大学生と社会人の交流を目的とした1泊2日のワークショップの内容について

カテゴリ:自分事


※2017/12/04 2日目のワールド・カフェの構成案を追加
※2018/02/12 OSTもどきは「マグネットテーブル」と呼ぶことを知ったので一部訂正

秋田では珍しいダイアローグに重きを置いた場をつくる

11月のとある土日で、秋田県内大学が主催する1泊2日のワークショップがあった。ざっくりとした目的は、大学生と地域の社会人の交流を図るというもの。学生と社会人はだいたい半々くらい、運営も含めて総勢40名弱。そのうち通しで参加したのが30名弱。会場は秋田市内の宿泊もできる青少年交流施設的なあれ。

当日のプログラム設計からファシリテーションまで、ほとんど任せてもらえるというありがたくもちょっとした勇気のいる機会に恵まれ、なんとか1泊2日を参加者と共に走り切ることができたな、というのが個人的な感想。ほっとした部分と、自分自身の世界観や仮説に対して手ごたえのある反応があった、という部分と。

僕が重視したのは「ダイアローグ(対話)」だ。秋田に戻る前から薄々感じていたが、「まちづくりのアイデアを出そう」といったワークショップはちらほらあるものの、人と人とが普段と異なるかかわりの中で、対話を通じて内省や自己変革を深めていくような場は秋田にはほとんどなかった。

ダイアローグの文化のない秋田でダイアローグに重きを置いた場を設ける。それが立場の異なる人間が集まり交わる時間をできる限り充実させることになるのではないか。そんな仮説を持ちながら迎えた当日だった。

1泊2日の趣旨および内容

質の良いダイアローグは、質の良い関係性から生まれる。2日間を通じて強調したのが「傾聴」だった。この言葉自体や手法にこだわったというより、「ひとのはなしをきく」ということの重要さにフォーカスしてほしい、という意図で、この言葉を再三繰り返すことになった。

また、学生向けの告知チラシには「みんな、どうやってやりたいことを見つけるんですか?」という言葉を載せた。安易とも思いつつ、それが学生共通の興味関心であろうこと、学生よりも長く社会人と共に取り扱う内容として適切であろうことを想定して。

その上で1泊2日で用意したのは以下のプログラムだった(ところどころ休憩をとっている)

[1日目 13:00~21:30]
○テーマ:「傾聴」をベースとした場の中で聞き合い語り合う中で、自分を振り返るとともに、「傾聴」の意義を感じる
(1)主催者あいさつ(全体)
(2)なぜワークショップなのか+グランドルール+2日間で取り扱う傾聴について(全体)
(3)アイスブレイク(全体)
・なんでもバスケット(フルーツバスケットの何でもあり版)
・ピクチャーコミュニケーション(正式名称不明、お題を絵で描いて当てる)
(4)グループ分け&自己紹介(グループ)
(5)グループルールの検討(グループ)
(6)傾聴ワーク+グループルール再検討(グループ)
(7)人生グラフのシェア(グループ)
(8)Open Space Technology(もどき)マグネットテーブル(全体)

[2日目 8:00~12:00]
○テーマ:1日目で得た様々な視点を助けに、理想の未来に近づくための次なる小さな一歩を自分なりに描く。
(1)チェックイン(全体)
(2)ワールド・カフェ(全体)
・テーマ:「みんな、どうやってやりたいこと/在りたい姿を見出すんですか?」
・ラウンド1:自分にとって、「やりたいこと」「在りたい姿」を見出す意義って何だろう?
・ラウンド2:自分にとって、「やりたいこと」「在りたい姿」を見出すために、どんな手立てがしっくりくるのだあろう?
・ラウンド3:自分にどんなチャンスや手助けが訪れたら、「やりたいこと」「在りたい姿」を見出すための”一歩”を踏み出すことになるのだろう?
(3)未来グラフの作成(個人)
(4)未来グラフの共有をしながらチェックアウト(全体)

ワークの数はそこまで多くない。それぞれの内容については当日の投影資料をアップしているので、そちらをご参照頂きたい(導入部や僕以外の運営スタッフの自己紹介のスライドは省いた)。

171125-26ワークショップ当日投影資料 from Yushi Akimoto

1泊2日全体のピークは「人生グラフ」にある。ここまでに安心して自己開示をしあえる関係性をつくりあげた上で、日常生活の中ではなかなか触れないことを人生グラフを通じてシェアし、かつ暖かく受け入れてもらえる、という状況をつくる。それが何よりも、「他者と関わる」ことの意義を実感することにつながると思ったからだ。

その後は「OST(Open Space Technology)マグネットテーブル」と「ワールド・カフェ」を用意していたが、これはポジティブなシナリオであり、「人生グラフ」までに参加者があまり盛り上がらないようだったら、別のワークに差し替える必要があると思っていた(が、今考えれば、その時点で盛り上がっていない=1泊2日全体が失敗となっていただろう)。

なお、2日目のワールド・カフェについては、3ラウンドそれぞれ微妙に異なるテーマで検討する、というチャレンジングな試みをやってみた。ここは僕自身の”欲”が出たところで、この場、この関係性であるならば、ワールド・カフェを有意義な時間とすることができるだろう、と思ったから。具体的には、下記のような構成を検討した(初日の深夜に)。

設計上の工夫や機能したこと、好評だったポイント

プログラムを設計する中で意識としたのは以下の点だ。

・ワークショップや対話型のコミュニケーションに慣れていない参加者が大半を占めることが予想されるため、アイスブレイクや構成的なワークで徐々に慣らしていく。
→スタートから3時間でようやく本題の「人生グラフ」に入る構成に。
・学生と社会人の比率が1対1程度のため、パワーバランスが社会人側に傾かないようにする。
→「傾聴」ワークやグループルール設定で”けん制”。

このような点が機能したのか、「人生グラフ」の時間は非常に深い経験のシェアがなされていたように感じている。正直、想定以上の場になった(自分でも何が起きたのかよく分かっていない)。ある参加者からは、「人生グラフの前にグループルールを考えるのが良かった。あれでみんな、お互いに話をしっかり聞き合おうという雰囲気ができたと思う」という声があった。なるほど。

あとは、「人生グラフ」のメッセージカードは好評だった。僕自身も大好きなひとときなのだが、A6サイズにびっしりとメッセージを書いてくれる人も割と多く、「メッセージカード読んでいたら思わず泣きそうになった」という声も。

「人生グラフ」までのところがうまくいけば、その場に集まる他の人たちへの関心がきっと湧くはずで、そうなれば自ずと話したくなる空気のまま対話の時間に入れる、そう思っていた。実際、学生からは「もっと話したかった」という感想がちらほらあったらしい。確かに、今思うと、もう少し自由におしゃべりする時間や機会を設ければよかったかもしれない。一方で、物足りないまま1泊2日を終えれば、今後も他者と関わろうとする意識に向くだろうし、それはそれでよかったのかなとも思う。

反省点・改善すべき点

逆に、もっとこうした方が良かったな、と思う部分は、挙げればキリがないくらいにある。個人としての反省に焦点を当て、ざっと箇条書きに並べると、

・(個人的には)肝心の「傾聴」ワーク全体のつくりこみが甘く、導入部で全体のコンテキストの中でなぜ僕がその話をしているのかがわかりづらいものになってしまっていた。実際、寝ている人も何人かいた。
・夕食後21時半までワークをするのは負担が大きかった。むしろワークを20時まで伸ばし、そのあとは夕食~自由に交流、という流れの方がよかったかも。
・ワールド・カフェは3ラウンド実施したがやはり時間が足りなかった。また、初日の冒頭から、このテーマを取り扱っていくんだ、ということの強調が足りなかったようにも思う。ワールド・カフェ自体は盛り上がったと思うが、全体の中のつながりが弱かったという印象。
・参加した社会人の社交性に助けられた部分は多い。人選も運営の非常に重要なポイントではあるものの、たとえばワークショップに不慣れな学生のみの場だったらどうなっていたか……。

総じて、事前の準備が甘かった部分が僕の内面に不安として反映され、進行上のリスク(曖昧なしゃべり方、文脈の欠如)につながっていた、ということだと思う。

参考図書

設計や運営に当たり参考にした書籍を以下に並べておく。

この本で紹介されている「プログラムデザインマンダラ」は実に有効なツールだった。しかしそれ以上に、中野先生の世界観に支えられたな、と思う。2、3度読み返した本。

ジュンク堂書店で出会った本。高校生や大学生等の入学時オリエンテーションで行われてきたワークショップの実践が詰まっている。特筆すべきは「原則強制参加のため意欲が低かったり、対人不安を抱えている人がいることを前提とした場づくり」のノウハウが詰まっているところ。学校の授業の中等でグループワークを取り入れたい人は読んどいた方が良いと思う。グループワークをやろうなんて考える人は、グループワークをしたくない人の気持ちがきっとわからないはずだから。

ダイアローグというよりはアイデアだしのノウハウに偏ってはいるが、アイデアソン全体を通した設計や進行のコツが書かれているのがGood。僕が目指した対話型のワークショップとはどういうものかを浮き彫りにする参照点とさせていただいた。

2日目のワールドカフェのテーマは、1日目の様子を踏まえてその夜中に一気に作ったものだった。そのときに参考にしたのが本書だったが、直感を信じて当日もバッグの中に忍び込ませて本当に良かったと思う。ワールド・カフェをやってみたい人はまず読んどけって感じ。

アイスブレイクに使えるゲームがいろいろ紹介されている本。結局この本で書かれているワークは使わなかったが、どのような点に注意すべきかの観点が得られた。(実は)アイスブレイクがあまり好きじゃない僕にはいろいろ参考になった一冊。

最後に

今後も秋田を中心にこうした対話の場をつくっていきたいと考えている。といっても、当然ながら僕一人では”場”にはならない。やってみたいというところにははせ参じたいと思っているので、どうぞお気軽にご連絡を。

また、この長文の記事でも書き切れていない部分は多く、「これってどういうこと?」「具体的にどんなことをしたの?」と気になる方は、お気軽にお問い合わせください(例えばTwitterアカウントはこちら)。


関連する記事

「難しいけど○○したい」って言われないと応援できない

カテゴリ:世の中の事


「○○したいけど、難しい」と「難しいけど、○○したい」

地域で何か新しいことにチャレンジしたり、縁もゆかりもないところに移住したり、普段と異なるコミュニティに飛び込んでみたり。

日常からの「ジャンプ」が必要な場面には「覚悟」が伴うものというのが通説で、「ジャンプ」するための心構えやノウハウを、安心するための材料として求めたくなることもある。

「ジャンプ」を妨げるのは、未知の領域に足を踏み入れ、「うまくいくかどうかわからない」ところに足を踏み入れる恐れ。「○○したいけど、難しい」。そう言って、なかなか踏み切れない場面が良くある。

そんなときに大事なのは、「難しいけど、○○したい」と言えるかどうかなんだな、ということに最近改めて気づいた。もともとは、現在神山町に住んでいる西村佳哲さんが「『○○だけど、難しい』と『難しいけど、○○したい』は似ているようで全然違うよね」と紹介してくれたものだった。それを聞いたときは、なるほどなあ、というくらいだったけれど、五城目に移住してから、「難しいけど、○○したい」の持つパワーを再認識したのだった。

「○○したいけど、難しい」は、「難しい」に重心がある。もしかしたら、「○○したい」が「難しい」に負けてしまっているのかもしれない。逆に、「難しいけど、○○したい」は、したい気持ちが勝っているのだと思う。

「難しいけど、○○したい」と言われたら、周りは「こういうサポートができるよ」「ああいう人がいるから紹介するよ」「一緒に○○してみない?」と声をかけることができる。「○○したい」の確かさがあるから、周りも信頼してその気持ちを実現に向けて応援することができる。

「難しい」という気持ちを目にして、応援しよう、という気持ちにはなかなかなれない。本人が本当にそれを望んでいるかに確信が持てないから。仮に、心からの善意で応援しようとしても、下手をすればそれが「難しい」という気持ちを否定し、あたかも説得するかのような働きかけになってしまうのではないかとも思う。

「○○したいけど、難しい」というとき、その「難しさ」に焦点があたりがちだけど、たぶん目を向けるべきは「○○したい」の方。「それ、本当にしたいんだっけ?」という素朴な問いかけをしたほうが健全のように思う。そうでないと、「難しさ」を提供する環境の方をついつい呪いたくなるから。あるいは、「あの人たちは特別だけど、私にはできない」みたいな不健康な気持ちになる。もしかしたら単に「したい」という気持ちのベクトルが一致していない、というだけかもしれないのに。

五城目で新しいチャレンジが起こるとき、「ああ、この人はいろいろあっても最後までやるよな」と思えるから、素直に周りが応援しているという状況があるように思う。「難しいけど、○○したい」って言えるようになりたいし、言えないところで無理をしないようにしたい。


関連する記事

「田舎に仕事がない」のホントとウソ、マルチワークの現実的可能性

カテゴリ:世の中の事


田舎に仕事はあるし、ない

五城目町に移住してだいたい1年半くらい。新参者のくせに、今や五城目に移住してわくわく働く人を募集するような仕事もしている。移住に関心がある人との接点が増えるにつれ、具体的な質問を受けることが多くなった。

定番の質問は、もちろん、「ぶっちゃけ、田舎って仕事あるんですか?」。

僕の結論としては「あるにはあるし、ないと言えばない」の一言に尽きる。僕自身、フリーランスに文字通り片足を突っ込んでいると、安定的な収入の目途が立っているわけではないので、「仕事はあります!」と偉そうに言うことはできない。一方で、なんとか収入を確保することはできているという言い方もできる。僕のように「教育」や「移住」といったニッチな(お金になりにくい)守備範囲であっても「仕事がないことはない」。

以上はフリーという立場からだが、「求人・雇用」という観点で見ても、同様のことが言える。今、日本のいろんなところで起きているのが、低賃金・単純作業の仕事の担い手不足(例えば工場の組み立てとか)。つまり、仕事はあるのに、人がいない。さらに、田舎で不足しているのが、専門的なスキルを持っている人だ。例えば、僕の身近な例としては、デザイン周りやシステム周りで求人を出しているがいい人が見つからないという声をちらほらと聞く(僕自身も自社の採用がなかなか進まず困っている)。「あるにはある」のだが、ミスマッチが起きているらしい。たぶん、県内で仕事を求めている多くの人が、「そこまでの専門性はないがそこそこ待遇のいいホワイトカラー職」を探しているのではないかと思う(本当かどうかはわからない)。

フルタイム正社員の仕事は市街地を離れれば離れるほど減る印象があるが、まったくないわけではない。この記事を書いている今この瞬間に五城目町内のフルタイム求人をハローワークで調べてみたが、「医療、福祉」「小売」「農林業」「建設業」が主で、人気のありそうな一般事務みたいな仕事はあんまりなさそう。

以上をまとめると、「田舎の仕事のリアルなところ」はこんな感じだろうか。

みんなにとって魅力的な仕事(求人)は少ない(あるいは人を選ぶ)が、選ばなければ一応はある

当たり前といえば当たり前の結論になってしまった。そして僕の場合は、まさに「選びたい」と思ってしまったがために、フリーランス的な働き方に向かざるを得なかったということになる。

求人の有無=仕事の有無か?

一方、「求人がないことは、その土地でその職種のニーズが少ないことと必ずしもイコールではない」ということも、もしかしたら言えるのではないか、と思う。別に会社経営に詳しいわけでもない僕が説明するのも気が引けるが、企業が人を雇うというのは大変にコストがかかる。田舎の中小企業が一人フルタイムで雇うというのは大きな決断だ。そして、業種の違いはあるにせよ、多かれ少なかれ法人を維持・発展させるために必要な業務というのが発生する。それは営業だったり、事務だったり、経理だったり、いろんな職種として切り分けられる。

フリーランスという立場になって気づいたことは、「ピンポイントでこの業務ができる人手が欲しい(がフルタイムで雇う余裕はない)」というニーズがあるからこそ企業は外注するのであり、そこにフリーランスの活躍の場があるという、これまた当たり前のことだった。「販促のチラシをつくってほしい」「POSレジの導入を0からサポートしてほしい」「硬直化した企業風土を立て直したい」みたいなニーズは、必ずしも継続的にあるわけではなく、その都度のものだから、外出しする。このニーズに人を雇うという対応をするのは「販促ツールのデザイン性を高めることが企業戦略である」みたいな判断があるからだと思う多分(もちろん資金的余裕も)。

僕がフリーランスとして仕事を請けているのはまさにこういったニーズがあるからであって、大抵は単発だったりプロジェクトベースだったりする。例えば僕が秋田に来てからの仕事は、WEBサイトのライティング作業、ワークショップの企画運営、講演やイベントでのゲスト出演、県からの委託事業などなど。

先に挙げたニーズの例は単発っぽい感じだが、「経理専門のスタッフを雇うほどではないが、創業者が毎月手を取られている」とか「長期的な視野でマーケティングを担う人材にかかわってほしい」みたいなニーズも僕の周囲で実際ある。こうしたニーズを業務量に換算した場合、中小企業だと週1~2に収まるくらいになってしまう。結果、フルタイムで雇うということにはもちろんならない。パートタイムでやってくれる人が見つかればいいが、なかなか短時間だけ働きたい高度技能人材というのは乏しい(出産と共に仕事を辞めた後子育てがひと段落した女性とかならあり得るかも)。

田舎にある「求人にならないニーズ」を集めると

こうしたニーズに対応するのは、一つはいわゆるITによる仕組化、自動化の導入。これもなかなか田舎で広がらないソリューションの一つ。なぜなら専門家が少ないし、規模が小さすぎると専門家に頼む余力がないから。

もう一つ、考えられる手立てがある。そして、それは、田舎で自分のやりたい仕事や専門性を生かした仕事をするために実験する価値のある可能性と思っている。これが記事タイトルにも持ってきた「マルチワーク」。複数の企業をまたいで業務を請け負う。週1の業務が5件あればフルタイムの仕事、という考え方。あるいは、春~秋は農作業をし、冬は酒蔵で仕込みをする、みたいな季節労働の組み合わせもあり得るだろう。前者はどちらかと言えばフリーランスの業務委託契約や士業の仕事の仕方に近く、後者は「百姓」という言葉の原義に近い(農業法人のように、繁閑の差がある仕事は当たり前にあるわけで)。

今年度、僕も企画運営にかかわっている「五城目ナリワイクリエイティブ」という移住者募集の枠組み。これは、五城目という町で(そして、きっと全国のいろんなところで)当たり前のように行われている、小さなニーズと一人ひとりができることを掛け合わせた「仕事づくり」に触れてみることで、田舎で暮らし働くことの少し違った可能性を感じてもらいたい(なんなら移住してくれてもいいんだよ)、というものだ。

「求人にならないニーズ」をハローワークやリクナビのようにネット上で検索して探し求めるというのは多分難しい。求人になりきらない分、ニーズが顕在化しているわけではなく(諦めて現状を受け入れているケースも)、フルタイムで抱え込んで育てるということもできないため、誰でもウェルカムとはしづらい。一言でいうと、「いい人がいたら……」という感じ。むしろ、巡り合わせや人の縁によって、「じゃあうちの仕事手伝う?」となるパターンの方が(五城目の場合は)多いような気がする。まさに、「掛け合わせ」の妙であり、既存の求人という”枠”を用意することも、それにすっぽりと収まってくれる人を募集するということもなかなか難しいのではというのが肌感覚。

五城目ナリワイクリエイティブ」の枠組みで、10月20日~22日に現地ツアーを実施する。このタイミングでは、具体的な求人を紹介するというよりは、とにかく現地を周りながら人と出会い、ニーズを探り、自分のやりたいことやできることを発信し、「掛け合わせ」の妙にたどりつけるかどうかにトライしてみたい、と思っている。単に、そっちの方が、何か面白い仕事ができそうだから、という理由。

幸い、兼業や副業が注目を集めているところなので、時流に乗りつつ、時流の先取りをするような感じで、この五城目で自分自身がまずは実験台になるところから始めてみたいと思っている。

しかしこの本が日本で出版されたのが2002年とか、恐ろしいな……。


関連する記事