Category Archive: 自分事

ブログに何かを書くということ-固定することへの躊躇

カテゴリ:自分事


最近、このブログには本を読んでの感想やWEB等で見つけた記事に対するコメントを多く書いています。
一方、以前のブログのようにより大きな視点でモノを書く、ということが少なくなりました。

意識的にしているつもりはないので理由を説明することは難しいのですが、強いて言えば、「考えを固定すること」に対して自分自身、躊躇しているところがあるように思っています。

躊躇の正体

例えば、以前アキタ朝大学さんのHPに「コミュニティ」をテーマにした記事を4回に分けてご掲載いただきました。

[アキタ朝大学コミュニティ研究室]日本海に浮かぶ離島から(最終回)-秋元悠史 [2011/07/04]
[アキタ朝大学コミュニティ研究室]日本海に浮かぶ離島から(3/4)-秋元悠史 [2011/06/25]
[アキタ朝大学コミュニティ研究室]日本海に浮かぶ離島から(2/4)-秋元悠史 [2011/06/17]
[アキタ朝大学コミュニティ研究室] 日本海に浮かぶ離島から(1/4)-秋元悠史 [2011/06/10]

書き終わった後になってその分量に自分でも呆れてしまったわけですが、これだけ書いてしまうと、一旦この話題について自分の中で区切りがついてしまったような感覚があります。
それによってこの話題が自分の中で固定され、一連の議論が、検討されるものというより、これ以降の議論のベースとなりつつあります。

それがいいことなのか悪いことなのか、まだ僕には判断がついていません。
コミュニティについて自分なりに考えを深めるためには、どうしたって議論に見切りをつけながら次のステップに進んでいくことが必要となります。
しかしながら、十分に検討した上で次に進んでいるのか、不安になるのもまた事実です。

ブログに考えをまとめるということは、その時点での結論を一旦固定することだ、と最近考えるようになりました。
なんらかのプロセスを経て練られた考えであっても、固定した記事に表現されるのは結果だけであり、そのプロセスの中に含まれているはずの気付きも戸惑いもすべて文章に込めることは、到底無理なことです(単に僕の文章力の問題かもしれませんが)。

固定するということは、何かを捨てることにつながる。
しかし、今の時点で捨てる作業を行って良いのだろうか?(いずれ必要だとしても)
そう考えている僕にとって、ブログに考えをまとめていくことは躊躇を伴うものとなっています。

固定されたモノに囲まれた世界

まず、ここであらためてポイントとして確認しておきたいのは、会話は記録できないということです。
いや、おしゃべりは記録できない、といったほうがいいでしょうか?
もちろん、議事録をつくったり、おしゃべりの光景を録画して残すことはできます。ただ、それがおしゃべりの記録といえるかというと、どうもそうはなりません。議事録や録画にはおしゃべりの場に参加していた人が感じていた「もの」が残りません。
そして、おしゃべりの場合、記録可能な言葉そのものより、その感じていた「もの」のほうが大事だったりします。つまり、おしゃべりというのは、きわめて体験的な性格をもっているといえると思います。

人を魅了する見かけが、コミュニケーションの仕掛けをわかりやすくするとともに、大衆を欺く:DESIGN IT! w/LOVE

このブログの著者の棚橋さんの言葉はいつも「考えたこともないけれど、なるほど確かにそう考えることもできそうだ」という絶妙な塩梅の気付きを与えてくれます。
固定することに対して慎重になりだしたのは、このブログを購読するようになってからのことです。

著書「ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術」のあとがきに、「デザインしすぎない」という言葉があります。
デザインとはあるものをある状態に「固定する」ことであり、その言葉の裏側には例えば上の引用文にあるような考えが潜んでいるのだろうな、と推測できます。

移転前のブログにこんなことを書いていました。

デザインがそうであるように、価値観は「固定」することで生まれる。
時間の流れ、連続性、それが生み出されるまでに関わった大小さまざまな因子を削ぎ落として。

僕らはそのプロセスでなく、結果としての価値観と常に対峙することになる。

ワカモノの不安と大量生産・大量消費される価値観:秋田で教育を考える – 日々勉強中

この記事の冒頭にも、棚橋さんのブログの引用文を掲載していますね。

僕らは「すでに誰かの手でデザインされたもの」にあふれ返った世界に生きています。
物質的なものに関わらず、体系化された知識や価値観やイデオロギーといったものに至るまで。
今や、僕らは生産をせずとも、消費するだけでとりあえず生きていけるくらいの時代なのです。

学問というものを見れば分かるとおり、固定することは進歩するために必然的に求められることです。
今の時代の豊かさは、僕らが進歩した結果、モノを固定してきた結果という説明をしてもいいでしょう。

進歩するために

一度モノを固定した状態から次のステップへ進むためには、おそらく二つの手段しかありません。

・固定されたモノをより良くする
・固定されたモノを壊し、新たにモノを固定する

企業活動にあてはめると「持続的イノベーション」と「破壊的イノベーション」といったところでしょうか。
ここで重要なのは、どちらがより本質的であるかという議論ではないように思っています。

進歩するためには、その前に固定されたモノがあることが大前提となるのではないか?

より良くするためにはその対象となるモノが必要です。
破壊して創造するためには、そもそも破壊するものが必要です。

僕が自分の興味・関心について、議論を積み重ねるためには、「積み重ねる」モノがなければいけません。

固定することは怖い、しかし進歩のためには固定しなければならない。

そのようなせめぎあい、ジレンマを自覚した上で、日々考えたことを丁寧にこのブログに書いていこうと思っています。


関連する記事

今起きていることを見つめる、という作法-子育ての現場から

カテゴリ:自分事


『子育て支援』って一体なんだろう。子どもを育てることにも支援が必要な時代になったのだ。昔は地域で子どもを育てることが当たり前のような社会だったはず。高度成長期以降、核家族化がすすむなか社会にも会社にも家族にもさまざまな変化が見られるようになった。それらが「豊かさの代償」だとすると豊かさの意味を問い質さなければならない、と一時的に熱を帯びた議論が展開された。しかし、物質的欲得から離れられず、結局、議論のみがずっと空に浮いたままの状態で、あたかも答えに辿り着きたくないかのような不誠実さを感じるのはボクだけだろうか。見かけは議論、内実はアポリア(思考停止)、あまりに切ない現実。

子育て X 地域。 | | Lua Pono Communications

「豊かさの代償」と捉えるかどうかは慎重に検討する必要がある、とふと思いました。
「豊かさの代償」という言葉には、「選択可能である」というニュアンスがこめられています。
僕らは自分たちの意思で豊かさを追求し、一方でその代償を甘んじて受け入れることとなった。

しかし、これまでの人類は代償のことをさほど気にかけているようには思えません。
おそらく、今後も。

もしかしたら、僕らはこの未来を選択できたわけではないんじゃないか。
何か大きな流れが、あるいは人類の見えざる意思が、僕らをここまで運んできたのではないだろうか。

情報社会(知識社会)で子育てをしているお母さんたちは当然のごとく情報過多に陥っている。今日お邪魔したNPOでは定期的に独自のアンケート調査をしており、その中でいまのお母さんたちが一番悩んでいるのが、「躾」である。一歳や二歳で躾も何もあったものではないと思うのだが、「脳教育」だの何だのと否が応にもどんどん情報が流れ込んでくる。

子育て X 地域。 | | Lua Pono Communications

情報化社会において、自分に入ってくる情報を制御することはそう簡単ではありません。
むしろ情報過多になる方が”普通”かもしれない、と思えるほどに。

「情報リテラシーを身に付けろ」とよく言うけれど。
個人の問題に帰着しても、実は根本的な問題解決にはならないのではないか。
こんな時代だからこそ、改めて本質が問われているように思います。

僕らはもっと現実を直視する必要があるのかもしれません。
「今の時代、情報過多にならないほうがおかしいよね」と。
前提を踏み外してしまうことは、問題解決においてあってはならないことですから。

彼女たちの情報源は雑誌やネットが主らしい。特にほとんどが携帯で情報収集をしているという。授乳中が唯一ゆっくりとケイタイをみられる時間だそうだ。そんなときこそ子どもの顔をじっくりみてあげて欲しいという現場スタッフの方の感想がとても印象的だった。ベビーカーを押しながらあるいはファストフードのお店で子どもに食事をさせながらケイタイを操作しているお母さんを見かけるが、何かに憑依されているのではないかと思うほど集中している。ちょっと怖い気もするが・・・。

 子育て X 地域。 | | Lua Pono Communications

この文章を読んで、「ん?おかしくない?」と感じた自分に気が付きました。

授乳中が唯一ゆっくりとケイタイをみられる時間だそうだ。そんなときこそ子どもの顔をじっくりみてあげて欲しいという現場スタッフの方の感想がとても印象的だった。

子育てを経験したことのない僕であっても、「現場スタッフの方」の意見は、ごくごく当たり前のことのように思えます。
雑誌やネットで情報収集を行う彼女たちが、なぜそれに気づかないのか。

こんな動画もあります。これ、大学生がつくったんですよ。
大学生が問題意識を持っていることに、なぜ当事者である母親たちは無関心なのでしょうか?

どんな構造がそこにあるのか。
これも「情報リテラシーの欠如」の一言で済ますこともできます。
果たして、それでよいのでしょうか。

港北区のモザイクモール内にスタバがある。平日の昼過ぎに行くと夕方まで席をとることが難しい。その一角は必ずといっていいほどベビーカー数台と数組の親子が占拠している。ママ友同士で仲良く話に華を咲かせている、といった風景なのだが、実は人間関係に悩んでいるお母さんもいるそうだ。笑っているのだが、楽しくはない。疲れる。行きたくない。そんな気持ちでいるのだが、ママ友同士で集まるときには、また、参加しているという。当然ストレスが溜まり子育てに疲れる。虐待に発展するケースも少なくないという。これらの問題の根底にあるのは『孤独』だ。相談する相手がいない、何が正しい情報か分からない。外からみていたのでは分からない現実がここにもある。

 子育て X 地域。 | | Lua Pono Communications

『孤独』におびえる母親たち。
しかし、彼女たちは「ママ友」というコミュニティにおける孤独にだけおびえているのでしょうか。

誰が彼女たちの味方なのでしょうか。

子育てに悩むお母さんはまじめな人が多いという。鬱病を発症する人もまじめで細かいコトにこだわるタイプの人が多い。どちらにも共通してみられる「まじめさ」というのは、執着とつながりその先にある思い通りにしたい、という欲求の裏返しでもある。思い通りにならないからストレスがどんどん溜まる。

子育て X 地域。 | | Lua Pono Communications

「まじめさ」とは何でしょうか。

「自分で何とかする」という気持ちの表れなのか。
思い通りにならなかった自分の人生の鬱憤を晴らしたいという欲求なのか。
子育てを通して「いい母親」像に近づこうという必死さなのか。

なんとなく、そこには「子ども」自身が対象としてしか存在しない感覚があります。
(あと、父親の存在感も。)

ボクたちは地域社会の中で子どもを育てるとう視点を回復しなければない、というとあまりにも陳腐化されたフレーズにしか聞こえない。しかし、これを本気でやるかどうかが20年後の子どもたちの笑顔につながるのだ。

子育て X 地域。 | | Lua Pono Communications

そしてこの結びにつながるわけです。

この記事において「地域」という言葉は冒頭と文末にしか登場していません。
しかし、この記事が捉えてようとしていたのは、まさしく「地域社会」の機能なのです。

母親たちを悩ませているのは、紛れもなく”現代病”です。
僕らは、その発症のメカニズムを丁寧に解き明かしていく必要があるように思います。

そのためにも、今まさに起きていることをきちんと見つめることが必要だ。
この記事を通して、そのようなメッセージを感じてしまった僕がいます。
既存の知識や枠組みを安易に当てはめることは、問題解決にとってさしたる貢献とはならないわけで。


関連する記事

就活における面接のポイントと判断材料

カテゴリ:自分事


悩ましいんだけど、絶対に採用できない人」という記事が目に留まりました。

新卒の最終面接選考をやっていて思うことがいくつもあるのですが、悩ましいんだけど絶対に採用できない人っていうのがいます。

それは、選考はすべて終わったのですが、結局どういう人なのかを自信持って判断ができない人です。

マネジメント・キャリア・人事 ~ブログJ-center~ 悩ましいんだけど絶対に採用できない人

この問題が生じる要因は、詰まるところ判断材料が不足していることに起因します。

◇応募者が面接官に対し十分な判断材料を提供できていない。
◇面接官が応募者を判断するための情報を十分に引き出せていない。

面接が終わった後に振り返ってみたけれど、「よくわからない」。
「よくわからない」から、採用できない。だから不採用にするしかないのです。

不採用になる理由

判断材料が不足してしまう構造を考える前に、まずは不採用になる理由を整理してみましょう。
企業が応募者を不採用にするにあたり、 大きく以下の3つの理由が考えられます。

1.応募者のスキルや能力が企業の要件に達していない。
2.応募者の行動特性や動機、将来の展望が企業風土や方向性とマッチングしない。
3.選考プロセスを通じて応募者を判断する材料が揃わない(分からない→採用できない)。

※念のため言及しておくと、この3つは「理想的」な選考プロセスにおいてはじめて成り立ちます。
合理的で透明性のある選考プロセスであれば、「なぜ採用・不採用なのか」を社内で説明できるかどうかが非常に重要となるからです。
逆に、面接官の直感が先行したり、人物や能力より学歴・経歴重視だったり…という場合には採用・不採用の要因はさらにぶれます。

冒頭で紹介したブログは「新卒採用」についてでした。この新卒採用についてはスキルや能力よりもマッチングが重視されます。
学生は労働市場で評価されるようなスキル、能力を持っていない、あるいは持っていたとしても発揮したことがない、という場合がほとんどですから、当たり前といえば当たり前ですが。
企業が学生に対してスキルや能力を求めるのは、エンジニアやクリエイターなど専門職採用の場合がほとんどでしょうし、一般的な企業の総合職採用においてはSPIや玉手箱、ES等を用いてある程度測定可能な能力(文章力、論理的思考力など)によって足切りするくらいのものでしょう。

特に新卒者の場合は選考プロセスにおいて、スキルや能力以上にマッチングするかどうかを面接官が判断するための材料を提供することが求められます。
判断材料を提供しなければ、採用するかどうかを判断できず、結果的に不採用になるからです。
もちろん、悪いこともなんでもかんでも自己開示しろ、ということではありません。
応募者の経験や思考プロセス、価値観が見えないことには「良い」も「悪い」も判断することができない、というだけのことです。

判断材料を提供しない/できない構造を考える

しかし、冒頭の記事のとおり、判断材料を面接官に提示できなかったために不採用になる人が少なからずいます。
判断材料はできるだけ提示した方がよい、とは合理的に考えれば理解できるはずなのに。

その理由を考えられる限り挙げてみました。

(1)提供できる判断材料自体が少ない。

判断材料として提供できるのは、自分のこれまでの経験やその中での思考プロセス、価値観等です。
その情報が少ないということは、本来の意味での「自己分析」が足りていない証拠です。
普通、サークル活動やアルバイトを通じて、なんらかの経験を積んでいるはずですが、それを言葉にできていない人は、意外と多いものです。

僕の経験で恐縮ですが、大学時代に所属していたテニスサークルでこんなことがありました。 
ここでは他の例に漏れず新勧(新入生勧誘)を盛んに行っており、たくさんの新入生をサークルに入れるため、毎年4月は練習にコンパにと大忙し。
しかし、僕らのひとつ上の先輩たちは張り切りすぎたために「コンパに新入生が来過ぎる」事態となり、結局新入生とまんべんなくコミュニケーションをとることができず、最終的にサークルに入った人数も満足の行くものではありませんでした。
先輩たちはその反省を踏まえて僕らにアドバイスをくださり、それを受けて自分たちで具体的な対策を検討します。
これまで出会った新入生に手分けして連絡を取り、コンパ前日までにできるだけ参加する新入生の数を確定するようにし、人数が読みきれない当日の勧誘は抑える方針をとりました。
その結果、コンパに参加する新入生の数もコントロールできる範囲に留まり、コミュニケーションも十分にとれ、数字としても満足の行く新勧を行うことができました。

これは個人の行動・経験そのものではありませんが、所属する組織がこのようなプロセスを通るのはよくあること。
組織が通ったプロセスの中で、どのような状況下で、どのように対策を考え、行動し、どのような成果を出したか。
自分が置かれたシチュエーションを振り返ることが、経験を語るためには不可欠です。

STAR手法という便利なフレームもあります。過去の経験を整理して説明することができます。
僕のサークルでの経験もSTAR手法に基づいて説明されています。

Situation…状況:サークルの新勧について+先輩たちの反省
Task… やるべきこと:適切な規模で新勧を勧める
Action…具体的にしたこと:事前に人数確定するため奔走
Result… 得た結果:サークルに入った新入生数増加

自分が大学時代に携わったことについて、STAR手法を用いて説明を試みようとすれば、とりあえず量自体は確保できます。

※STAR手法についてはこちらの本で知りました。
面接官のための本ですが、シューカツ生が読んでも学ぶことが多いです。

(2)適切な判断材料を提供できていない。

(1)が量の問題であれば、(2)は質の問題となります。
STAR手法を紹介しましたが、これを用いれば面接は完璧、という類のものではありません。
こういった手法はあくまでフレームであって、肝心なのはそれらを通して自分自身の経験や価値観などの判断材料を面接官に十分に提供することです。

自分自身で経験を振り返るときには、具体的であればあるほどよいでしょう。
もうひとつ重要なのは、そのとき何をしたか、何を思ったか、その事実のみで話を構成してみることです。
特に数字(規模、実績、人数、期間など)は手軽に相手の理解を促してくれます。
(10人のサークルの幹事長と100人のサークルの幹事長では求められる役割も変わるはずですよね?)

過去の事実と、今現在自分がどうそれを解釈しているかを混同して話すと、聞いている側としてはどうしても相手が都合の良いように話をしているように感じてしまいがちです。
重要なのは事実なので、自己PRにおいてはどのような状況でどのようなことを考え、どのように行動し、どのような結果を得たか、そのプロセスを伝えることに終始しましょう。

(3)判断材料を提供することを避けている・制限している。

冒頭のブログにこんな言葉があります。

「わかりきれなかった」学生の大半は、面接がかなり上手な学生です。面接が上手でそれなりにそつなく答えてしまうのでその人が本当にどういう人なのかに、自信が持てません。もちろんもう少しかわいいパターンとしては、面接がプレゼンになってしまう学生というのがいて、何を聞いても用意してきたパワポのスライドにある内容に結び付けて答えようとしてしまい、面接がコミュニケーションにならず、結局、用意したパワポのスライド数はわかっても、その人のほんとがわからないというのもありますが、こういったパターンだと、わかろうがわかるまいが合格するのは難しいですね。

 マネジメント・キャリア・人事 ~ブログJ-center~ 悩ましいんだけど絶対に採用できない人

このブログの著者は「最終面接選考」を担当しています。
従って著者が選考する学生は(1)(2)についてはクリアしてきたと見ていいでしょう。

著者のいうとおり、最終面接を終えたときには「採用する・しない」の二択しかありません。
この時点で「わからない」学生は、もはや採用とすることができないのです。

「わからない」というのは、本音が見えない、その人の素が見えないということ。
面接は双方向コミュニケーションの場です。この場においてプレゼンに終始したり、台本どおり一言一句違わずに話すことにこだわったりするということは不適切であり、一方的であるといえます。

一方的なコミュニケーションをするということは、自分が準備できていないプレゼンのスライドについては話さないということにつながります。
つまり、常に相手の聞きたいことではなく、自分の話したいことしかしゃべらないということ。 
これは自分に都合の良い自己開示でしかありません。

よくいうのですが、一番よい面接というのは、途中から面接が「世間話」に近くなります。「世間話」というのは、極めてナチュラルなコミュニケーションの場を意味しています。等身大のその人がみえて、その人の言葉で、その人の関心があることを語っています。そういった面接になると、こちらも安心して採用の決断をすることができます。

 マネジメント・キャリア・人事 ~ブログJ-center~ 悩ましいんだけど絶対に採用できない人

 「世間話」は会話のキャッチボールが成立している状態を指すと考えることができます。
相手がいることを前提にボールを投げ返さなければ、世間話は途切れ、崩壊します。

自分の都合の良いことしか言わないという心理の裏には、不採用に対する恐怖が見え隠れします。
自己開示した結果不採用になることを、まるで自己否定されたように捉えているのかも知れません。

しかし、部分的な自己開示ではマッチングを判断しきれない場合があります。
僕としては、相手の聞きたいことをベースに、自分の言いたいことを絡めながらその場その場で答えていく器用さを追求するか、率直なコミュニケーションを心がけるか、大きく二つの方針があると思っています。

また、自分のこれまでを振り返ることで、そこに何らかの一貫性を見出すことができるはずです。
これをベースにすることで、様々な質問にもブレずに答えられるようになります。

終わりに

とはいえ、自分の過去を振り返り、面接で理路整然と伝える、ということは容易ではありません。
日々の行動を都度都度反省し、できれば改善を目指すということが、結局は一番近道であるように思います。

もっと勉強ができるようになるために、もっとサークルを活発にするために、もっとバイト先の環境をよくするために。

このようなマインドを常日頃からもっている人が就職活動において有利であることは間違いないでしょう。
その姿勢こそが、企業に入ってから求められるのですから。


関連する記事