの記事です。
価値観という足場を揺さぶられながらも堕落しないように必死に乗り移っているような構図が見えたことが、この記事を書く動機となっています。

・【メモ】責任の分散された都市部と買占め – 同居人のブログを読んで

これも震災に絡んでの記事。
震災後、ところどころで語られるエピソードが僕の関心ごとにリンクし、この記事を書くに至りました。
海士町に来たからこそ書けた記事であることは間違いありません。

・【終了】 #komachi115 4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト【動画あり】

震災直後から運休していた秋田新幹線「こまち」の運行復旧を祝うプロジェクトの紹介記事。
こういう紹介記事が即座に書けたことにちょっと感動してしまったのはここだけの話。

・高校生に新生児を置き去りに”させてしまった”日本社会という捉え方

2011年5月、秋田県南部の高校生カップルが生まれたばかりの子どもを公園のベンチに置き去りにした事件。
自分の子どもの死体を遺棄できる心境を思う」の事件との共通点を感じてしまい、書かずにはいられなくなって書いたのがこの記事です。
もっと建設的な議論が世の中に広まれば良いのに…。

・自分らしい働き方を実現する社会に-「スローキャリア」

キャリア関連の本を本格的に読み出そうと思ったところで、最初に手をつけた高橋俊介氏の著書の書評。
この本は自分らしい働き方を自分なりに模索し、自分でキャリアを切り拓きたいという方には間違いなくお勧めです。

このリストに負けないような記事を今後も書いていきたいです。切実に。


関連する記事

ソーシャルメディアで見られるポジショントーク

カテゴリ:世の中の事


・Twitterでは自分の価値観を発信した方がいい
・ソーシャルメディアで人脈を広げることで、今後転職も有利になる
・ソーシャルメディアが浸透し、より個人が重視される時代になる

Twitterを見ると、こういう言説は幾らでも見ることができます。

注意するべきは、これらが発信者からの「ポジショントーク」ではないか、ということです。

名言じみたツイートが幾らでもRTされる時代(「またかよ」と思うこともしばしば)。
ついつい「うけそうな」発言をしたくなるのが、ソーシャルメディアというものです。

僕がうんざりするのは、発信者が自分の立場を肯定するために、
「これからはシェアの時代だ」なんて言っているときです。

その人が時代を先行したい、と思うのは勝手ですが、
自分の生き方が先進的であることを示すために、こうつぶやくのはどうかと思います。
「こんな生き方は古い。これからはこの生き方だ」

はっきりそう言わなくても、暗にそう思っているんだろうな、と感じる場面、結構多いです。
そういう人ほど「自己責任論」を振りかざすことが多いです。
つまり、「あなたが成功するのも失敗するのもあなたのせい」という立場。

以下は仮説です。
「自己責任論」は恵まれた人間関係の中に育った人の特徴ではないか、そう思っています。

自分も自分の周囲も自らの努力でがつがつと道を作る。
意識の高い人にばかり囲まれれば、それが当たり前になります。

そういう人はえてして「自分は何でもできる。できないのは努力が足りないからだ」と考えがちです。

個人的には「努力ではどうしようもないものがある」と思っています。
鬱病患者に「頑張れ」と言う人はこのご時世ではもうそろそろいないでしょう。

僕の立場からすると、例えば「意識の高い学生」のメッセージには違和感があります。
たぶん、ポジションを確立するために多少力んでいるところがあるんでしょう。
「人それぞれ」、そう認めるだけでも力む必要もなくなるのに。


関連する記事

【終了】海士町・隠岐國学習センターのインターンスタッフを募集します!

カテゴリ:告知


僕が勤務する隠岐國学習センター(島根県隠岐郡海士町)のインターンスタッフ募集の告知です!

隠岐國学習センターの特徴

○地域唯一の高校・隠岐島前高校との連係型塾
→一般的な進学塾・学習塾とは異なり、島の高校と連係をとって生徒の進路実現を支援します。
○社会人基礎力向上を図る「夢ゼミ」を実施
→学力だけでなく、社会に出てからも通用する個人を育てるPBL型授業「夢ゼミ」を実施しています。
(※PBL…Project based Learning。大学のゼミ形式に類似した、問題解決型授業のこと)

隠岐國学習センターでインターンをするメリット

○設立間もない公営塾の仕組みづくりに関わることができる
→隠岐國学習センターは昨年度設立され、昨年度卒業生の多くが大学進学を実現しました。しかし、持続的な運営体制の確立のためには運営や学習指導の面で「着手したいけど人手が足りない」ことがまだまだあります。
○島内の学力格差、都市部との教育格差など、島前地域特有の課題を解決する。
→0から1を生み出すこのプロセスに携わる過程で、多くの学び・気付きが得られるはずです。
○全国的に注目される離島・海士町の挑戦に携わることができる
→地域活性化の事例として全国から視察が訪れる海士町。人口約2400人の島で、ここ数年のIターン者は250人余りにのぼり、チャンスを求める多様な若者が各地から集まっています。
海士町の第4次総合振興計画「島の幸福論」をプロデュースしたのは、先日の情熱大陸にも出演した「コミュニティデザイン」の著書、山崎亮氏。この「島の幸福論」は2010年度グッドデザイン賞を受賞しました。
島一丸となって地域活性化に取り組む海士町においては教育の充実は島の存続と発展の為に不可欠であり、重要課題に位置づけられています。
海士町が運営する「隠岐國学習センター」で、教育の課題解決と地域活性化の一翼を担う。教育や地域活性化に関心のある方の挑戦の場が、ここにあります。

与えられた仕事をこなすだけでなく、自ら仕組みをつくり、よりよい学習環境をつくりたい。
そんな意欲を持った方、まずはお問い合わせください。

詳細の確認、お問い合わせにつきましては海士町のホームページをご覧ください。


関連する記事